注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの人が洗濯するタイミングの平均的な頻度を知りたい

一人暮らしをする時は、食事も掃除の洗濯も基本的にはすべて自分でしなくてはいけません。
他の人がどのように家事をこなしているのか気になると思いますが、中でも地味に気になるのが、洗濯の頻度です。
面倒くさがり屋の人は「洗濯物がいっぱいになったら」でも良いですが、それだと明日の着る服が無くなってしまうかも知れません。
そうならないためにも、他の一人暮らしの人達の平均的な洗濯の頻度を参考にし、快適な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの玄関をおしゃれに見せる5つの方法

玄関はお家の顔を言うように、そのお家の雰囲気がそのまま現れる場所です。一人暮らしの方だとなおさら、玄...

一人暮らしでインフルエンザにかかってしまった時の食事について

一人暮らしのときにインフルエンザにかかってしまったときには食事はどうしたらいいのでしょうか? ...

一人暮らしの台所が狭い問題こうしたら使いやすくなります

一人暮らしの狭い台所を使い勝手よくするにはどうしたらいいのでしょうか?物を置きすぎないことが一番です...

一人暮らしの休日の過ごし方。充実した一人の時間を楽しむ方法

一人暮らしの休日、あなたは充実した時間を過ごしていますか?一人だと、ついダラダラとしてしまい...

一人暮らしで自炊してるけど、メニューのアイデアに困っている

一人暮らしの人が節約をしたり、健康的な食生活を送りたいなら、自炊が一番ですよね。 しかし、自分一人...

ユニットバスにカーテンはいらない?カーテンの役割と必要性

ユニットバスについているカーテン、本当にいる?いらないのでは?と思ってしまいますよね。 1番の...

一人暮らしの部屋が寒い時に出来る対策は何があるか

一人暮らしをしていて楽しいことや困ることはたくさんありますが、その中でも「寒い」というのは、...

一人暮らしでも揚げ物を美味しく作るコツと油の処理方法

一人暮らしをしていると、揚げ物を揚げたくでも、なかなか一人分を揚げるというのはちょっと面倒に感じるこ...

一人暮らしの通販の受け取り方!生活スタイルにあった受け取り方

一人暮らしの通販の受け取り困っていませんか?時間を指定しても、いつもならいるのに、たまたま出...

一人暮らしの揚げ物の油の処理方法!保存のポイントや捨てる目安

一人暮らしをしていて揚げ物をしてみたいけど油の処理がわからないから挑戦できないという人もいるのではな...

一人暮らしにタンスは不要!狭い部屋の上手な洋服収納のコツ

これから一人暮らしを始る場合には、新しい部屋で揃えるものをいろいろとリストアップしますよね。 必要...

一人暮らしは、お皿はどのくらいの枚数が必要なのか

一人暮らしを始める時は、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電ばかりに目が向きがちですが、ご飯を食べ...

1人暮らしで自炊をする時におすすめのメニューを知りたい

1人暮らしで自炊をしている人は、自分好みの料理を作るため、ついついメニューがマンネリになりがちです。...

一人暮らしのワンルーム!狭いキッチンで鍋を上手に収納する方法

一人暮らしだとワンルームで生活している方が多いですよね。キッチンもわずかなスペースしか確保されていな...

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫選び。自炊派なら野菜室付き

これから一人暮らしを始めるという方は、どんな冷蔵庫を選べば良いのか、容量はどれくらいのサイズが使いや...

スポンサーリンク

一人暮らしの人達が洗濯する頻度ってどれくらい

一人暮らしの人は、洗濯するものも一人分なので、なかなか洗濯物が溜まらず、その頻度に悩みますね。

また、一人暮らしだと、全ての家事を自分でこなさなくてはいけないので、洗濯をする時間が十分にとれず、タイミングがつかめずにいる方もいるでしょう。

まずは、一人暮らしの方の洗濯のパターンを見てみましょう。

  • 週に一回
    一人暮らしだとなかなか洗濯機いっぱいの洗濯物はたまりません。
    そのため、休日や時間に余裕がある時に、まとめた洗濯物を一気に片付けてしまう方法を取る一人暮らしの方は多いです。
    一週間溜める位がちょうど良く水道料金もかからない、というのがメリットです。
  • 二、三日に一回
    週に一、二回洗濯をするメリットは、衣類が溜まりすぎないので、適度な量を保てること。干す時間も、たたむ時間も、さほどかからずに作業ができます。
    一人暮らしの方の多くが二、三日に一度の洗濯方法を取り入れているようです。
  • 毎日
    毎日洗濯をする方は、きれい好きな方ですね。
    その日の汚れをその日のうちに落とすことができるので、衣類を清潔に保てるのがメリットですが、水道代などの公共料金は、週に一回洗濯をする人に比べると多くなります。

一人暮らしで洗濯の頻度が毎日ではない人への注意点

一人暮らしの場合には、毎日洗濯をする人は少なく、二、三日に一回もしくは一週間に一回という方が圧倒的に多数です。

しかし、洗濯物を溜め込んでしまうと、生乾き臭や雑菌の繁殖、汚れ残り、などのデメリットも生じます。
ここでは、このような洗濯のデメリットを防ぐための対策についていくつか紹介します。

付着した汚れはその日のうちに取る
服についたシミや、目につく汚れは、その日のうちに部分洗いをしておきましょう。
洗濯洗剤を付けて擦ったり、場合によっては浸け置きしておくことも大切です。
汚れは時間が経つと落としにくくなるので、染み込む前に撃退しましょう。

洗濯かごを使おう
洗濯物を溜める時に、洗濯槽の中に入れている方が多いです。
しかし、湿気が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすい洗濯槽の中に洗濯物を放置しておくのは、不衛生。洗濯をしても、雑菌や嫌な臭いが残ってしまう可能性があります。
通気性の良いかごを用意して、衣類は洗濯をする直前まで、洗濯機から出しておくことが大切です。

洗剤の使用量を守る
洗剤は、多ければ多いほど汚れが落ちると思っている方はいませんか?
実は使用量を越える洗剤の使用は、悪臭の原因になったり、洗剤が衣類に残ってしまったりと逆効果になる可能性が高いです。
正しい使用量を確認して、適正量での洗濯をしましょう。

すぐに干す
洗濯完了のアラームが鳴ったら、洗濯物を洗濯機からすぐに取り出し、干しましょう。
洗濯槽に放置された洗濯物には、雑菌が繁殖しやすいので、洗い終わったらすぐに干すのがポイントです。

一人暮らしで洗濯をするなら、頻度だけではなくここにも気をつけよう

洗濯物を外に干してから仕事に出かけるという方は、注意が必要です。

洗濯物を外に干す場合には、洗濯物を取り込む時間がとても大切。
朝、仕事に行く前に外に干した洗濯物は、昼過ぎにカラっと乾燥し、夕方になると再び湿り始めます。
そのため、外干しした洗濯物は夕方には取り込むことが大切!
しかし、一人暮らしの場合には、このタイミングで取り込むのは難しいですよね。

その場合には、外ではなく、部屋干しするのがおすすめ。
外に干したほうが殺菌効果も、洗濯物の清潔さもアップするような気になりますが、正しい時間に取り込めないのであれば、部屋干ししたほうが良いです。

部屋干しするなら、おすすめなのは夜。
帰宅したらすぐに洗濯機を回して、眠る前には洗濯を済ませましょう。
乾燥する夜であれば、乾燥防止に寝室に干すのもおすすめですし、入浴後の浴室に干す方法もニオイ移り防止などに効果的です。

乾燥機付の洗濯機がある方は、一気に乾燥まで完了させてしまえば、洗濯する時間は限定されないので良いですね。

コインランドリーやクリーニング店も、上手に活用していきましょう。
プロに任せることで、洗濯物が綺麗に整うだけでなく、時間や天候に左右されること無く、洗濯物を仕上げることができるので、便利です。
暮らしの中に、自分の生活スタイルに合った、洗濯のルーティーンをはめ込んでいきましょう。

洗濯の時はこんな干し方をするのがおすすめ

時間がない一人暮らしの方にとって、洗濯を干す時間はできるだけ短く済ませたいですよね。

しかし、雑に干してしまうと、洗濯物がシワだらけになったり、生乾きだったりして、結局二度手間になってしまうこともあります。

できるだけ時間をかけずに、完璧に洗濯物を仕上げる干し方について、いくつかアドバイスをします。参考にしてください。
  • シワの伸ばし方
    脱水の時間を短めにすると、余計なシワが付きづらいです。
    また、服を叩いてシワを伸ばすと時間がかかりますが、一度服を濡れたまま畳んで、高く積み重ねた物をひっくり返し、下になった洗濯物から順に干していくと、シワが自然と伸びているので、手間がかかるように見えるかもしれませんが逆に時短になります。
  • 厚手のものは裏返す
    ジーンズやパーカーなど、ごわごわした衣類は、裏返してから干すと乾きやすいです。
    ポケットが外側に出るので、しっかり乾燥でき、履いてみたら生乾きだった…ということがありません。
  • 衣類に空洞を作る
    ハンガーの厚みを利用して、服の中に空洞ができるように干すと、乾きが早いです。
    パーカーのフードを背中部分から離して洗濯ばさみで留めたり、ズボンのウエスト部分を開いて干したりと、いろいろな工夫が出来ます。
  • 間隔をあける
    洗濯物は、間隔をあけて、風が通るように干すことを意識しましょう。
    長いもので短いものを挟むような、アーチ干しをすることで、より通気性がよくなり、乾燥を早めてくれます。
  • アイテムを併用する
    梅雨の時期や洗濯物が乾きづらい、生乾き臭が気になる時期には、扇風機や除湿機などを使用して空気の循環を良くしましょう。
    洗濯物の下にクシャクシャにした新聞紙を敷いておくと、新聞紙が余計な湿気を吸い込んでくれるので、乾きが早くなりますよ。

ちゃんと洗っているのに洗濯物から臭いがする時は

洗濯機で洗ったばかりの洗濯物から、嫌な臭いがする時もあるかもしれません。
このような時に考えられるのは、次の2つの原因。
それぞれの対策についても解説するので、洗濯をする時の参考にしてみて下さいね。

洗濯槽の汚れ
洗濯槽の汚れは、自然と溜まっていきます。
定期的な洗濯槽の掃除で、洗濯槽に生えたカビや汚れを取り除きましょう。
洗濯槽の掃除専用の洗剤や、過炭酸ナトリウムなどを使って掃除ができます。
また、普段洗濯機の蓋を閉め切っている方は、常時開けておくようにしましょう。
洗濯槽内に湿気が溜まりにくくなるので、カビの発生をある程度防ぐことができます。

衣類に染み込んだ汗などの汚れ
衣類に染み込んだ、汗や皮脂、食品カスなどの汚れが、嫌な臭いの原因になっていることもあります。
洗濯機に入れる前に手洗いをしたり、お湯洗い、洗剤を使った浸け置き洗いなどを試してみてください。
使っている洗濯洗剤の見直しも必要です。
消臭、殺菌効果の高い洗剤や、酸素系漂白剤を使用して、嫌な汚れを根本から分解しましょう。
アイロン、衣類乾燥機、布団乾燥機などを使った熱殺菌もおすすめです。
衣類の素材によっては、熱に不向きなものもあるので、洗濯表示を確認してから行うように注意して下さい。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666