注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしって砂糖を少量しか使わないからもったいない

一人暮らしで自炊をしている人でも、砂糖を使用する量は少量で済みます。
そのため、スーパーなどで売られている1kgの砂糖は、一人暮らしの人にとって持て余してしまう量と言えます。
とはいえ、使い切れないからといって砂糖を買わないわけにもいきません。
そういった場合には、砂糖をどのように扱えば良いのでしょうか?
そんな頭を悩ませる砂糖の保存の仕方や買い方などについていくつかの事柄をご紹介させていただきます。
これを読んで、砂糖を買ったり保存する時の参考になさってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの部屋にこたつとホットカーペットのどちらを置くか

一人暮らしの部屋が寒いと感じた時に役に立つのがこたつやホットカーペットですよね。 しかし、それぞれ...

一人暮らしのカーペットの洗濯方法!キレイを保つためのコツ

一人暮らしでもたまにはカーペットの洗濯をすることはオススメです。 しかし、カーペットのような大物は...

一人暮らしの机の選び方と配置。狭い部屋のテーブル選び

これから一人暮らしを始める時には、お部屋のレイアウトを考え、いろいろな家具を揃えると思います。そこで...

一人暮らしだと夕飯の支度が面倒!試してもらいたい自炊方法

一人暮らしだと夕飯を作るのが面倒だと感じることありますよね。家族がいても主婦は毎日の献立に頭を悩ませ...

ユニットバスの収納術!おしゃれで機能的な収納アイデアをご紹介

狭いユニットバスで悩むのが収納方法ですが、できれば見た目もおしゃれに収納したいもの。 そこで、バス...

一人暮らしの和室のおすすめレイアウトとおしゃれに見せる工夫

一人暮らしの部屋が和室だと、家具のレイアウトやインテリアの選び方に迷ってしまいがち。畳や大きな押入れ...

一人暮らしをアパートで始める女子大生のためのインテリアのコツ

一人暮らしを始める女子大生は「少しでもおしゃれなインテリアにしたい。」そう思っているのではないでしょ...

一人暮らし、毎日お風呂は節約できる?効果的な節約方法

一人暮らしの場合、お風呂は毎日湯船に入っているの?それともシャワーで済ませてしまう? 時間や光...

ユニットバスの収納アイデア。狭いスペースのおしゃれな収納

狭いユニットバスは収納のスペースも少なく、バス用品や洗面用品、メイク用品などの収納にお困りの方も多い...

一人暮らしの人がスーパーに行く頻度はどのくらいが良いのか

一人暮らしの人が節約をするなら、自炊が一番と言われていますよね。 そのためにスーパーへ行っ...

一人暮らしのトイレインテリア。おしゃれ空間を演出するポイント

一人暮らしの殺風景なトイレに素敵なインテリアを置いておしゃれなトイレにしたい!そんな方も多いのではな...

一人暮らしのワンルームが狭い!狭い部屋をインテリアで解決

一人暮らしのお部屋はワンルームが多いと思います。広いワンルームなら問題はありませんが、狭いワンルーム...

一人暮らしにタンスは不要!狭い部屋の上手な洋服収納のコツ

これから一人暮らしを始る場合には、新しい部屋で揃えるものをいろいろとリストアップしますよね。 必要...

ユニットバスにカーテンはいらない?カーテンの役割と必要性

ユニットバスについているカーテン、本当にいる?いらないのでは?と思ってしまいますよね。 1番の...

一人暮らしの通販の受け取り方!生活スタイルにあった受け取り方

一人暮らしの通販の受け取り困っていませんか?時間を指定しても、いつもならいるのに、たまたま出...

スポンサーリンク

一人暮らしが使う砂糖の量は少量だからといって悩む必要はありません

一人暮らしで自炊を始める時には、最低限の調味料は揃えますよね。
塩と胡椒、醤油そして砂糖。
他に味噌やみりん、料理酒なども揃える方もいるでしょう。

調味料を買いに行くと気づくのは、量が多いということです。
特に砂糖などは1kg程度が袋に入って売られているものがほとんどですよね。
そして、一人暮らしではそれほど量を必要としません。
「半年前に買った砂糖がまだ残ってる…。」ということも多いのでは?

しかし、心配はいりません。
砂糖の袋をよく見てみると、他の食品にはあるものが書かれていないはずです。
それは、賞味期限です。

砂糖には明確な賞味期限はありません。

適切に保存していれば、長期保存していても問題ないのです。
永久にとはいきませんが、きちんと保存していれば変質することがなく、1年後でも2年後でも使うことが出来ますよ。

そこで気になるのは、適切な保存方法ですよね。

砂糖の最適な保管場所は、冷暗所です。

砂糖は湿気や乾燥に弱いため、密閉容器に入れるのがおすすめですよ。

容器に入り切らない砂糖は、空気を抜いて袋の口をゴムなどでしっかりと縛ってから、冷暗所で保存しましょう。
袋に穴が空いていると虫やダニがよってくる原因となりますから、チャック付きの密閉袋などに入れて保管するのが安心です。

砂糖を少量しか使わない一人暮らしには、こんな砂糖がおすすめ

砂糖は長期保存できる調味料です。
しかし、そうとはわかっていてもなんとなく封を切ってから長い期間経った物を使うのは躊躇してしまうという方もいらっしゃるはずです。

そういう方は少量の砂糖を求めると思います。
しかし、スーパーに行くと1kg前後の大袋ばかりが並んでいますよね。

そこで、出向いてほしいのが100円ショップです。
100円ショップでは、スーパーに売られている商品と同じでも少量になって売られているものが多く、砂糖もその一つです。

また、砂糖ではなく常備している代用品で甘味をつけるという方法もあります。
コーヒーにお砂糖を入れる方なら、スティックシュガーや、角砂糖、ザラメなどを常備シている方が多いのではありませんか?
これらは白砂糖の代用品として使うことができます。

また、お好きな方は蜂蜜やメープルシロップなどを常備されている方もいらっしゃると思います。
私はメープルシロップが大好きなので、切らさない様に常に買い置きしてあります。
砂糖とは少し風味が変わってしまいますが、これらは煮物などに砂糖の代わりとして使っても問題ありませんし、ドレシングやタレなどにも使えますよ。

一人暮らしだからといって砂糖を少量しか使わないのはもったいない

一人暮らしでなかなか砂糖が減らないとお困りの方は、作る料理を変えてみると良いかも知れません。

フレンチやイタリアンなどの洋食レシピでは、砂糖を全く使わないか、使っても少量であることが多いですよね。

ですが、和食であればかなりの確率で砂糖が登場します。
煮物では砂糖を使うレシピがほとんどですよね。

和食の定番おかずの肉じゃがやサバの味噌煮、照り焼きに肉豆腐、どれも砂糖を使います。
また、おやつとおかずの中間の様な、かぼちゃの甘煮や、さつまいもを使った大学芋などはかなりの量の砂糖を使うのでおすすめですよ。

和食ではありませんが、ジャムを作るのもおすすめです。
パンに付けたり、ヨーグルトにかけたり、煮物の甘味として使ったりと、ジャムの使いみちは様々です。

ジャムは砂糖を使った保存食の代表格です。
一人暮らしでは保存期間の長い食材はありがたいですよね。

砂糖は保存食を作るためにも使える調味料ですから、上手に使いこなしたいですね。

砂糖と塩を間違えないためには、これをするのがおすすめです

キッチンで調味料の容器を買い揃えるときには、同じシリーズで揃えることが多いですよね。
同じメーカーの商品なら、組み合わせやすく統一感も出ます。

しかし、同じ容器に入れ替えると、パッと見で中身を判断しなくてはいけません。
砂糖と塩はどちらも真っ白ですから、「塩と砂糖を間違えた!」なんて古典的なギャグみたいなことをしてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

砂糖と塩を間違える原因は、「色が同じこと。」ですよね。
それなら、解決策は簡単です。

色付きの砂糖を選べば良いのです。

一般的に日本で砂糖と言うと真っ白な白砂糖の事を指していますが、色のついた砂糖もあります。
色のついている有名な砂糖と言えば、黒砂糖ですよね。
しかし、黒砂糖は独特の風味で、料理にも使えますが思っていた味には仕上がらないかも知れません。

黒砂糖ほど色はついていませんが、三温糖やてんさい糖、キビ糖は薄っすらと茶色がかった色をしています。
この中でも一番おすすめなのは、ミネラルやオリゴ糖の含まれてる「てんさい糖」です。

私も料理にはてんさい糖を使っていますが、それほど風味も強くなく白砂糖と同じ様に使うことが出来ますし、仕上がった料理も白砂糖を使った時と変わらず美味しく仕上がりますよ。

砂糖に関する困りごとを解消する方法をご紹介

一人暮らしでの料理では砂糖は少量しか使わないので、長期保存することが多いですよね。
長期保存している時の悩みと言えば、砂糖が固まってしまうことです。

固まりになってしまうと、使う度にガリガリと削るのはとても大変ですし、計量もしにくくとても不便です。
誰もがサラサラに戻したいと思うことでしょう。

カチカチ砂糖を元に戻したい時に役立つのは、電子レンジです。

砂糖が固まる原因は湿気ですから、電子レンジで温めて湿気を飛ばしましょう。
ただし、温めすぎると砂糖が溶けてしまうので注意してくださいね。
1分程度加熱して混ぜて、足りなければ追加で加熱を繰り返します。

砂糖が溶けるのが心配な方は、固まった砂糖と乾燥した食パンを一緒に袋などに入れてみてください。
食パンが湿気を吸ってくれますので、サラサラに戻してくれますよ。
電子レンジより時間がかかりますが、乾燥した食パンの救済にもなる一石二鳥の方法です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666