注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの収納術でキッチンを狭くてもスッキリ見せるコツ

一人暮らしの部屋ではキッチンが狭くうまく物を収納できずに悩むことがあります。そんなときにキッチンをスッキリ見せる収納術のコツを知っていると便利です。

そこで、ここでは一人暮らしで悩むキッチンの収納術について、狭いキッチンでもスッキリ収納できるコツをお伝えしましょう。

これを読めば、収納に使えるスペースを確保するためのアイデアがわかり、キッチンに必要な道具についても見直すことができるでしょう。
キレイに収納できたらそれを保つための習慣も続けましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの玄関に収納が少ない!収納を増やす方法を紹介

一人暮らしをしている人の中には、玄関に収納スペースがない・少ないことに頭を悩ませている人もいるのでは...

一人暮らしの人が洗濯するタイミングの平均的な頻度を知りたい

一人暮らしをする時は、食事も掃除の洗濯も基本的にはすべて自分でしなくてはいけません。 他の...

一人暮らしの夕飯を簡単時短にする工夫、アイデアをご紹介します

一人暮らしで何が一番面倒か、そう「夕飯」です。 調理が簡単で美味しいレシピがあれば…と思っている方...

一人暮らしのワンルームが狭い!狭い部屋をインテリアで解決

一人暮らしのお部屋はワンルームが多いと思います。広いワンルームなら問題はありませんが、狭いワンルーム...

一人暮らしのエアコンの適正温度。冷房と暖房の上手な使い方

一人暮らしで電気代の節約をしたい時には、まず見直したいのがエアコンの設定温度です。寒い日には必要以上...

一人暮らしに掃除機はいらない理由と掃除機なしの掃除の方法

これから一人暮らしを始めるという方は、新しい住まいの家具や家電などの準備で忙しいでしょう。 初め...

一人暮らし向け野菜の上手な保存方法。野菜を長持ちさせるコツ

一人暮らしだと野菜を買ってきても、使いきれずにダメにしてしまった、という経験がある方も多いと思います...

一人暮らしの賢い食材の買い方。食材をムダにしない節約のルール

一人暮らしを始めると「食事は節約のために自炊しよう!」と考える方が多いと思います。しかし一人暮らしだ...

【一人暮らしの女性の洗濯機選び】容量と機能をチェックしよう

一人暮らしの女性が洗濯機を買う場合、容量はどのくらいがいいのか、ドラム式の方がよいのかなどい...

一人暮らしの楽しみ方、休日はどう過ごすか

一人暮らしの人はなんでも自分のペースで行動できますので、平日も休日も常に自由といえます。 その中で...

一人暮らしの迷惑になりにくい洗濯時間と洗濯のタイミング

一人暮らしをしていると帰宅する時間も遅くなり、洗濯機を回したいけど、「こんな遅い時間に洗濯機...

一人暮らしの男子学生の部屋をかっこよく見せるインテリア

大学生になって始めた一人暮らし。数ヶ月経って大学生活にも慣れてくると、部屋をかっこいいインテリアにし...

自炊を簡単・ヘルシーに!おすすめの材料を使って美味しい料理を

これから料理に挑戦しようと思っている人の中には、簡単でヘルシーな自炊料理を作りたいと考えている人もい...

狭いユニットバスもおしゃれ収納でお気に入りの空間に大変身

ユニットバスはなれるまで窮屈に感じたり、使い勝手が難しいと感じることもあります。また収納が少なく困る...

一人暮らしが怖い女性の物件の選び方と防犯対策・注意点を解説

一人暮らしをすることになった女性の中には、一人暮らしを怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

一人暮らしは収納術の工夫で狭いキッチンでもスッキリ整理整頓

一人暮らしの部屋のキッチンはそれほど広くないので、料理に使う鍋やボウル、調理器具などが収納しきれずに溢れてしまっていませんか。なんとか収納できても、積み重ねて無理に収納しているため、取り出しにくくなったりもします。

狭いキッチンにたくさんの物を収納するにはちょっとした工夫が必要

いかにたくさんの物を収納し、使いたい時にすぐに取り出せるようにしなくてはなりません。

キッチンはシンク下が一番収納できる場所です。狭いキッチンなら、シンク下しか収納場所がない場合もありますよね。

キッチンのシンク下にできるだけ効率よく収納することがポイント

シンク下収納用のラックなどがありますので、それを使うと上手に片付けることができます。まずは収納場所の幅や奥行き、高さを測っておきましょう。シンク下収納には排水のホースがありますので、そのホースのことも考えて測ってください。
収納場所に置くことができるサイズで、使いやすい収納ラックを選んでください。

キッチン用の収納ラック

棚だけのものや引き出しタイプがあります。鍋やボウルなどを収納するためには棚タイプのラックを選びます。棚があるだけで鍋やボウルを積み重ねなくてすみますので、使うときにサッと取り出すことができます。
おたまなどのキッチンツール、ラップやホイル、調味料のボトルなどは引き出しタイプが便利です。引き出しがあると小物をたくさん収納することができ、引っ張り出すことで奥に収納した小物も取り出しやすいです。

収納するときは、泡立て器やピーラーのようなキッチン道具、調味料、布巾など、種類ごとにまとめて収納することもポイント。
適当に収納してしまうと、使いたいときに探さなければならなくなります。調味料などは買ったことも忘れて無駄にしてしまわないよう、時々賞味期限をチェックするようにしましょう。

一人暮らしで悩むキッチンの収納術はスペースの活用がコツ

シンク下だけではキッチン道具の全部を収納しきれないこともあります。狭い場所にできるだけたくさん収納するには、ちょっとした空きスペースも見逃さずに活用してください。シンク下に収納したときに僅かな隙間ができたら、その隙間に使えるボックスなどを用意して小物を収納したり、細長いボトルなどをサイズが小さめのものを収納してください。

キッチンシンク下収納の扉も収納に使うことができる

扉の上に引っ掛けられるラックがあります。扉の側面に収納するので、あまり大きなものや厚みのあるものを収納することはできませんが、ラップやホイルのようなものなら収納することができます。扉を開けるとすぐに取り出すことができる便利な収納なので、よく使う物を収納すると良いでしょう。

水切り袋やごみ袋も良いですし、鍋つかみや鍋敷きなどを収納すると便利

扉に取り付けるラックには鍋のフタを収納できるものもあります。フタだけ別に収納すると、鍋をいくつか重ねることができるので、たくさん収納できるようになります。

扉にフックを取り付けてお玉やフライ返しといったキッチンツールの収納場所するのもおすすめ

おたまなどは引き出しに入れたり立てて収納すると引っかかって取りにくいこともありますが、ひとつずつ引っ掛けて収納すると取り出しやすくできます。

キッチンの壁にワイヤーラックを取り付けて収納する

換気扇の下の壁などが空いている場合がありますよね。そこにフックを取り付けてキッチンツールをぶら下げたり、フライパンを掛けておくこともできます。
突っ張り式のラックを取り付けると、そこにフックをつけてお玉などをぶら下げて収納したり、布巾を掛けておくこともできます。

ラックに引っ掛けて取り付けることができる小さな収納ボックスもあります。輪ゴムやクリップなどキッチンで使うものを収納するのに便利です。

一人暮らしのキッチンの小さな隙間も見逃さないのが収納術のポイント

キッチンを見渡してみて、ちょっとした隙間があるのなら、そこも収納場所として使うようにしましょう。

僅かな隙間に使うことができる隙間収納がある

幅が10センチにも満たない細いサイズで、高さもシンクと同じくらいのものから天井近くまで届くものまでいろいろです。キッチンの隙間に使うことができるものが見つかるはずです。
このような隙間収納には下にローラーがついていて引っ張り出すことができるので、例えばシンク台と冷蔵庫の間の僅かな隙間にも使うことができます。

幅が10センチ程度でも調味料やボトル、缶詰、ラップなどを収納するには十分です。このような市販の調味料などは派手なパッケージなので、目につくところに収納すると生活感が出てしまいがちですが、引っ張り出して使う隙間収納なら目につくことがありません。

隙間収納すら置くことが難しい僅かな隙間

突っ張り式のラックを使うことができます。ラックならとても薄いのでどんな隙間でも取り付けることができるでしょう。床と天井に突っ張らせるだけで簡単に設置することができます。
ラックを取り付けたら、引っ掛けることができるフックやボックスを用意するとどんどん収納することができます。

突っ張り式のラックはシンク台と冷蔵庫や食器棚といった家具との間に取り付けるほか、水道蛇口の壁面にも取り付けることができます。このような場所ならよく使うものを収納するととても便利になります。布巾や調味料、ラップの置き場所にすると便利ですが、洗ったマグカップなどを引っ掛けておくこともできます。

一人暮らしのキッチンでは必要なものの見直しをすることも大切

工夫をして収納してみても、キッチンの収納スペースにおさまりきらず物が溢れてしまっているのなら、本当に必要かどうかを見直してみてください。キッチン道具はいろいろあった方が便利にはなりますが、中には同じものをいくつも持っていたり、全く使っていないものもあるでしょう。収納を考えるときは持ち物を見直すことも大切です。

一人暮らしなら鍋やフライパンはいくつも必要ない

鍋なら小さい片手鍋がひとつと大きめの両手鍋ひとつ、それと深さがあるフライパンひとつあれば十分です。料理に応じて鍋やフライパンを使い分けていた人も、なければ工夫して使うようになります。物が収納しきれずに溢れている方が、キッチンをより狭くして使いにくくしているのです。

調理道具などは本当に必要かどうか、見直ししてください。
あったら便利だと思って購入したものの、結局は使っていないという物もあるはずです。また、サイズ違いでいくつもあるものなら、よく使うもの以外は処分しても良いでしょう。できるだけ物を減らすことも上手に収納するためのコツになります。

キッチンをキレイに保つためには片付けの習慣も忘れずに

キッチンをできるだけすっきりさせるためには、キッチンにあまり物を置かず、使ったらすぐに片付けることが大切です。洗い物もまとめてやろうと考えて、使った食器をそのままにしていませんか。後で片付けようと、とりあえずそのへんに置いておいたりすると、それがどんどん溜まってしまい、キッチンが物で溢れてしまいます。

キッチンに物が多いと掃除もしにくくなるので、食材を扱うキッチンが不衛生な場所になってしまいかねません。キッチンをすっきりと清潔に保つためには、こまめに片付けることが大切です。

使った食器類はすぐに洗って片付け、食材を買ってきたらすぐに冷蔵庫や決められた場所に保管します。できるだけキッチンに物を置かない、溜めないようにしましょう。物がないスッキリとしたキッチンなら掃除がしやすいので、気軽に掃除をしようという気持ちにもなってきます。

キッチンをキレイな状態で保つコツは、収納できる分だけの物に減らすことです。そして、こまめに片付けることを習慣にしてくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666