注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしでベッドか布団かを決めるときの選ぶポイントを紹介

一人暮らしでは例え部屋が狭くても寝るためのスペースを確保しなくてはなりません。
このとき、ベッドにするか布団にするかを悩む人もいるでしょう。
その判断の基準は人それぞれによっても違いますし、使用するメリットもあります。

そこで、一人暮らしでベッドか布団かを決めるときのポイントについて、部屋の広さで判断することやベッドを使用するメリット、また布団を使用するメリットや布団を快適に使うためのポイントなどお伝えしていきましょう。

これまで、ベッドを使ってきた人が布団にすると不便に感じることもあるかもしれません。ぜひこちらを参考に、あなたの部屋の広さや生活習慣などによってどちらにするか選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの玄関をおしゃれに見せる5つの方法

玄関はお家の顔を言うように、そのお家の雰囲気がそのまま現れる場所です。一人暮らしの方だとなおさら、玄...

ユニットバスの収納術!おしゃれで機能的な収納アイデアをご紹介

狭いユニットバスで悩むのが収納方法ですが、できれば見た目もおしゃれに収納したいもの。 そこで、バス...

1人暮らしで自炊をする時におすすめのメニューを知りたい

1人暮らしで自炊をしている人は、自分好みの料理を作るため、ついついメニューがマンネリになりがちです。...

一人暮らしにぴったりな土鍋の大きさとサイズを選ぶポイント

一人暮らしで土鍋が欲しいと思った時、真っ先に悩むのが「大きさ」ではないでしょうか。 あまりにもサイ...

貧乏でもおしゃれがしたい!お金をかけないファッション術

貧乏でもおしゃれに見せたいときには、どうしたらいいのでしょうか。頑張ってお金を貯めて服を買うのもいい...

一人暮らしはスーパーの惣菜を活用!ストレスフリーな食費節約術

一人暮らしをしている人の中には、仕事が忙しくてなかなか時間が取れず、いつも外食やコンビニ・スーパーの...

一人暮らしの収納ポイント!狭いキッチンを使いやすくする工夫

一人暮らしのキッチンは狭い場合が多く、収納スペースも限られています。 節約のために自炊をし...

一人暮らしにこたつが必要なパターンとなくてもOKなパターン

これから一人暮らしを始める方にとって、こたつが必要かどうか、悩む方は少なくないようです。実家にいた時...

一人暮らしの夕飯は何にする?大学生におすすめな節約レシピ

大学生の一人暮らしの夕飯、ついついインスタントばかりになってはいませんか?ご飯を食べて寝ているのに疲...

一人暮らしの台所が狭い問題こうしたら使いやすくなります

一人暮らしの狭い台所を使い勝手よくするにはどうしたらいいのでしょうか?物を置きすぎないことが一番です...

一人暮らしの風邪はつらい!もしもの時の備えや予防対策を紹介

一人暮らしで風邪を引いてしまうとやっぱりつらいです。例えば、食べるものがなければ熱があるのに買い物を...

一人暮らしの食器の収納方法。棚やシンク下にスッキリな収納

一人暮らしを始める準備はお済みでしょうか? 自炊をする人もしない人も、ある程度の食器は必要になると...

一人暮らしをアパートで始める女子大生のためのインテリアのコツ

一人暮らしを始める女子大生は「少しでもおしゃれなインテリアにしたい。」そう思っているのではないでしょ...

一人暮らしの冷凍庫を整理整頓!メリットやコツ・アイデアを紹介

一人暮らしをしている女性の中には、冷凍庫の中が整理できずに頭を悩ませている人もいるのではないでしょう...

自炊を始めたい女性のための簡単に栄養を摂れるメニューをご紹介

一人暮らしの人は栄養が偏りがちですが、改善するために自炊しようと思っても料理が苦手だと諦めてしまうの...

スポンサーリンク

一人暮らしでベッドにするか布団にするかは部屋の広さで判断

一人暮らし向けの物件となると、どうしても十分な広さを確保することは難しくなるものです。ワンルームや1DKといった間取りの部屋にベッドを置いてしまうと、その分だけ使えるスペースが少なくなってしまうため、ベッドの代わりに布団にしようかと考える人も多いことでしょう。

私が初めて親元を離れた際は、友人と2人でアパートで生活をしていたのですが、間取りの関係上、四畳半の和室に無理やりベッドを置くという選択をしてしまったばかりに、狭い部屋がベッドで埋まってしまったという経験があります。立地と家賃と部屋数だけで安易に選んでしまったため、四畳半にベッドを置くという暴挙に出てしまったわけですが、今となっては、ベッドを置かずに布団にしておけば良かったのではないかとも思えます。

部屋に荷物を入れる前の段階では、狭い部屋でも意外と広く感じるものですが、実際に家具や荷物を入れてみると、予想以上に狭く感じてしまうものです。

寝室が分かれていたり、ある程度広い間取りでない場合は、まずはベッドを置かずに布団で生活してみるという選択肢もあります。そのうえで、やはりベッドが必要だと感じたら、その時点であとからベッドを置いてみるというのはいかがでしょうか?

一人暮らしはベッドの方が収納もできるし、布団の上げ下ろしがないのがラク

部屋が狭くなってしまうことを考えたとしても、それでも一人暮らしの部屋にベッドを置くメリットは数多くあります。

一人暮らしの部屋にベッドを置くメリット

  • 収納場所が増える
  • 身体に負担がかかりにくい
  • 布団をしまう手間がかからない

一人暮らしの部屋にベッドを置くと、部屋が狭くなってしまうのは仕方のないことなのですが、ベッドには寝る場所として以外にも、収納場所として活用するという方法もあります。ベッドの下に引き出しが付いていたり、ベッドの床板の下がまるごと収納スペースになっているタイプを選べば、クローゼットに入りきらなかった衣類などの収納場所も確保できます。

実際に我が家のベッドもこのタイプなのですが、シーズンオフの衣服やカーペットなどを収納できるだけの十分な広さがあり、とても役立っています。また、ベッドの下に空間があるタイプの場合は、そこに衣装ケースを置くこともできます。

そして、これはとくに普段から腰痛持ちの人にオススメな点として、布団よりもベッドのほうが寝起きがラクだというメリットもあります。

ベッドか布団かで迷っている人が一番気になるのは、毎日布団をたたむ手間がかかるという点ではないでしょうか?布団を床に敷きっぱなしにしてしまうと、カビやダニの温床になりやすいため、どうしても毎日たたむ必要が出てきます。
その点、ベッドは布団の上げ下ろしをする必要もありませんので、やはりそのラクさを考えると、ベッドにしたほうが良いと考える人が多いのにも頷けます。

ベッドよりも布団の方が一人暮らしの部屋のスペースもレイアウトも楽しめる

ベッドを置くことのメリットはいくつもある反面、やはり一人暮らしの部屋がより狭くなってしまうのが気になるという人も多いですよね。ここでは、布団を使うことに対してのメリットについても触れておきましょう。

一人暮らしでベッドではなく布団を使うメリット

  • 部屋を広々と使える
  • 布団を干すことが可能
  • 模様がえや引っ越しがラクに済む

布団を使う最大のメリットとしては、やはり部屋を広く有効に使えるという点でしょう。寝る時以外はたたんで収納してしまうこともできて、邪魔にならないため、たとえば大人数の来客があった時にも座る場所に困らなくて済むでしょう。

ベッド用のマットレスだとそう簡単には干せませんが、一人暮らしで使うシングルサイズ程度の布団でしたら、一人でも簡単にベランダに干すことが可能ですので、布団に溜まった湿気を取り除いて、より快適に眠ることができます。

一旦部屋にベッドを置いてしまうと、なかなか気軽に部屋全体の模様がえもできなくなってしまいますが、布団だといつでも思いついた時にすぐ模様替えができるだけでなく、次に引っ越す時にも大きな家具がないと非常にラクですよ。

一人暮らしで布団を快適に使うためのポイント

布団を快適に使い続けるためには、日々のお手入れを怠るわけにはいきません。逆に言うと、このお手入れを疎かにしていると、快適に眠れないだけでなく、健康を害することにもつながりますので、手間をかける自信のない人は、はじめからベッドを選んでおいたほうが無難だということになります。

実家ではすべて親がやってくれていたことでも、一人暮らしともなればすべて自分がやらなければなりません。部屋に布団を敷いて生活するのであれば、より快適に過ごすためにやらなければならないこと、それは「布団を干すこと」です。

ひとことで布団と言っても、使われている素材によって扱い方は違ってきます。その中でも一番扱いやすくて手間がかからないのは、羽毛ふとんです。羽毛は空気を取り込んで暖かさを逃しにくいというだけでなく、湿気を吸い込みにくいという特徴があります。
通常であれば一ヶ月に一度程度、風通しの良い日陰に干すことで、ふんわりとして快適な状態をキープすることができます。

なるべく布団に湿気を溜めないようにするためには、敷布団の下に除湿シートやスノコを敷くことをオススメします。また、頻繁に布団を干すことができない場合は、定期的に布団乾燥機を使用するという方法もあります。

生活習慣や好みに合わせてベッドか布団かを選びましょう

一人暮らしの部屋でベッドと布団のどちらを使うのかは、やはりケースバイケースと言えるでしょう。ベッドを置くほどの広さがあるかどうかや、収納やソファー代わりとして使いたいなど、人によってどちらのほうが自分の生活に合っているのかを考えてみることが重要となります。

実家ではベッドで生活してきたという人にとっては、ベッドを置かないという選択肢はないかもしれませんが、ベッドにはベッドの、布団には布団の良さがあります。いきなり大きなベッドを置いてしまう前に、自分にとってどちらがより快適に過ごせるのか、よく考えてみることをオススメします。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666