注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの生活費平均と節約術!お金をかけない生活をする方法

一人暮らしをしている人の中には、自分の生活費が平均に金額よりも高いのではないかと感じている人もいるのではないでしょうか。

節約をしたいと思っても、実際にどんなふうに節約をすれば良いのかわからない人もいることだと思います。

ここでは、20代の生活費の平均と、節約方法についてお伝えします。平均の金額を知ることで、自分の生活がどのくらいなのかをチェックしてみましょう。

節約方法を実践することで、お金のかからない生活ができるようにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生活費を10万円以内に収めるなら?内訳や節約のポイント

生活費を10万円でやりくりするにはどのような内訳となるのでしょうか?住居費を除いた生活費で10万円以...

金がない!どうする?今すぐどうにかしたい時の対処法と改善策

お給料日前になると大体お金がない。毎月その状況をどうするか、どうやって乗り越えればいいのかわからずに...

一人暮らしが辛いと感じる社会人へ。辛く感じる瞬間と対処法

社会人になるのと同時に、一人暮らしを始める方も多いものです。一人暮らしを始めた頃には、実家よりも時間...

一人暮らしでも湯船に浸かりたい!水道代の平均と節約方法を解説

一人暮らしをしている女性の中には、お風呂に入る際に湯船にゆっくりと浸かることが至福のひとときだと...

一人暮らしの外食派でも安い食費に出来るのか

一人暮らしをしている人達の中で、ご飯は外食にするか自炊にするかの2通りがあると思います。 ...

一人暮らしはできる?大学生が仕送りなしで一人暮らしをする方法

めでたく大学に合格し、大学生としての生活をスタートさせる人の中には、一人暮らしをしたいと考えている人...

生活費の平均はいくら?夫婦二人暮らしの生活費を節約する方法

夫婦二人の生活、生活費はどの位かかっているか知っていますか?新婚のうちは何かと出費が多く、生活費がか...

一人暮らしを始めるときは貯金を!一人暮らしの諸費用と節約術

これから一人暮らしを始める予定の人の中には、一人暮らしをするにあたってまず貯金から始めようと考えてい...

一人暮らしで選ぶならガスコンロとihどっち?料金などを比較

一人暮らしを始める時、台所の調理器具をガスコンロにするかIHにするか、迷ってしまいますよね。 ...

お金が無い人に多い特徴と生活費を節約するための見直しルール

いつも給料日前になると生活費がカツカツになり、お金のやりくりが大変という方も多いと思います。お金の無...

一人暮らしの電気代6000円学生では高い?高い原因と節電方法

一人暮らしをしている電気代が6000円だと、親から「電気代が高い!なんとかしなさい」と言われ...

一人暮らしで不安なお金のやりくり方法!節約・管理方法を解説

一人暮らしを始めようと思っている人の中には、自分のお給料できちんと生活をすることができるのか、不安を...

敷金礼金無しの物件は大丈夫?仕組みと注意点・良い物件の探し方

なるべく引っ越しにかかるお金を安くしたいと考え、敷金礼金無しの物件を借りようか悩んでいる人もいるので...

貧困女子を卒業するための一人暮らし女子向け賢い節約術

自分は貧困女子だと感じている女性も少なくないようです。毎日仕事に行っているのに、なかなか貯金が貯まら...

一人暮らしの水道使用量の平均を理解して、節水生活を始めよう

一人暮らしをしている人は、少しでも水道使用量を減らして水道料金を安くしたいと考えるのではないでしょう...

スポンサーリンク

一人暮らしの生活費の平均は13万円前後

一人暮らしをしていると生活費の全てを自分で負担することになるので、出来るだけ毎月の生活費を節約したいと考えている人は非常に多いです。漠然と節約したいと考えたとしても、そもそも自分の生活費が高いのかどうか、一人暮らしの生活費の平均はどのくらいなのかということがわからないと、具体的な節約はしにくいものです。

まずは一人暮らしとして必要な生活費の平均について知っていきましょう。
家賃の相場は、住んでいる地域によっても金額に大きな開きがあるので、ここでは家賃を含まない生活費について紹介していきます。

20代の一人暮らしの生活費には、平均約13万円前後のお金が必要です。

もちろん平均なので、ライフスタイルによって高くも安くもなります。

●食費

一人暮らしの食費は、毎月平均4万円くらいの出費になります。
一人暮らしで4万円だと少し高く感じるかもしれませんが、ここには外食費の含まれています。

外食の頻度が多い人と少ない人では、食費だけでも金額には差が出てきます。

節約を意識するのであれば、やはり断然自炊をした方が出費は抑えられるので、自炊を心がけると3万円未満に抑えることも可能です。

●光熱費

電気、ガス、水道の合計金額は、平均で7000円~1万円になります。
光熱費も住居環境によってオール電化なのか、都市ガスを利用しているのかなどの違いによって変動するので、自分のライフスタイルにはどの環境が適しているか確認してみてもいいでしょう。

●通信費

スマホやネットが必須になっている現代では、生活費に占める通信費の割合がどうしても大きくなりがちです。

一人暮らしであっても通信費に平均6000円~8000円くらいの出費があります。

●交通費

住んでいる地域によって公共の交通機関が発達しているのか、自家用車がメインなのかによっても金額は変わります。

公共の交通機関がメインだと、1万円以下が平均的な金額のようです。
自家用車を所有するとなると、燃料代の他に車両の本体代や税金、駐車場料金も必要になるので、毎月の平均額にすると高くなりそうです。

●交際費

20代は友人との付き合いや会社の付き合いで、交際費も1万円くらいは必要になりそうです。

周囲との人間関係が円滑に進むためのことなので、交際費はなかなか節約が難しいことでもあります。

●衣服費

衣服費は差が出やすい項目でしょう。
毎月洋服や靴を購入しないという人は、毎月の出費としては必要ありません。

しかし、仕事柄多くの洋服が必要という人は、衣服費の占める割合が多くなる傾向にあります。

●その他雑費

日用品や美容代、医療費などがここに含まれます。
2万円くらいが平均的な金額になるようです。

一人暮らしの生活費を平均より安くしたい!食費の節約方法

一人暮らしに必要な生活費やその項目について紹介しました。
食費が占める割合が一番多いですが、その分節約もしやすい項目です。
食費を節約するためのコツを見ていきましょう。

一人暮らしの生活費を下げるなら自炊を意識する

まずはなんと言っても自炊です。
一番簡単に取り組みやすく、すぐに結果も出ます。

外食は確かに楽で美味しい食事が食べられますが、その分どうしてもお金はかかります。
惣菜を買って家で食べるという方法もありますが、同じおかずを自炊で作れば半分程度の材料費で済みます。

お昼だけは外食や弁当を買うという方法もありますが、お弁当も手作りして持参するとここでも費用は抑えることが出来ます。

節約をするためには自炊は避けて通れません。

お菓子

特に女性の一人暮らしは、意外とお菓子代がかかっているようなのです。
ちょっとした空き時間や、家でゆっくりしているときなんかに、ついついお菓子に手が伸びてしまいますよね。

節約をするのであれば、一ヶ月に買うお菓子の金額を決めておきましょう。

家にないから買いに行くという方法では、実際にどのくらいお菓子にお金をかけているのかもわかりにくく、費用もかさみます。

お菓子は食費の中では娯楽費なので、限度を決めて買うようにしましょう。

店選び

一人暮らしだと近くて便利なコンビニを利用する頻度が多くなりがちです。

利用しやすく、品揃えも豊富ですが、一つ一つの商品はスーパーなどに比べると割高なことが多いです。

細かく節約していくなら、買い物をする店選びも意識しましょう。

一人暮らしの生活費を平均以下に!水道代の節約方法

一人暮らしだと生活費の全てを自分で負担することになりますが、その分節約もしやすく効果を表しやすいというメリットもあります。

家族全員が同じモチベーションで節約に取り組むことは、意外と難しく継続させることは大変です。
一人暮らしなら、自分の工夫次第で節約が実現出来るのです。

中でも光熱費は節約しやすい項目なので見てみましょう。

まずは水道代についてです。

水道代は地域や人口によって料金の差がありますが、一人暮らしの平均とすると一ヶ月2000円~4000円ほどの料金になります。

家賃や食費、他の光熱費と比べてみると安く感じる金額かと思います。
しかし毎月発生する料金なので、少しずつの節約が一年、二年と長い目で見ると大きな金額に積み重なっていきます。

水道代が発生している使い道は、浴室や洗い物、トイレが主になります。

一人暮らしで水道代を節約出来るポイントを紹介していきます。

浴室

浴室で一番取り入れやすい方法は、シャワーをこまめに止めることです。
使用するときだけお湯を出して、頭や体を洗っている最中はシャワーは止める、最初から最後までお湯を出したままにしていると、一度のシャワーで浴槽以上のお湯を使うことにもなります。

浴槽にお湯を溜める場合も、節約という考えから言うと、浴槽に目一杯溜める必要はありません。
浴槽の半分ほどの量でも十分体を温める入浴は出来ます。

無理のない範囲で心がけてみて下さい。

洗い物

食器洗いのときに、意外と多くの人が水を出したままにしているようなのです。
食器を洗っては流し、洗っては流しというやり方なので水を止めるタイミングがないそうです。

ではそのやり方を変えてみるとどうでしょう。
先に食器を全て洗い、後からまとめて流すようにするのです。

これなら洗っている間に水が出ていなくても支障はありませんし、その分もちろん水道代の節約にもなります。

水を出したままの洗い方をしている人は、見直してみて下さい。

トイレ

トイレは生活の中で最も水を使うと言っても過言ではありません。
一度に数リットルの水を使用していて、それを一日に何度もとなるとかなりの量になります。

水を流すときに、「大」で流しているのなら「小」に変えてみて下さい。
小でも問題なく流れますし、それでいて節約効果があるなら嬉しいですね。

電気代の節約で生活費を下げよう

次は電気代について紹介していきます。

一人暮らしの毎月の電気代の平均は、約3000円~5000円になります。
照明器具に家電製品、生活のあらゆる場面で電気を使用しているのですが、特に消費電力の多い家電製品は何だと思いますか。

消費電力の多い家電製品は冷蔵庫です。
テレビや洗濯機、エアコンなどの他の家電製品は、使用するときだけ電源を入れることが出来ますが、冷蔵庫はそうはいきません。
常に運転しっぱなしです。

また、冷蔵庫が特に電力を必要とする瞬間は食材を冷やすときです。

冷蔵庫の中に隙間なく食材が入れられていたり、温かいものをそのまま入れてしまうと、本来の温度まで下げようといつも以上に力を必要とします。
このときに同時に電気代も上がるので、冷蔵庫の温度を出来るだけ上げないように使用しましょう。

照明やテレビ、エアコンなど常時使用しているわけではない家電製品は、こまめに電源を切ったりコンセントを抜いて無駄な電力の使用は控えましょう。

コンセントを差したままの待機電力でも料金は発生しているので、使用するときにコンセントを差すという心がけは大切です。

電気代の節約だけではなく、地球にとっても優しい取り組みです。

生活費を平均以下にすしたいときはガス代も節約

最後にガス代について紹介していきます。

一人暮らしの生活でガスを使用する場面というと、料理をするときや風呂のときでしょう。

自炊は食費の節約に非常に大切ですが、その分ガスの使用頻度は多くなります。
これでは結局あまり節約になっていないの?と思うかもしれませんが、ガスの使用頻度が多くなっても自炊をした方が絶対節約になります。

実際料理で使用されるガスは、全体使用量の1割程度です。

その中でも節約をするためには

  • 火を大きくしない(鍋からはみ出た部分は無駄な火です)
  • 蓋を使って、熱の伝導率を高くする
  • 加熱したら火を止めて予熱で調理

ガス代の多くは風呂で使用されています。

シャワーからお湯を出すとき、浴槽にお湯を溜めるとき、水をお湯にするためにガスが使われています。

風呂で使用するお湯の量を減らせば、その分ガスの使用量も減らすことが出来るので、節水とガス代の節約は比例していると言えるでしょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666