注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしをするときの準備や不動産屋さんに聞くこと

一人暮らしの物件を決めるときに不動産屋さんに聞くことを予め決めておくと、後で聞いておけばよかった…失敗した…となりにくくなるでしょう。

では、どのような事を聞けばいいのでしょうか?もし周りに一人暮らしをしている人がいるのならアドバイスを求めるのもおすすめです。

不動産屋さんは、困るかもしれませんがとりあえず気になった事はなんでも聞いてみましょう。不動産屋さんが物件を決めるときのポイントなどを聞いてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自炊で簡単に野菜を摂ろう!おすすめ・便利な取り方と保存方法

一人暮らしで自炊を心がけている人の中には、毎日の食事で簡単に野菜を摂りたいと考えている人もいるのでは...

一人暮らしの方におすすめな砂糖の保存方法についてご紹介

一人暮らしの方、調味料の保存方法はどうしていますか?何でも冷蔵庫に入れれば安心?調味料にはそれぞれの...

自炊とは?本を裁断して自炊する方法や注意点をご紹介

「本の自炊」そんな言葉を聞いたことがありますか?本の自炊とはスキャナを使用してパソコンに取り込むこと...

一人暮らしの休日の過ごし方。充実した一人の時間を楽しむ方法

一人暮らしの休日、あなたは充実した時間を過ごしていますか?一人だと、ついダラダラとしてしまい...

一人暮らし用アパートの選び方。女子学生が住む時のポイント

進学を機に娘が一人暮らしをするとなると、アパートの選び方にも力が入ります。 大事な娘ですから、やは...

一人暮らしの洗濯はいつする?迷惑にならない時間帯と洗濯頻度

一人暮らしをしている人の中には、仕事から帰宅した後などの遅い時間でないと、洗濯ができないこと...

一人暮らしの賢い食材の買い方。食材をムダにしない節約のルール

一人暮らしを始めると「食事は節約のために自炊しよう!」と考える方が多いと思います。しかし一人暮らしだ...

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズと地域のゴミ事情についてご紹介

一人暮らしは初めての事だらけ!ゴミ捨てだって、まずはゴミ袋のサイズに迷ってしまうのではないでしょうか...

一人暮らしの狭い部屋!洋服の収納はクローゼットを上手に使用

一人暮らしの部屋が狭いとお悩みの方、お部屋にタンスを置くなんて無理ですよね。 そこで沢山ある洋...

一人暮らしでベッドか布団かを決めるときの選ぶポイントを紹介

一人暮らしでは例え部屋が狭くても寝るためのスペースを確保しなくてはなりません。 このとき、ベッドに...

一人暮らしって砂糖を少量しか使わないからもったいない

一人暮らしで自炊をしている人でも、砂糖を使用する量は少量で済みます。 そのため、スーパーなどで売ら...

一人暮らしは家具をおしゃれに見せるポイントや配置のコツ

一人暮らしの部屋は自分好みで落ち着ける空間にしたいものです。 これからはじめて一人暮らしを...

一人暮らしでも揚げ物を美味しく作るコツと油の処理方法

一人暮らしをしていると、揚げ物を揚げたくでも、なかなか一人分を揚げるというのはちょっと面倒に感じるこ...

一人暮らしの朝食を節約したい!手軽にできて嬉しい節約のコツ

一人暮らしで自炊をしていると、かえって食費がかかってしまうこともあります。 できるだけ朝食を節約し...

夏場も邪魔にならない!一人暮らしにぴったりなテーブルこたつ

一人暮らしのお部屋、冬になるとこたつが欲しくなりませんか?もちろんエアコンがついているから大丈夫!と...

スポンサーリンク

一人暮らしの不動産物件を探す前の準備

一人暮らしの物件を探す時には、不動産屋さんに行く前にやっておいた方が良い事があります。

譲れない希望条件の明確化と不動産屋さんの予約

引っ越しのシーズンはみんなが動くため、いきなり行っても人手が足りずにすぐに案内してもらえないこともあります。

不動産屋によって扱っている物件が違う場合もあるため、事前に調べて自分の条件や好みの物件がありそうな不動産屋を探しておくことも大切です。

そのためにも、自分が一人暮らしをする物件の譲れない条件を決めておく必要があります。予算や駅からの時間、間取りなど譲れない条件と、叶うと嬉しい条件を考えておきましょう。希望条件が曖昧なままだと決定打に欠けて、迷っているうちに埋まっていってしまうことも珍しくありません。

ネットで物件情報を探すことが出来るため、いきなり不動産屋に行く前に、事前に物件情報をチェックするのがお勧めです。気になる物件を多く扱っている不動産屋に訪問の予約をしましょう。

進学や就職で遠方から物件を探しに行く場合

早めに問い合わせをすればメールなどでやり取りをすることも出来るので、内見をスムーズに行うことが出来ます。

ただし、ネットの情報が最新とは限りません。人気物件は決まるのも早いため、ネットで見た物件を内見しようと来店すると、もう埋まってしまったと言われることもあります。

一人暮らしの不動産内見をするときの持ち物

不動産屋が決まったら、気になる物件をどんどん内見しましょう。ほとんどの場合は、内見に手ぶらで行っても見るだけなら困りません。

しかし、真剣に部屋を選びたいのであれば、いくつか用意していくのがお勧めです。

不動産屋と部屋の内見をするときは、メモや筆記用具、カメラなどを持って行きましょう

いくつかの物件を見比べて決めるときに、気になった点や雰囲気などをメモしたり写真に撮ったりすると、「前の物件はどうだったかな?」と思った時などにすぐに見返すことが出来ます。

実際に住むときの準備として、カーテンのサイズや洗濯機置き場の大きさなどをメモに残しておくと、一人暮らしの準備がスムーズに行えます。

携帯電話やスマホが便利

メモとカメラの役割を果たすことが出来るので、特別な物を用意しなくても大丈夫です。サイズを測るためのメジャーや内見時に履くスリッパは不動産屋さんが貸してくれることも多いですが、心配な場合は事前に聞いたり、そこまで荷物にならないので自分で持って行くと良いでしょう。

今使っている家具や家電を新居でも使う場合

それぞれのサイズを測ったメモを持って行きましょう。内見に行った時に、ドアのサイズや設置予定の場所に収まるかどうかを確認してください。

物件を決めた後には契約書を交わしますので、身分証明書やハンコなどが必要になります。連帯保証人が必要な物件も多いので、事前に連帯保証人をお願いしておく必要があります。

一人暮らしをする前に不動産屋さんに聞くこと

一人暮らしの物件を内見しているときに、実際に物件を見て気になったことは不動産屋に聞くと思いますが、それ以外にも聞いておくと良い質問があります。

前の住人はどれくらいの期間住んでいて、空室になっていた期間はどれくらいなのか?

学生向けマンションやアパートの場合は、一定期間で住人が入れ替わっていきますが、極端に短い入居期間だった場合は、トラブルがあったことが予想できます。その理由などを掘り下げて聞くことで、後悔しないための判断材料のひとつになります。

逆に前の住人が長く住んでいた場合は、住みやすい環境である事が予想出来ます。

賃貸物件は、不動産屋さんを通して大家さんに値引き交渉が出来る場合はありますが、空室期間が長い場合は値引き交渉の材料にもなります。また、人気がない理由を考えてみると何かしらの問題が見つかったり、空室の期間が長いことで下水の臭いが気になったりすることもあります。

何でも必ず教えてもらえるとは限りませんし、確認に時間が掛かることもありますが、聞いておいて損はない事なので、聞いてみましょう。

不動産屋にはとりあえずなんでも聞くことが大切

自分の意見をはっきりと伝えるのが苦手な人もいますが、一人暮らしの物件を探しに不動産屋に行ったら自分の意見は曖昧にしないようにしましょう。はっきり言えないために流されてあまり気にいっていない部屋に住むことが無いように、特に譲れない条件やこれは嫌、ここが良かったという事については、はっきり伝えてください。その方が自分に合った部屋が見つかります。

内見中は、色々な事と気になる事があると思いますが、遠慮なく聞くようにしましょう。

ここの建付けが悪いのは直りますか?
この辺の治安はどうですか?

何でも聞いてみましょう。

また、判断に迷う事もあると思います。そういう時は、不動産屋さんに個人的にどう思うか聞くのがお勧めです。

個人的な意見を聞くことで、客観的な視点で見ることが出来るようになります。

こちらが真剣な姿勢をみせれば、不利になる事でも正直に話してくれたりと誠実に対応してくれるでしょう。

ただし、契約を取るために良い事しか言ってくれないタイプの不動産屋さんもいるため、見極めは必要です。

一人暮らしの物件を見に行くときに聞くこと

一人暮らしの物件を内見するときは、部屋の中だけでなく物件の共用部分や周辺環境もしっかりチェックしましょう。

共用部分は内見の時に必ずみることが出来るので、汚れていないか、私物を共用部分に出している人がいないか、駐車場や駐輪場の状態、夜間の照明等をチェックします。

周辺環境については気に入った物件があれば、明るい時間帯と暗い時間帯に歩いて確認するのがベストですが、競争率の激しい引っ越しシーズンは特に難しいと思います。かといって、周辺環境は住むうえで大切な事なので、最低限不動産屋さんに聞くようにしましょう。

一人暮らしは物件の周りだけでなく、駅からの道の確認も大切

車で案内してもらう場合は、物件までは最寄り駅からスタートして、周辺を一周してもらえるようにお願いするのがお勧めです。徒歩での案内の場合は、行きと帰りのルートを別にしてもらっても良いでしょう。

周辺環境をチェックするときは、お店や交番、病院の有無を確認するだけでなく、歩いている人の雰囲気や景観などにも意識しましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666