注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

アパートやマンションで一人暮らしを始めるという場合には、ご近所への挨拶はどうしたら良いのかと悩む方は多いと思います。
一軒家と違い、アパートなどの集合住宅に住む場合には、やはり挨拶をしている人の方が多いのでしょうか?
そこで、集合住宅で引っ越しの挨拶をしている人の割合や、挨拶の時に持参する粗品についてご紹介します。
条件により違いはあると思いますが、次のような結果が出ました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでもできるこたつ布団の洗濯方法はコインランドリー

こたつのシーズンが終わると、こたつ布団を洗濯してから収納するのが基本です。しかし、一人暮らしをして初...

一人暮らしのフライパンの大きさの選び方のポイントと注意点

一人暮らしで使うフライパンは大きさ選びにも悩みます。 フライパンはどんな大きさのものを揃えておけば...

一人暮らしでも猫の多頭飼いはできる?多頭飼いについて

一人暮らしで家を空けることが多いから猫の多頭飼いをしたいけれど、どんな準備や心構えが必要なのでしょう...

一人暮らし、初めて寂しいと感じた瞬間の気持ちの解消法

進学や就職を機に一人暮らしを始め、初めて寂しいと感じるようになってしまい、一人で居る時間の寂しさに悩...

一人暮らしの物件探しのコツ!失敗しないためのポイントと注意点

はじめて一人暮らしの物件探しをするときは、何もわからずになんとなく住みたい部屋を選んでしまう...

一人暮らしの湯船は何日間使える?お風呂のお湯替えについて

一人暮らしの湯船は何日までなら追い焚き可能なのでしょうか?なんとなく、次の日の朝に追い焚きをしていま...

ユニットバスのカーテンの洗い方!カビを落として防ぐコツ

一人暮らしの浴槽がユニットバスの場合、シャワーカーテンが付いています。 このシャワーカーテンの洗い...

一人暮らしで和室か洋室か悩んだら。和室をおすすめするワケ

一人暮らしを始めようと部屋を探した時に色々な物件がありますが、和室か洋室かで悩むこともあるでしょう。...

一人暮らしの賃貸物件の選び方。女性は利便性+防犯面をチェック

女性が一人暮らしをする時、どんな賃貸物件がいいか選び方がわからなくなってしまうことがあります。 バ...

一人暮らしの食事で心配な栄養面。まずは朝食に目を向けよう

一人暮らしを始める子供の食事で心配になるのが、栄養面です。 外食が多くなってしまうのでは?コンビニ...

一人暮らしのラグの色の選び方とは?どんな部屋にしたいかが大切

一人暮らしの部屋のラグはどんな色がおすすめなのでしょうか?これからラグを敷く予定の人はこんなことを意...

一人暮らしの部屋にマットレスを直置きするのは良いことなのか

一人暮らしの人の中には、寝床の費用を安く済ませようとして、ベッドフレームを買わず、マットレスを床に直...

【一人暮らしに最適な間取り】40代女性のための部屋の選び方

40代女性が初めて一人暮らしをしようと考えた場合、一番悩むのは間取りについてではないでしょうか。 ...

一人暮らしの老人に食事を用意する場合のメニューと注意点

自分の親が一人暮らしをしていると、娘として食事面が心配になるのではないでしょうか。 私も70代...

自炊は食費を安い値段で抑えられる!簡単に自炊する方法とコツ

食費の節約のために自炊をしようかと考えている人もいるのではないでしょうか。 自炊は、食費を安い...

スポンサーリンク

アパートでの一人暮らし、みんなは挨拶しているのか

「引っ越しをしたら、近所に挨拶をする」という習慣が昔からあるのは分かっていても、一人暮らしの場合は挨拶するべきなのか迷う人も多いでしょう。

ファミリー物件や家族連れで引っ越しをした場合は挨拶をする人が多く、特に小さな子供がいる場合は迷惑をかける可能性もあるので、挨拶をした方が良いでしょう。

一人暮らしの場合は、古くからそこに住んでいる住人が多い地域に引っ越した場合などは、近隣の住人に挨拶をする習慣もありますが、都会の一人暮らしの場合は挨拶をしないという人の方が多い位になります。

都会では個を大切にして他人と干渉したくない人が増えているため、必ず引っ越しの挨拶をするとは限りません。

女性の場合は、女性の一人暮らしだと知られてしまうので挨拶を避けた方が良い場合もあります。そのため、引っ越し中や引っ越し後に住民と顔を合わせることがあれば軽く挨拶をする程度でも構わないでしょう。

一人暮らしの引っ越し挨拶では地域性や住民の年齢層も影響するため、迷う場合は管理会社や大家さんに他の人はどうしているのかを聞いてみるのも良いでしょう。

一人暮らしでも挨拶に行く時には粗品を。お菓子を渡す場合のルール

一人暮らしでも引っ越しの挨拶をするなら、手ぶらではなく粗品を持って行きましょう。

挨拶の粗品にお返しはしないため、相手が気軽に受け取りやすいように1軒当たり千円以内位が相場です。

どんなものを粗品に選ぶかは自由ですが、お菓子や生活雑貨などが定番です。粗品はどんなライフスタイルの人にも合う物を用意するのがポイントです。いわゆる消え物と言われるお菓子なら、後に残る物ではないので気軽に送りやすく、相手も受け取りやすいのでお勧めです。

また、お菓子なら色々な種類があるため、予算に応じて選択肢が広く用意しやすいでしょう。

ただし、お菓子の種類や味は定番で万人受けする物にして、好き嫌いが分かれる物は選ばないようにします。味以外にも、そば粉などアレルゲンとなる材料を使っているお菓子は極力避けるようにしましょう。

一人暮らしの物件に引っ越す場合は、相手も1人暮らしが多いと思いますので、内容量は少なめで構いません。焼き菓子やおせんべいなど、日持ちがして渡しやすいサイズ感の物が良いでしょう。

引っ越し先が元の生活圏から出るような距離がある場合は、元の街の銘菓を用意すると挨拶の時の話題にもなります。

一人暮らしの挨拶の粗品に実用的な地域指定ゴミ袋

一人暮らしの挨拶で渡す粗品にお菓子を選ぶと、色々考慮しなければいけない点があって選ぶのが大変だと思った人は、生活雑貨を選ぶのがお勧めです。

  • 地域指定ゴミ袋
    ゴミ出しが有料の地域の場合は、地域指定ゴミ袋はその地域では絶対に使うことが出来る物なので、貰った相手も邪魔になる事がありません。ゴミ袋にサイズが色々ある場合は、使いやすい中間のサイズのゴミ袋をラッピング袋に入れる等簡単に包装して渡しましょう。
  • ラップ
    料理をしない人でも、レンジでの温めや食べ残りの保存などでラップを使う事はあります。ラップの他に保存袋なども何かと使うことがあるので、貰っても困らない物です。ラップや保存袋はそれほど高いのもではないので、ケチらずに有名メーカーの物を選ぶのがお勧めです。ラップや保存袋も簡単に包装して渡しましょう。
  • トイレットペーパー
    トイレットペーパーやティッシュは生活必需品なので、貰って困る人はいないでしょう。ただし、引っ越しの挨拶で使う場合は、普通のドラッグストアなどに売っているものではなく、個装になって可愛い紙でラッピングされているようなギフト用トイレットペーパーを使うのがお勧めです。

生活雑貨を粗品として使う場合は、どんなライフスタイルの人でも使う生活必需品を選ぶのがポイントです。ただし、相手によっては「引っ越しの挨拶にこんなものを選ぶなんて」と思われてしまうこともあるようです。若い世代はあまり気にしない人が多いですが、相手が年配の方だった場合は、渡す時に「引っ越しの挨拶になんですが…実用性があると思いましたので」など付け加えてもいいかもしれません。

挨拶の時の粗品の定番、タオルの選び方

引っ越しの挨拶の粗品といえば、真っ先に思いつくのはタオルではないでしょうか。昔からタオルは引っ越しの挨拶の定番品です。タオルも生活必需品のため無難の粗品ですが、タオルは使用感などに好みがあるので選び方には気を付けましょう。

  • フェイスタオルサイズ
    フェイスタオルは手や顔を拭くのに使いやすいサイズですが、好みに合わなかったときは雑巾としても使うことが出来ます。
  • 無難なデザイン
    色柄も好みが分かれるところです。使う人の性別や年齢を選ばない無地や地味目の色柄を選ぶようにしましょう。
  • 枚数は1~2枚
    1軒当たりの枚数は、1~2枚入りを用意しましょう。一人暮らしの引っ越し挨拶では、相手も一人暮らしが多いと思いますが、相手が何人暮らしでもタオルは1~2枚で構いません。デパートなどで買えば1枚ずつでも箱に入れて熨斗を付けてもらうことが出来ます。

引っ越しの挨拶をしていおくメリット

一人暮らしの引っ越しの挨拶をするかどうか、まだ迷っているという人は、挨拶をするメリットを考えてみましょう。

引っ越しの挨拶をすると、顔を見て話をするので隣の住人がどんな人が分かります。短い挨拶で人となりまでは分からなくても、性別や年齢層、雰囲気などが分かれば気持ち安心ですよね。

挨拶をすれば顔も知らない他人よりは一歩近づきます。そのため、多少の生活音を大目に見てくれるケースも多いです。お互いに気を使って生活するようにもなるでしょう。

また、万が一の時に、隣人の顔が分かっているかどうかで安心感が違います。困ったことがあれば協力もしやすくなります。

ちゃんと挨拶を済ませておけば、堂々と気持ちよく新生活をスタートさせることが出来るでしょう。

ただし、居留守をつかわれていたり、何度行っても留守の場合などは、いつまでもトライせず適当なところでやめておきましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666