注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

生活費を10万円以内に収めるなら?内訳や節約のポイント

生活費を10万円でやりくりするにはどのような内訳となるのでしょうか?住居費を除いた生活費で10万円以内に収めることはできるのでしょうか?

そんなに贅沢をしているわけではないのに、生活費が思っている以上にかかってしまう…子供が小さいうちはそれでやりくりができても食費や教育費など今よりもかからなくなるということはありません。

今のうちから、生活費を見直したり節約をする準備をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしは貯金なしでもスタートできる?最低限必要なもの

貯金なしの一人暮らしは可能なのでしょうか。 このような疑問で一人暮らしをなかなかスタートさ...

敷金礼金無しの物件は大丈夫?仕組みと注意点・良い物件の探し方

なるべく引っ越しにかかるお金を安くしたいと考え、敷金礼金無しの物件を借りようか悩んでいる人もいるので...

ネットをしない生活で得られるのはお金と時間と心の余裕

今やインターネットは当たり前の時代。 ネットをしない生活なんて考えられないと言う人も多いことでしょ...

一人暮らしの食費を2万円で暮らすために!頑張りすぎない節約術

一人暮らしで生活費を抑えたいという時には、まず食費の節約を考えると思います。一人暮らしの場合には、外...

貧乏学生でも満足できる食事をしよう!工夫やアイデアをご紹介

自分でアルバイトをしながら一人暮らしをしている貧乏学生の中には、もっと満足できる食事をしたい・食生活...

1ヶ月の生活費は?実家暮らしの大学生のお金事情、内訳を調査

大学進学を機に一人暮らしを始める大学生もいれば、実家から通う大学生もいます。 そこで親として気にな...

一人暮らしで食費を1万円以内に抑えるための節約ルール

一人暮らしで生活費を節約したいという時に、まず考えるのが食費です。外食が多めという方はまずは外食をで...

一人暮らし向け水道光熱費の節約方法。節約のための簡単テク

毎月必要な水道光熱費を少しでも節約したい、そう考える方は多いと思います。 そこで、一人暮ら...

生活費を5万でやりくりはできる?一人暮らしの節約術を紹介

一人暮らしの生活費を家賃以外を5万円でやりくりすることはできるのでしょうか? 家賃同様、生活費...

一人暮らしでお金ない社会人を卒業!節約で貯金する方法を解説

一人暮らしをしている人社会人女性の中には、「お金ない、貯金ができない」と嘆いている人もいるのではない...

一人暮らしの貯金の目安と貯金を成功させる秘訣・節約方法を解説

一人暮らしをしている人の中には、貯金をしようと思ってもなかなか思うように貯金ができなことに、頭を抱え...

一人暮らしのお金を平均より安く!生活費の節約方法と賢い貯金術

一人暮らしをしている人の中には、なかなかお金を貯めることができずに悩んでいる人もいるのではないでしょ...

一人暮らしに必要な資金は?最低資金と少しでも安くするポイント

子供が大学に通うので一人暮らし。そのためにはどの位の資金が必要となるのでしょうか?親としては授業料な...

一人暮らしで使う暖房器具を節約する方法を知りたい

一人暮らしで気になるのが、電気代や水道代などの生活費です。 他に住んでいる人がいるのなら、...

生活費が足りない時は家計簿をつけて旦那と話そう!家計管理方法

毎月の生活費を旦那からもらうお金の中でやりくりしているという奥様もいるのではないでしょうか。旦那がく...

スポンサーリンク

生活費10万円の内訳とは?毎月かかるもの

毎月の生活費、少しでも出費を減らしたいと考えている家庭は多いと思います。
家計簿で生活費の把握をしたり、事前に項目ごとの予算を決めるなど、生活費の節約に向けて工夫している主婦の方もたくさんいます。

しかし、生活費を思うように減らすことが出来ない、と悩んでいる方も多いのです。特に無駄遣いをしている意識がなければ、これ以上なにを節約したらいいのかわからないものです。

生活費10万円という明確な金額を提示しますが、この10万円という予算は生活費のやりくりが可能な金額なのでしょうか。
まず家賃以外の生活費には、どのような項目があるのか見てみましょう。

毎月の生活費としての内訳

  • 食費
  • 光熱費
  • 日用品
  • 通信費
  • 保険料

これらの生活費は毎月のように必要になるでしょう。

  • 医療費
  • 交際費
  • 娯楽費
  • 衣服費
  • 美容費

毎月ではなくても視野に入れておきたい項目です。

子供が小さいうちは教育費としての出費はほとんどありませんが、学資保険に加入している家庭もあるとは思います。
学資保険は家庭状況によっても異なると思うので、加入している場合は保険料として計算して下さい。

生活費10万円の内訳でも子供が小さいうちはなんとかなる

子供がいる家庭であっても、子供が小さい場合は生活費10万円でのやりくりは可能な金額です。

子供が小さければ食費や教育費はそれほどかかりませんし、地域によっては医療費が免除されることもあります。
それほどまとまった大きな出費は、子供が小さいうちはほとんどありません。

全ての内訳を合計しても、やり方次第で10万円以内にすることは出来ます。

可能な金額ではありますが、節約の意識なくお金を使っていると到底達成出来ない金額でもあるので、どこにどれだけの金額を使うかあらかじめ明確に決めておくべきです。

  • 食費  40000円
  • 光熱費 15000円
  • 日用品  5000円
  • 通信費 10000円
  • 保険料 15000円

目安として設定した金額ですが、ここまでの合計が8万5千円です。
10万円まであと1万5千円なので、不定期に出費が見込まれる医療費や交際費などはこの範囲に抑えるように出来れば、生活費10万円以内での暮らしは実現します。

特に食費は変動しやすい項目なので、自炊をメインにすると4万円よりも安く済ませることも出来ますし、反対に外食が多くなると4万円では足りなくなるので油断大敵です。

生活費を10万円以内にするなら内訳から節約できるところを見つけましょう

毎月の生活費を10万円以内に抑えることは不可能ではありません。
ただし、節約出来るところを見つけなければ、あっという間に10万円は超えてしまうので注意して下さい。

食費の節約

先ほども説明したように、食費は一番変動しやすい出費です。ですが意識次第では、一番節約出来ることでもあります。

まずは自炊をメインにすることです。

子供が小さいと、子供から目を離すことが出来ず料理一つも大変です。それでも家計のことを考えるなら、自炊を頑張って頂きたいです。時間がないときや疲れているときは、手の込んだ料理やたくさんの品数を作る必要はありません。無理をするとつい外食に頼りたくなるので、出来る範囲の自炊を意識しましょう。

食材を買うとき

一度の買い物に上限を設定したり、一週間あたりいくらに抑えると細分化して金額を決めるといいです。
一ヶ月いくらと大まかなまま買い物をすると、一度にどれだけ買い物が出来るのかわかりにくくなってしまいます。

そして買い物に行く回数は、出来れば少なめの方がいいです。

毎回必要なものだけを買うのであれば、その都度買い物に行ってもいいですが、なかなかそうはいきません。

予定外に特売品を買ったり、子供におやつをねだられつい買ってしまったりと、回数が増えると出費も増えてしまいます。
出来る限りまとめ買いをして、傷みやすい食材は小分けに冷凍するなどして長期保存が出来るようにしておきましょう。

通信費の節約

通信費はなくてはならない出費ではありますが、見直し次第で節約が出来ます。

一番手軽に出来る節約は、通信費の料金プランを見直すこと

契約時に特典を受けるために加入したオプションが、必要ないのにそのままになっていませんか?
通話が少ないのに、定額制の通話プランに加入していませんか?

自分にとって適切ではないプランやオプションは、無駄な通信費を払っていることになります。

一番安く出来る料金プランを検討してみましょう。また、契約会社そのものを見直すという方法もあります。

子供が小さいうちの生活費10万円はできても大きくなるとかなり大変

子供が小さいうちは、生活費を10万円以内に抑えることが可能でした。しかし、子供が成長して大きくなると、毎月10万円でのやりくりは非常に厳しくなります。

まずは食費が変わる

今までは4万円でやりくり出来ていたとしても、子供が成長すると大人と同じだけの量、もしくはそれ以上の量を食べるようになります。

当然今までと同じ食費では、家族全員の胃袋を満たすことは出来ません。

教育費もかかるようになる

幼稚園に通うようになれば、毎月の保育料や雑費、行事ごとに必要な費用やお弁当の材料費も増えます。

小学校になると義務教育になるので教育費は減るかと思います。実際、私も小学生になれば教育費は減ると思っていました。しかし給食費や教材費は意外とかかり、習字セットやら絵の具セットやらリコーダーやらと、授業で必要な教材の金額もなかなか高額です。学校以外でも習い事が増えたり、友達との交流も増えるので子供の交際費も必要になります。
高校や大学になると、教育費そのものも上がりますが、塾代や通信費、交通費なども今まで以上にかかるようになるので、教育費だけで10万円になってしまうような勢いです。

生活費が10万円以上かかってしまう…これからのことも考えていきましょう

家族構成やライフスタイルによっては、生活費10万円という枠で抑えることは可能ではあります。

ただ子供の人数や、成長とともに、10万円の生活費では足りなくなる瞬間は免れないようです。場合によっては、子供費だけで10万円の多くが消えてしまうことも十分に考えられます。

実際に小学生と幼児の二人の子供がいる我が家では、

  • 給食費
  • 幼稚園代
  • 習い事代
  • 学資保険

これだけでも、毎月約6万円の出費があります。
多い家庭ではこれだけで10万円かかるケースもあるでしょう。

その他にも子供同士の付き合いも増えてきて、多くはなくても出費はここに上乗せになっています。

子供の成長は親として喜ばしいことではありますが、経済的なことを考えるとこんなにも負担が増えるのかと毎月痛感していることも事実です。

増加する生活費に対応するためには、収入を増やすことが得策

子供が成長して幼稚園や学校に通うようになれば、一人の時間を作れるようになるので、その時間を利用してパートとして働きに出れば、世帯収入を増やすことが出来ます。

他にも子供のサイズアウトした洋服や靴、もう使わないおもちゃをリサイクルショップやオークションで売ることも出来ます。

家の中も整理出来て一石二鳥です。

子供が成長するとその分出費は増えますが、親としては元気に成長してくれることが一番の喜びです。
子供の成長を喜べるように、小さいうちは節約に徹して出来る限り貯蓄に回せるように工夫しましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666