注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの狭い部屋をおしゃれに見せるインテリアのルール

これから一人暮らしを始めたいと思っている方も多いと思います。一人暮らしの場合には、お部屋もコンパクト。狭い部屋でもすっきりとおしゃれに暮らしたいものですよね。
そこで、狭い部屋におすすめのインテリアの配置のルールや、家具の選び方、収納のコツなどをご紹介します。
同じ部屋の広さでも、インテリアの配置によって、部屋の広さの感じ方は違ってきます。狭い部屋をすっきりと見せるためのルールをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの休日が暇で寂しいと感じるなら、自ら行動を起こそう

一人暮らしは気ままで自由なんてプラスのイメージを抱いている人も多いと思いますが、中には孤独を感じて寂...

一人暮らしの模様替えでの家具移動を簡単にするコツや必要な準備

一人暮らしの部屋を模様替えしたいと思っても、重たい家具を移動させるのは大変です。でも、身近なアイテム...

ユニットバスにカーテンはいらない?カーテンの役割と必要性

ユニットバスについているカーテン、本当にいる?いらないのでは?と思ってしまいますよね。 1番の...

一人暮らしが不安で寂しい時の対処法とその乗り越え方

最初は楽しみだった一人暮らしも、やがて不安や寂しい気持ちに襲われる時がくるでしょう。 不安や寂し...

一人暮らしの迷惑になりにくい洗濯時間と洗濯のタイミング

一人暮らしをしていると帰宅する時間も遅くなり、洗濯機を回したいけど、「こんな遅い時間に洗濯機...

一人暮らしの食器の収納アイデア!狭くてもオシャレに見せる方法

一人暮らしの部屋は狭いことが多く、キッチンも食器を収納するスペースは少なく悩む人もいるでしょう。 ...

一人暮らしを始める人におすすめのロフトベッドのレイアウト

これから一人暮らしを始める人は、狭い部屋でどう快適に過ごすかについて考えるのではないでしょうか。 ...

一人暮らしの和室のおすすめレイアウトとおしゃれに見せる工夫

一人暮らしの部屋が和室だと、家具のレイアウトやインテリアの選び方に迷ってしまいがち。畳や大きな押入れ...

一人暮らしをするときの準備や不動産屋さんに聞くこと

一人暮らしの物件を決めるときに不動産屋さんに聞くことを予め決めておくと、後で聞いておけばよか...

一人暮らしの揚げ物の油の処理方法!保存のポイントや捨てる目安

一人暮らしをしていて揚げ物をしてみたいけど油の処理がわからないから挑戦できないという人もいるのではな...

一人暮らし女性を怖いトラブルから守る防犯対策と物件の選び方

これから一人暮らしをはじめる女性の中にはこれまで怖いトラブルに巻き込まれた経験がある人もいるでしょう...

一人暮らしはスーパーの惣菜を活用!ストレスフリーな食費節約術

一人暮らしをしている人の中には、仕事が忙しくてなかなか時間が取れず、いつも外食やコンビニ・スーパーの...

一人暮らしが怖い女性の物件の選び方と防犯対策・注意点を解説

一人暮らしをすることになった女性の中には、一人暮らしを怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。...

一人暮らしの男子学生の部屋をかっこよく見せるインテリア

大学生になって始めた一人暮らし。数ヶ月経って大学生活にも慣れてくると、部屋をかっこいいインテリアにし...

一人暮らしはスーパーに行く前に買うものリストを作ろう

初めて一人暮らしをする人がスーパーへ行くと、「何を買うものなの?」「どんな食材がいいの?」とつい悩ん...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋を決める時にはインテリアの配置もイメージして

これから一人暮らしを始めるときは、まずは部屋を決めなくてはなりません。

部屋は広さばかりに目がいってしまいがちですが、使いやすさも大切なポイントです。

部屋の形や間取りによっては広い部屋でも家具を配置が難しかったり使いにくい部屋になってしまいます。

部屋を選ぶ時は広さの他に家具のレイアウトも考えながら見る

事前にどのような家具を置くかを考え、部屋に家具の置き方をイメージしてみます。

窓やドアが多いと家具を置く場所が難しくなる

収納が多いのは便利ですが、その分家具の配置にも影響してきます。
部屋を選ぶときは頭の中で家具をレイアウトしてみて、実際に生活をしている様子もイメージしてみてください。同じ広さでも間取りによって使いにくい部屋になることもあります。

一人暮らしの狭い部屋をおしゃれに見せたい!大きなインテリアから配置

部屋に家具を配置する場合は、大きい家具からレイアウトを考えていきます。

ベッドのような大きな家具は部屋の中でも置くことができる場所が限られてしまいます。部屋があまり広くない場合は大きな家具は壁側に寄せて配置するようにしてください。ベッドや本棚、クローゼット、食器棚のような大きめの家具のレイアウトを決めたら、ソファーやテーブルの配置も考えやすくなります。

大きな家具は置くことができる場所も限られる

窓の下にベッドを置くと、窓を開け閉めをする度にベッドの上に乗らなくてはならなくなります。窓を開けっ放しにすると外から土埃が入ってきて、ベッドを汚してしまうことにもなります。

また、ベランダがある場合は出入りするところを確保しなくてはなりません。ベッドは大きな家具なので窓のそばに置かなくてはならないこともありますが、窓全体を塞ぐようにはしないで、開け閉めの部分とベッドが重ならないように配置すると良いでしょう。

部屋に収納がついている場合も、収納の扉が開け閉めしやすく、物の出し入れもできるスペースを確保することも大切です。狭い部屋だと収納や窓、ドアをよけて家具を配置するのが難しくなりますので、できるだけ家具を減らすということも必要になってきます。

おしゃれな一人暮らしのお部屋、インテリアは低めのものがおすすめ

一人暮らしの部屋はそれほど広くはないため、少しでも部屋を広く見せてゆったりと使うことができるような工夫も必要です。大きめの家具は使いやすかったりたくさん収納することができますが、部屋が狭いと大きな家具を置くことも難しくなります。壁一面に大きな家具を置いてしまうと、部屋を狭く見せてしまい、圧迫感もあって窮屈な印象になってしまいます。

インテリアはコンパクトな物を選ぶ

家具のサイズが小さめだと部屋の余白を確保できることはもちろん、部屋を広く見せる効果があります。

特に家具は背の高いものではなくて低めのものを選び、高さを揃えることもポイントです。部屋に立ったときに家具が目線に入らないような高さまでと決めてください。視界に大きな家具が入らないと、部屋が広く見えます。窓からの日差しを家具によって遮ることもないので、部屋全体が明るくなります。

部屋の壁や床の部分をできるだけ見えるようにするのもポイントです。背の低い小さめの家具を選び、脚のついた家具にすると床をより多く見せることができます。ラグはあたたかみがあって良いですが、床に座る生活をしていないのなら無理に敷かない方が部屋を広くスッキリと見せることができます。

お部屋をすっきりおしゃれに見せる収納のコツ

一人暮らしの部屋をすっきりさせるためには、物が片付いていることが一番

洋服を脱ぎっぱなしにして椅子やベッド、床の上に置いたままの状態にしていたり、リモコンや雑誌、マグカップやバッグなどが部屋のあちこちに置いてあるだけで、散らかった印象を受けてしまいます。すべての物に片付ける場所を決めてください。洋服やバッグはクローゼットに、リモコンや雑誌は1ヶ所にまとめて、物の居場所を作ります。

出して使った後は必ず本来の場所に戻すようにするだけで、家の中が散らかることはありません。

備え付けのクローゼットや押入れの中は収納方法を工夫する

より多くの物をしまうことができます。クローゼットに洋服を掛けると下の部分に空きスペースができてしまいます。ここが勿体無いですよね。

押入れの場合は奥行きがあるため、適当に詰め込んでしまうと奥に入れた物が取り出しにくくて不便です。空きスペースは効率よく収納することを考えてください。

この空きスペースはそのままだと使いにくいので、引き出しタイプの収納ケースや衣装ケース、ラックなどを用意すると整理しやすくなります。空きスペースに合わせて収納ケースのサイズを選んで設置してください。スカーフやベルト、帽子といった服飾小物、靴下や下着などのアンダーウェアを収納するのに便利です。

押入れの場合はかなリ広めの収納場所になります。適当に物を詰め込んでしまうと、奥に入れた物が取り出しにくくなってしまいます。押入れの奥行きに合わせた衣装ケースを用意したり、奥の方には普段は使わない物を収納すると良いでしょう。

我が家の場合だと、押入れの奥にスーツケースなどを収納し、手前には引き出しタイプの小さな収納ケースを並べています。ここにはシーツなどの寝具、バッグや洗濯物を干す時に使うハンガーといったものの収納に使っています。

収納の場所を増やす工夫も必要です。備え付けのクローゼットやタンス、本棚といった今使っている収納場所だけでは足りなくて、全ての物を片付けることができず悩んでいる人も多いでしょう。一人暮らしの部屋だと収納場所や家具の数も限られてしまいます。

ベッドやテーブルなどの家具に収納がついているタイプを選ぶのも良い

ベッドの下に引き出しがあるものや、テーブルの天板の下に収納できたり引き出しがついているものがあります。機能的な家具を選ぶことで収納を増やすことができます。

一人暮らしでも揃えるべき家電

部屋が広くないのなら家電も必要最低限にしておきたいところですよね。家電はいろいろ揃えた方が生活が便利になりますが、その分スペースをとられたり、掃除機だと収納場所が必要になってしまいます。

一人暮らし、最低限用意しておきた家電

冷蔵庫、洗濯機、テレビは必ず用意、電子レンジも合ったほうが便利

家電も大きなサイズだと部屋に置くことが難しくなってしまいますので、一人用向けのコンパクトなサイズを選んでください。小さめのサイズを選び、最初は本当に必要な家電だけを購入します。実際に生活を始めてみて不便だと感じたら買い足すといいのです。

洗濯機

近くにコインランドリーがあるのなら洗濯機は必要ないかもしれません、とりあえずコインランドリーを利用してみて、使いにくかったり手間に感じるようなら小さめの洗濯機を購入します。

電子レンジ

買うときはオーブン機能付きのタイプを選ぶと、トースターが必要なくなります。オーブン機能が付いている分、値段は高くなってしまいますが、トースターやオーブンを別に買ってしまうと物が増えてしまいますよね。今は必要なくても、後から必要に感じる場合もあります。

掃除機

部屋の広さに合わせて考えてみるといいです。実家では掃除のときに必ず使っていた掃除機も、広くはない部屋だと掃除をかけるスペースも少ないのではないでしょうか。また、掃除機は大きな音が出るので早朝深夜に使ってしまうと近所迷惑にもなってしまいます。掃除機を使うことが少ないようなら、フローリングシートや粘着テープなどの掃除道具だけで十分です。

部屋をおしゃれにしたいのなら、物は収納してスッキリさせることが大切です。家具や家電を購入する場合も、低めのサイズやコンパクトなものを選んで、できるだけ部屋のスペースに余裕を作るようにしましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666