注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしのベッドなしレイアウトタイプに合わせた選び方

一人暮らしのベッドなしのレイアウトで悩んでしまうのが、寝具についてです。ベッドは置けないけれど、布団で寝るのは畳んだり、上げ下ろしが面倒ですよね。

そんな人におすすめなのがこの方法です。スペースを保ちつつ、ベッドを置く方法やレイアウトしやすい布団の敷き方などを紹介します。

困ってしまう、布団の収納方法もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしをアパートで始める女子大生のためのインテリアのコツ

一人暮らしを始める女子大生は「少しでもおしゃれなインテリアにしたい。」そう思っているのではないでしょ...

一人暮らしでベッドか布団かを決めるときの選ぶポイントを紹介

一人暮らしでは例え部屋が狭くても寝るためのスペースを確保しなくてはなりません。 このとき、ベッドに...

自炊を安い値段で抑えたい!おすすめのメニューとアイデアを紹介

一人暮らしをしている人の中には、食費を安い値段で抑えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そ...

一人暮らしの人が洗濯するタイミングの平均的な頻度を知りたい

一人暮らしをする時は、食事も掃除の洗濯も基本的にはすべて自分でしなくてはいけません。 他の...

一人暮らしは洗濯機なしでも良い?コインランドリーをうまく活用

単身赴任で一人暮らしをすることになったサラリーマンの中には、洗濯機を購入した方が良いのか頭を悩ま...

一人暮らしでゴミ出しの頻度が少ない人のゴミ出しのコツやマナー

一人暮らしをしていると、ゴミがあまり溜まらずにゴミ出しの頻度が少ないこともあります。自分の家...

一人暮らしは一週間のメニューを作り置き!自炊を続けるコツ

一人暮らしをしている人の中には、自炊を続けたいと思っても忙しくてなかなか自炊ができない人もいるのでは...

一人暮らしの揚げ物の鍋はフライパンがおすすめ揚げ物のポイント

一人暮らしだって揚げ物を作りたい!けれど鍋はどんなものを用意したらいいのでしょうか? 一人暮ら...

一人暮らしの契約で親に頼らない方法や物件契約で必要なもの

学生が一人暮らしの契約をするには、基本的に親の同意が必要になります。 しかし、親に頼らずに一人暮ら...

一人暮らしのカーペットの洗濯方法!キレイを保つためのコツ

一人暮らしでもたまにはカーペットの洗濯をすることはオススメです。 しかし、カーペットのような大物は...

一人暮らしの狭い部屋をおしゃれに見せるインテリアのルール

これから一人暮らしを始めたいと思っている方も多いと思います。一人暮らしの場合には、お部屋もコンパクト...

一人暮らしで自炊してるけど、メニューのアイデアに困っている

一人暮らしの人が節約をしたり、健康的な食生活を送りたいなら、自炊が一番ですよね。 しかし、自分一人...

一人暮らしの人がスーパーに行く頻度はどのくらいが良いのか

一人暮らしの人が節約をするなら、自炊が一番と言われていますよね。 そのためにスーパーへ行っ...

一人暮らしが不安で寂しい時の対処法とその乗り越え方

最初は楽しみだった一人暮らしも、やがて不安や寂しい気持ちに襲われる時がくるでしょう。 不安や寂し...

一人暮らしの部屋にこたつとホットカーペットのどちらを置くか

一人暮らしの部屋が寒いと感じた時に役に立つのがこたつやホットカーペットですよね。 しかし、それぞれ...

スポンサーリンク

一人暮らしはベッドなしだとレイアウトしやすい

一人暮らしを始めて家具を配置するとき、困ってしまうのが大きなベッドの場所ではないでしょうか。ベッドは必ず必要なものですが、大きな家具なので部屋の大部分を占めてしまいます。窓やドア、収納クローゼットを避けて配置するとなると、置くことができる場所は1ヶ所しかなかったり、他の家具を置くスペースがなくなってしまうということもあります。また、布団があるため生活感が出てしまいやすくなりますよね。

一人暮らしでベッドを使わないという選択もあります。

外国では当たり前のように使っているベッドですが、昔の日本は布団を敷いて寝ていましたよね。旅館では今でも畳の上に布団を敷いてくれます。

ベッドがないだけで部屋はかなり広く使うことができます。デスクやクローゼットなどの他の家具を自由に配置することができたり、狭い部屋でもソファーを置くこともできますよね。レイアウトがしやすくなるというメリットがあります。

ベッドを置かないことにすると、ベッドを購入する必要がなくなります。ベッドのマットレスの代わりに敷布団を用意すればいいだけです。費用の面でも助かりますよね。
ベッドを配達してもらって部屋に配置するのも大変ですし、大きな家具なので引っ越しの時も面倒です。

ベッドがないだけで掃除や部屋の模様替えもラクにできます。

一人暮らしのベッドなしレイアウト術とは

部屋が狭くてベッドを置くスペースがないという場合もありますよね。ベッド以外にも必要な家具はたくさんあります。特に収納場所がない部屋なら、洋服を収納するためのクローゼットやタンスも必要ですし、自炊するのなら食器棚も置きたいところです。部屋にベッドがないと他の家具を置くことができ、生活が便利になるのなら、ベッドを置かない方が良いと言えるでしょう。

一人暮らしの部屋にベッドを置くスペースを確保するのが難しいのなら、折りたたみ式のベッドという手も

折りたたみ式なら使わない時は畳んで収納しておくことができます。寝る時にだけ部屋の空きスペースに広げて、その上に布団を敷いて寝ることができます。

スペースが出来た場合は折りたたみ式のベッドを出したままにして、通常のベッドとして使うことができます。折りたたみ式のベッドはコンパクトなサイズなので、出しっぱなしにしていても部屋に圧迫感がありません。高さもなく低いベッドになるので部屋を狭く見せることもないでしょう。

通常のベッドを購入した場合は、折りたたみ式ベッドは友人が泊まる時に使うことができるので、無駄になることもありません。ベッドを置くことに迷っているのなら、まずは折りたたみ式のベッドを試しに使ってみるのも良いでしょう。

一人暮らしのベッドなしのレイアウトでおすすめなのは「すのこ」

フローリングの床だと、その上に直接布団を敷くことに抵抗がある人もいるでしょう。衛生面も気になりますよね。布団を敷く前に掃除するとなると、毎晩では大変です。

その場合はすのこを使ってみてください。すのこを床の上に置いてから、すのこの上に布団を敷きます。すのこなら通気性も良いので、寝ている間に布団が汗で湿気るのを防ぐこともできますよね。床の上に直接敷かず通気性も良いので、ベッドよりずっと衛生的で安心できます。

すのこを布団のサイズに合わせて何枚か用意しても良いですが、布団用のすのこも販売されています。布団干し機能がついていて、真ん中で折って山型にすると布団を干すときに使うことができます。サイズも敷布団1枚分のジャストサイズです。
すのこも使わないときは収納しておくことができますので、邪魔になることもありません。

一人暮らしのベッドなしの定番レイアウトといえばソファベッド

ずっとベッドを使っていた人なら、ベッドがない生活に不安を感じるかもしれません。布団だといちいち敷いたり片付けたりする必要があります。忙しい朝や疲れて帰宅した夜などは、布団を片付けたり敷くことが負担に感じてしまいます。

そんな人にはソファベッドがおすすめです。ソファベッドなら日中はソファとして使い、寝るときは広げるだけですぐにベッドになります。布団に比べて違和感なく使うことができるのではないでしょうか。

また、広い部屋ではないとベッドにソファーまで置くことは難しくなります。ソファーベッドにすると念願のソファーも使うことができます。ソファーがあるだけでテレビを見たり読書する時も心地よいですし、ソファーひとつあるだけでくつろぐことができる部屋に変わります。

部屋の中に布団があるというだけで生活感が出てしまったり、キチンとベッドメイクをしておかないとだらしない部屋になってしまいます。ソファーベッドならベッドとして使っていない時は掛け布団を片付けておくことができますので、おしゃれなインテリアへの近道にもなります。

一人暮らしで布団に寝るなら収納を考えましょう

ベッドではなく布団を使う場合は、布団の収納場所が必要になってきます。部屋の片隅に畳んで置いておくのでは、生活感が出て見た目が悪くなり、またその分部屋を狭くしてしまいます。収納場所に布団のスペースを確保しておきましょう。

布団は押入れやクローゼットの中にしまう場合が多いと思います。布団は毎日使うものなので、収納場所の手前を布団専用に開けておいてください。出し入れしやすいように収納します。

押入れだと中段に収納すると、出し入れがしやすくなります。押入れの下段やクローゼットに布団を収納する場合は、布団を出したり入れたりする度にかがまなくてはならず、腰に負担がかかり姿勢が窮屈です。

このような収納場所の下に布団を収納しなくてはならない場合は、便利な布団収納アイテムがありますので、ぜひ参考にしてみてください。
布団を収納するためのラックで、キャスターがついているものです。キャスターがあると、布団で重たくなったラックも簡単に引っ張り出すこともできますし、片付けるときもラックの中に布団を入れたら押入れの中にラックを押すだけです。腰を痛める心配もありません。

部屋にある収納場所が洋服や他の物でいっぱいで、布団まで収納できるスペースがないということもありますよね。その場合は部屋の片隅に布団を置いておくことになりますが、いかに気にならない状態にするかが大切です。
その場合は布団収納ケースという便利なアイテムがあります。布製のケースで、ファスナーがついていて大きく開くので、布団の出し入れもしやすくできています。ファスナーをしめてしまうと中に布団が入っていることなどわかりません。
布団収納ケースには筒型にタイプもあります。筒型は布団を丸めて収納し、立てておくことができるので更にコンパクトになります。

ベッドではなく布団を使う場合は、毎日布団を敷いたり片付けたりするのが大変に感じることもあるでしょう。ですが、部屋にスペースが欲しいときはベッドを置かないことが一番です。より快適に生活ができるよう、布団の収納の仕方も工夫してくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666