注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの食器の収納方法。棚やシンク下にスッキリな収納

一人暮らしを始める準備はお済みでしょうか?
自炊をする人もしない人も、ある程度の食器は必要になると思います。

特に自炊をする機会が多い方は、食器が多くなってしまうでしょう。
そんな食器はどこにどうやって収納すると良いのでしょう。

そこで今回は、一人暮らしの生活の食器の収納方法について紹介します。

キッチンにはほとんどの場合、シンクの下に収納スペースがあると思いますし、備え付けの棚もあるでしょう。
食器の数が少ない場合は、そこで十分収納することが出来ます。
少ないといってもゴチャゴチャしがちな食器をスッキリと収納する方法も紹介します。

鍋やフライパンで食器が収まらないという場合には、まずは小さめの食器棚があると便利です。

冷蔵庫の上もうまく使って収納スペースに活用しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが怖い女性の物件の選び方と防犯対策・注意点を解説

一人暮らしをすることになった女性の中には、一人暮らしを怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。...

一人暮らしのご飯が簡単なるアイデアについて知りたい

一人暮らしだと、ご飯のメニューは自分の食べたいものをなんでも作れば良いので簡単だと思われます。 し...

一人暮らしの人がタオルを洗濯する頻度はどのくらいなのか

一人暮らしの人でよくあるのが、お風呂上がりに使うバスタオルを一度ではなく、乾かして二度使うことです。...

一人暮らしの玄関の狭いスペースを上手に活用して収納しよう

靴をたくさん持っている一人暮らしの女性にとって、狭い玄関にどう収納するかが悩みの種でしょう。 ...

一人暮らしの部屋にこたつとホットカーペットのどちらを置くか

一人暮らしの部屋が寒いと感じた時に役に立つのがこたつやホットカーペットですよね。 しかし、それぞれ...

一人暮らしの食費。1週間でかかる平均金額と理想と節約術

一人暮らしでついかかってしまうのが食費という方も多いでしょう。 皆さんは1週間を、どのくら...

自炊を始めたい女性のための簡単に栄養を摂れるメニューをご紹介

一人暮らしの人は栄養が偏りがちですが、改善するために自炊しようと思っても料理が苦手だと諦めてしまうの...

一人暮らしだと夕飯の支度が面倒!試してもらいたい自炊方法

一人暮らしだと夕飯を作るのが面倒だと感じることありますよね。家族がいても主婦は毎日の献立に頭を悩ませ...

一人暮らしの人がスーパーに行く頻度はどのくらいが良いのか

一人暮らしの人が節約をするなら、自炊が一番と言われていますよね。 そのためにスーパーへ行っ...

一人暮らしの暇な夜の対処法!一人の時間を有効的に楽しむコツ

一人暮らしをしていると暇だと感じる夜もあるでしょう。そんなとき、ふと寂しさを感じる人もいるのではない...

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズと地域のゴミ事情についてご紹介

一人暮らしは初めての事だらけ!ゴミ捨てだって、まずはゴミ袋のサイズに迷ってしまうのではないでしょうか...

一人暮らしを始める人におすすめのロフトベッドのレイアウト

これから一人暮らしを始める人は、狭い部屋でどう快適に過ごすかについて考えるのではないでしょうか。 ...

一人暮らしの狭い部屋をおしゃれに見せるインテリアのルール

これから一人暮らしを始めたいと思っている方も多いと思います。一人暮らしの場合には、お部屋もコンパクト...

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫選び。自炊派なら野菜室付き

これから一人暮らしを始めるという方は、どんな冷蔵庫を選べば良いのか、容量はどれくらいのサイズが使いや...

一人暮らしでベッドか布団かを決めるときの選ぶポイントを紹介

一人暮らしでは例え部屋が狭くても寝るためのスペースを確保しなくてはなりません。 このとき、ベッドに...

スポンサーリンク

一人暮らしの食器の収納場所と収納方法

一人暮らしの部屋は狭い場合が多いので、ベッドやテーブルなどの必要な家具を置いたら、それだけでスペースが無くなってしまうのではないでしょうか。自炊をする人なら食器棚も欲しいところですが、部屋に食器棚まで置くスペースがない場合もあります。

食器は食器棚に収納するものと考えてしまいますが、キッチンにある収納場所に食器をしまうこともできます。キッチンに食器があると、料理をしながらすぐに取り出すことができるので使いやすくなります。

キッチンのシンクの下にある収納場所は広くてたくさん収納できるところです。このスペースを効率よく使って、できるだけたくさんの調理道具や食器を収納るようにしましょう。

シンク下の収納場所に使いやすいラックが販売されています。棚を作ることでより多くの物を収納することができます。鍋やボウルを積み重ねて収納しなくても済みますので、取り出しやすくなります。

食器だと積み重ねることで取り出しにくくなるのはもちろん、食器が割れたり傷をつけてしまうことがあります。食器はひとまとめにして収納し、他の調理道具とぶつかることがないように食器用のスペースを確保してください。

一人暮らしの食器の収納とアイテムを使った収納方法

一人暮らしの食器を収納する場合に大切なのが、積み重ねすぎないことです。

食器は形が大きさが様々なため、適当に積み重ねてしまうと割れたり欠けてしまうこともあります。食器は同じ大きさや形でまとめるようにしてください。
収納するときも、使用頻度の高い食器は手前に置き、あまり使わない食器や大きい丼のような食器を奥の方に収納してください。

食器をより多く収納するには、同じ種類でまとめることもポイントです。

皿なら皿だけで積み重ね、ボウルや小鉢など深さのある器も同じ形でまとめます。重ねて収納するとより多くの食器を収納することができます。皿も大きいサイズを下に、小さいサイズを上に重ね、角皿や丸皿といった形で分けておきます。茶碗とお椀はセットで使う場合が多いのでひとまとめにして収納し、ボウルならシリアルボウルのような洋食器と、小鉢類の和食器で分けてまとめると良いでしょう。

同じ形で揃えると、数を多く収納することもできますが、必要な食器がすぐにわかり取り出しやすくもできます。
収納スペースに余裕がある場合は、洋食器と和食器で分ける他、色ごとにまとめるとスッキリとした収納になります。

食器を収納するときはカゴやボックスなどを上手に使って収納してください。

食器を収納スペースの高さまで積み重ねると、下にある食器は取り出しにくくなり、食器に傷をつけてしまう原因にもなります。ボックスなどを上手に利用して仕分けながら収納するようにしてください。
例えば、ファイルボックスなら皿を立てて収納することができます。皿の種類ごとにファイルボックスを用意して収納すると良いでしょう。ファイルボックスは背の高いグラスの収納にも便利です。

シンク下の収納場所には、ラックを用意して棚を作ると収納しやすくできます。

シンク下用の専用のラックが販売されています。収納スペースに合わせて幅を調節することができて便利です。収納場所の高さに合わせて2段、3段と選んでください。

一人暮らしに必要な食器の数や種類

食器が収納しきれずに溢れてしまう、片付かなくて困っている場合は、食器の数を見直してみましょう。

一人暮らしならそれほどたくさんの食器を用意しなくても十分な場合が多いです。

料理が好きでたくさん品数を作る人でも、一度の食事で食べられる量は限られています。品数の分だけお皿や小鉢を用意するのではなく、大きめの皿にいろいろなおかずを盛り付けるなどすれば、使う食器を少なくすることができます。洗い物も少なくすることができますよね。

一人暮らしで必要な食器ですが、まずはお茶碗とお椀は必要ですよね。おかずを盛り付けるための食器として直径16~20センチ程度の平らなお皿が数枚、副菜用の小鉢が2~3点、丼や麺類を食べるための大鉢、カレーライスを食べるときに便利な少し深さのある大きめのお皿です。あとはグラタン用に耐熱の食器、スープやシリアルに丁度よいボウルがあると十分です。大きめのお皿があると、ワンプレートに盛り付けることができます。
一人暮らしでもグラスやカップ、湯呑なども使いますし、友人を招いた時に使うお皿やカトラリーも必要です。

普段使いの食器の他に少し余分に用意することを考えると、食器はシンプルに少なめにしておいた方が良いでしょう。

一人暮らしでも食器が多い方やしまい切れない食器の収納方法

キッチンの収納スペースだけでは食器が収まりきらない場合は、一人暮らしでも食器棚が必要になってきます。

食器棚というと大きめのものを想像し、部屋に置くスペースがないと考えてしまうかもしれませんが、食器棚にはいろいろサイズがあります。一人暮らしで部屋があまり広くない場合ならミニ食器棚がおすすめです。ミニ食器棚は幅が50~60センチ程度で、棚の上に置くことができるサイズです。キッチンやリビングのちょっとしたスペースに置くことができるので、普通の食器棚を置くスペースがない人でも心配ないのではないでしょうか。

小さめのサイズでも棚がついているので、見た目よりもたくさん収納することができます。扉がついているのでホコリが被る心配もありません。普段使いの食器の収納でも良いですが、コーヒーカップやケーキ皿といった来客用の食器の収納に使うのも良いですよね。デザインや色もいろいろありますので、インテリアに合わせて選ぶことができます。コンパクトなので値段も高くなく、気軽に購入することができますよ。

食器棚を増やさずになんとか収納したいという場合は、あまり使わない食器を箱に入れて、クローゼットなどの空きスペースに収納しておくのも手です。来客用の食器などは普段は使わないものなので箱に入れて収納し、使う時に箱から出して用意しておきます。

普段よく使う食器なら水切りラックにそのまま置いておクのも良いでしょう。水切りラックの中が食器で山になっていると見苦しいですが、少ない数の食器だけなら気になりません。

収納が少ない一人暮らしは冷蔵庫の上も上手く活用

キッチンが狭くて収納場所も少ないのなら、冷蔵庫の上も食器の収納に使うことができます。

一人暮らしなら冷蔵庫もそれほど大きなサイズではありませんよね。小さめの冷蔵庫だと低めで手が届く高さなので、冷蔵庫の上に収納棚を設置すると良いでしょう。冷蔵庫の上に置くことができる小さめの収納ラックも良いですし、洗濯機ラックのようなタイプもあります。キッチンに余分なスペースがなくても冷蔵庫の上だと問題なく設置できますし、冷蔵庫なら調理台のすぐ近くにあるので料理中でも便利です。棚の上にはオーブントースターのような小さめの家電を置くこともできますし、ミニ食器棚を置くこともできます。食器の収納場所にもちょうど良いでしょう。

冷蔵庫ラックに食器を収納する場合は、ミニ食器棚のような小さめの棚を置いてから中に食器を収納しても良いですし、カゴやボックスを用意して、その中に食器を入れてからカゴごと冷蔵庫ラックの棚の上に置くと便利です。必要なときはカゴごと取り出します。

カゴやボックスを使って収納する場合は、アイテムごとでまとめると便利になります。

例えば普段使いの食器だけをひとまとめにしたり、湯呑と急須だけを入れてお茶セットにします。上に布巾をかけておくとホコリが被る心配もありません。
収納に使うカゴやボックスは同じシリーズでまとめると、見た目も統一感が出てスッキリとします。
キッチンが狭いと収納方法にも工夫が必要です。できるだけ多くの食器を収納できることはもちろん、使いやすさも考えて収納してくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666