注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしにタンスは不要!狭い部屋の上手な洋服収納のコツ

これから一人暮らしを始る場合には、新しい部屋で揃えるものをいろいろとリストアップしますよね。
必要なものと不要なものを考え、狭い部屋なら本当に必要なものだけを持っていきたいものです。
そこで、賛否が分かれるのがタンスです。たくさんの洋服を持っている女性の中には「タンスは絶対必要!」思っている方もいると思いますが、「タンスは不要!」という方も少なくありません。
そこで、一人暮らしにタンスは不要と感じる理由や、タンスを使わずに収納するコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが不安で寂しい時の対処法とその乗り越え方

最初は楽しみだった一人暮らしも、やがて不安や寂しい気持ちに襲われる時がくるでしょう。 不安や寂し...

一人暮らしのエアコンの適正温度。冷房と暖房の上手な使い方

一人暮らしで電気代の節約をしたい時には、まず見直したいのがエアコンの設定温度です。寒い日には必要以上...

一人暮らしの狭い台所でも収納を増やすアイデア!ムダなく収納

一人暮らしの台所は狭いことも多く、収納に悩む方も多いと思います。台所には収納するものがたくさんあり、...

一人暮らしの狭い部屋!洋服の収納はクローゼットを上手に使用

一人暮らしの部屋が狭いとお悩みの方、お部屋にタンスを置くなんて無理ですよね。 そこで沢山ある洋...

女性一人暮らしのお米の消費量は?お米を炊く時のポイント

初めて一人暮らしをする人にとって、お米の消費量は一日平均どのくらいなのかピンとこないと思います。 ...

【一人暮らしの女性の洗濯機選び】容量と機能をチェックしよう

一人暮らしの女性が洗濯機を買う場合、容量はどのくらいがいいのか、ドラム式の方がよいのかなどい...

一人暮らしの揚げ物の油の処理方法!保存のポイントや捨てる目安

一人暮らしをしていて揚げ物をしてみたいけど油の処理がわからないから挑戦できないという人もいるのではな...

一人暮らしの無職の女性の寂しい気持ちを紛らわせる方法

ただでさえ一人暮らしで寂しいのに、無職となってしまうとなんだかさらに心さみしく感じてしまう女性も多い...

一人暮らしの収納術でキッチンを狭くてもスッキリ見せるコツ

一人暮らしの部屋ではキッチンが狭くうまく物を収納できずに悩むことがあります。そんなときにキッチンをス...

一人暮らしのワンルーム!狭いキッチンで鍋を上手に収納する方法

一人暮らしだとワンルームで生活している方が多いですよね。キッチンもわずかなスペースしか確保されていな...

一人暮らしだと夕飯の支度が面倒!試してもらいたい自炊方法

一人暮らしだと夕飯を作るのが面倒だと感じることありますよね。家族がいても主婦は毎日の献立に頭を悩ませ...

一人暮らし向け野菜の上手な保存方法。野菜を長持ちさせるコツ

一人暮らしだと野菜を買ってきても、使いきれずにダメにしてしまった、という経験がある方も多いと思います...

【一人暮らしのご飯】簡単なのに手軽でおいしいものを大特集

一人暮らしのご飯は、時間をかけずなるべく簡単なもので済ませたいと思っている人の方が多いでしょう。 ...

一人暮らしの冷凍庫!見やすくて使いやすいおすすめの収納方法

一人暮らしを始めると食費の事が気にかかるようになります。食費を節約するために自炊を始めたり、食材や食...

一人暮らしのワンルームが狭い!狭い部屋をインテリアで解決

一人暮らしのお部屋はワンルームが多いと思います。広いワンルームなら問題はありませんが、狭いワンルーム...

スポンサーリンク

一人暮らしで大きなタンスが不要な理由

「衣類はタンスにしまうもの」という意識が強い人にとっては、たとえ一人暮らし向けの狭い部屋で生活を始めるとしても、タンスは必ず必要だと思うかもしれませんが、多くの場合は必ずしもタンスがなければ困るということはないかと思います。ただでさえ十分な広さがない部屋に大きなタンスを置いてしまうと、実際に邪魔になってしまうというだけでなく、なんとなく部分的に圧迫感が出てしまうものです。

狭い部屋を広く見せるためにも、なるべくタンスなどの大きな家具は、置かないに越したことはないと言えるでしょう。

タンス不要、クローゼットを最大限に活用する

多くの賃貸物件には、収納スペースとしてあらかじめクローゼットが付いています。多くの人は、クローゼットのサイズに合わせて、その中に引き出し式の衣装ケースやカラーボックスなどを組み合わせて置くことで、タンスがなくても十分な収納スペースを確保しながら使っているようです。

洋服の量が多くて備え付けのクローゼットに収まり切らない場合は、下に収納スペースが付いたタイプのベッドを使用したり、ベッド下の空きスペースに衣装ケースを収納する方法もあります。

私が以前に住んでいたアパートには、縦に長い狭めのクローゼットしか付いていない代わりに、出窓の下も収納スペースになっていましたので、ハンガーラックなどを活用することで、タンスは不要でした。

タンス不要でも洋服をたっぷり収納。クローゼットの収納方法

一人暮らし向けの物件のクローゼットには、はじめからハンガーかけが設置されていることが多いですが、ハンガーにすべての洋服をかけるわけにもいきませんよね。

限られたスペースに効率よく衣類を収納するためには、なるべくデッドスペースを作らないことが重要となります。

洋服をハンガーにかけて吊るすと、必ずその下に空きスペースが生まれますよね。

ハンガーにかけられない衣類は、引き出し式の衣装ケースを置いて収納するのがオススメ

衣装ケースの中には、タンスのようにはじめから何段か引き出しが付いたタイプもありますが、クローゼットが狭い場合は、衣類の量に合わせて積み重ねて使えるタイプが有効です。

同じ大きさの衣装ケースをいくつか積み重ねて、クローゼットの中でタンス代わりに使用する場合は、衣装ケースの高さを揃えて、その上に市販の化粧板を載せることで、更にその上の空間にもバッグなどの小物を収納することができます。

化粧板はホームセンターなどで購入できますが、実際に購入する前には、長さや奥行きをしっかりと確認してから、なるべく壁にピッタリと隙間なく沿うようにカットしてもらいましょう。

備え付けのクローゼットがあれば、ハンガーラックと衣装ケースを使って洋服を収納することができますので、もはや大きなタンスは不要だと言えるでしょう。

一人暮らしは衣装ケースがあればタンス不要。洋服を見やすく入れるコツ

効率よく衣類を収納するには、「立てる」「見せる」を意識するのがコツ

せっかくキレイにたたんで引き出しに収納したとしても、たたんだ服を下から上へ積み重ねてしまうと、下の方にある服を取り出すたびに、いちいち上に載った服を避けたりしているうちに、だんだんグチャグチャになってシワになりやすくなってしまいます。

とくにTシャツなどの増えてしまいがちなトップスに関しては、いかにたたみジワを減らし、なおかつたくさんの量を収納できるかということがポイントとなります。これに対してのベストな方法としては、なるべく同じサイズにたたんで、寝かせずに立てた状態で収納するのが正解です。

引き出しの高さに合わせて、開け閉めしても引っかからない程度に四角くたたむことで、ムダなスペースを作ることなく、たくさん収納することができます。

引き出しに服をしまう際には、なるべく色ごとに分けて並べておくことで、着たい服もサッと取り出しやすくなります。たとえば、白や黒といった定番色のTシャツが多い場合は、ひと目でどの服かわかるように、ロゴが見える状態でたたんでおくのもオススメ。

クローゼットにムダなく収納するためには、ある程度奥行きのある引き出し式の衣装ケースが必要になります。タンスのようにそこまで奥行きのない引き出しであれば、奥まで見渡せないということもありませんが、これが奥行きのある衣装ケースともなるとそうもいきません。手前の取り出しやすい位置には今シーズンよく着る服を、奥の方にはシーズンオフのものや、あまり頻繁には着ない服を入れておくと良いでしょう。

タンス代わりに衣装ケースを効率良く使うコツ

  • 衣類を立てて収納する
  • 衣類を色分けする
  • 着る頻度に合わせて場所を入れ替える

一人暮らしの部屋の押し入れをムダなく使う方法

一人暮らし用の物件でも、築年数によってはクローゼットの代わりに押し入れがある場合もありますよね。押し入れはクローゼットよりも比較的奥行きがあるため、いかにムダなスペースを作らないようにするかがポイントです。

押し入れをクローゼット代わりに!まずは扉は取り外す

こうすることで、引き出し式の衣装ケースをどのように設置しても、扉が引っかからずにスムーズに開け閉めすることができますし、中に湿気がこもりにくくなるというメリットもあります。

クローゼットのようにはじめからハンガーかけが設置されていませんので、代わりに押入れの中に市販のハンガーラックを置きましょう。あまり高さのない小さめタイプのハンガーラックでしたら、押入れの奥行きを生かして縦向きに置くことも可能ですので、新たに購入する際はきちんとサイズを確認してください。

また、押し入れは真ん中あたりで上下2段に分かれていますので、タンスなどの高さのある収納家具を収めることができません。

上の段に引き出し式の衣装ケースなどを置いてしまうと、上の方の引き出しは中身が見づらくて使いにくいため、なるべく下の段に置き、上の段には高さの低めなメタルラックなどを置くのもオススメです。

バッグやアクセサリーの収納方法

タンスだとどうしても衣類限定と考えてしまいがちですが、クローゼットだと衣類以外のものもまとめて収納しておけます。とくに、一人暮らしの物件は収納スペースが限られているため、バッグや帽子などの定位置を決めておかないと、そこら中に置きっぱなしになってしまいかねませんよね。

S字フックを使って、クローゼット内にバッグなどの小物を吊るして収納するのが、最も手軽な方法だと思います。アクセサリー類に関しては、アクセサリーを引っ掛けるフックが付いていているハンガーなどを使って、クローゼットの端の方のデッドスペースを活用する方法もあります。

時計などの細かなアイテムは、クローゼットの壁に穴の空いたボードを設置し、壁面収納にすることで、紛失するのも防ぐことができます。

型崩れしやすい帽子やバッグは、事務用品として売られているファイルボックスを並べて、立てた状態で収納します。クローゼット上部は、使用頻度の低いものや、シーズンオフの衣類などの収納にも向いています。

アイデア次第では、必ずしも衣類収納にタンスが必要なわけではないということが、ご理解いただけたでしょうか。一人暮らしの生活を快適にするためにも、まずは衣類の収納方法から見直してみませんか?

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666