注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

敷金礼金無しの物件は大丈夫?仕組みと注意点・良い物件の探し方

なるべく引っ越しにかかるお金を安くしたいと考え、敷金礼金無しの物件を借りようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。でも、敷金礼金無しの物件は本当に大丈夫なのか不安に感じることもあることでしょう。

ここでは、敷金礼金がかからない物件の仕組みと注意点・良い物件の探し方についてお伝えします。

敷金礼金がかからなくても、結果的に損をしてしまうこともありますので、入居時にしっかりと確認をして契約を交わしましょう。

また、敷金礼金とは何かについてもご紹介しますので、賃貸の仕組みについて知って、後悔のない物件選びをしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでも湯船に浸かりたい!水道代の平均と節約方法を解説

一人暮らしをしている女性の中には、お風呂に入る際に湯船にゆっくりと浸かることが至福のひとときだと...

1ヶ月に必要な生活費の目安。大学生に必要な生活費の内訳

これからお子様が大学生になり、お子様がもうすぐ初めての一人暮らしを始めるという方も多いと思います。 ...

生活費を10万円台でやりくりするには?夫婦ふたりの生活費

夫婦二人の生活費を10万円台で収めるにはどのようなやりくりをしたらいいのでしょうか? 生活費は...

お金がないときはどうする?ピンチを乗り切る方法を紹介

お金がないときはどうすれば乗り切ることができるのでしょうか。なんとかお金を借りずにどうにかする方法を...

一人暮らしはできる?大学生が仕送りなしで一人暮らしをする方法

めでたく大学に合格し、大学生としての生活をスタートさせる人の中には、一人暮らしをしたいと考えている人...

1ヶ月の生活費は?実家暮らしの大学生のお金事情、内訳を調査

大学進学を機に一人暮らしを始める大学生もいれば、実家から通う大学生もいます。 そこで親として気にな...

貯金のコツを教えて!ストレスなく貯まる貯金方法アイデアを解説

貯金をしてお金を貯めたいと思っても、なかなかお金を貯めることができずに悩んでいる人もいるのではないで...

一人暮らし向け水道光熱費の節約方法。節約のための簡単テク

毎月必要な水道光熱費を少しでも節約したい、そう考える方は多いと思います。 そこで、一人暮ら...

生活費を上手に管理!財布を分ける方法で節約・貯金をしよう

なかなか節約をすることができず、いつも生活費が足りなくなってしまうことに頭を悩ませている人もいるので...

一人暮らしの生活費平均と節約術!お金をかけない生活をする方法

一人暮らしをしている人の中には、自分の生活費が平均に金額よりも高いのではないかと感じている人もいるの...

一人暮らしは貯金なしでもスタートできる?最低限必要なもの

貯金なしの一人暮らしは可能なのでしょうか。 このような疑問で一人暮らしをなかなかスタートさ...

生活費が足りない時は家計簿をつけて旦那と話そう!家計管理方法

毎月の生活費を旦那からもらうお金の中でやりくりしているという奥様もいるのではないでしょうか。旦那がく...

一人暮らしの電気代!夏の相場と電気代の節約術をご紹介

一人暮らしを始めると生活費、食費ばかりではなく、電気代などの光熱費も気になり始めます。夏場になるとエ...

一人暮らしは献立で節約できる!選び方やアレンジと購入のコツ

一人暮らしで食費をできるだけ節約したいと考える人も多いです。 献立を考えるときでも節約できるように...

貧困女子を卒業するための一人暮らし女子向け賢い節約術

自分は貧困女子だと感じている女性も少なくないようです。毎日仕事に行っているのに、なかなか貯金が貯まら...

スポンサーリンク

敷金礼金無し物件は大丈夫?敷金と礼金について知ろう

新しい家を借りる時は、家賃以外の費用が結構掛かります。家賃はもちろん、敷金礼金、仲介手数料や引っ越し代など数十万円かかる事も珍しくありません。
少しでも費用を浮かせたくて、どうにかして初期費用を抑える方法はないかと頭を悩ませている人も多いです。

「敷金礼金が無い物件はどうなんだろう?危ない?」と考えることはありませんか?

何の費用なのか良く分かっていない人もいると思いますが、このふたつが無ければかなり助かりますよね。
そのため、敷金礼金無しの物件は人気です。

ただ、有り物件が多い中、安易に無し物件を選んで良いのかどうかはよく考えましょう。

そのためには、敷金礼金無し物件を探す前に、これが何のお金なのかを理解しておいた方が良いでしょう。

敷金は借りた部屋を退去した後の修繕費等に使われる

敷金は修繕費の前払いのような物で、実際に修繕が必要でお金が足りなければ追加で請求されますが、綺麗に住んでいて修繕費が余った分は返金してもらえるのが通常です。

礼金は、文字通りオーナーへのお礼として払うお金です。お礼のため、返金されることはありません。

敷金礼金が無しの物件がある理由は空室を避けたいから

敷金礼金が無いからと言って、危ない物件とは限らないという事はご理解いただけたと思います。

ただ、比較的築年数が古い物件に無し物件が多いような、何か落とし穴があるのではないかと心配になる事もあると思います。

敷金礼金が無い物件、絶対大丈夫とは言えない

それは必要な物件でも実際に住んでみないと分からない部分は多いためです。

ただ、敷金礼金を無しにすると、初期費用を抑えたい人には人気になります。

少し不便な場所にある物件や築年数が古いとか我慢ポイントがある物件はどうしても不人気になりがちですが、空室が続くとオーナーの収入が1ヶ月数~数十万円単位で下がってしまいます。

空室が増えたり空室の期間が長い程、オーナーには痛手となるため、礼金や敷金無しのリスクを負ってでも、借り手が見つかる方が良いので、無しにしていることも多いです。

実際に、募集を出してもなかなか借り手が見つからないから途中で敷金礼金無しにする場合も多いですが、不人気というわけでなくても古くなってきてすぐに見つからないと嫌だから最初から無しで募集を掛けようという場合もあります。

敷金礼金が無しの物件を借りても大丈夫?注意点をチェックしよう

敷金と礼金が無しの物件のカラクリが分かって、無し物件でも大丈夫そうだと思ったと思いますが、甘い話には罠がある場合もあります。

敷金無し物件は退去時の条件を要確認

敷金無し物件では最初に払っていない分、退去後に請求が来る場合があります。ただ最初に払うか後に払うかの違いですが、後に払う場合は次の引っ越し費用と重なるリスクがあります。

前項でもご紹介しましたが、敷金礼金無し物件は空室になる可能性の高い物件です。つまり、何か理由があります。

不動産屋さんに敷金礼金無しの理由を必ず確認しましょう。

敷金礼金無し物件の落とし 穴

実は家賃が高く設定されているケースもあります。数年住んでくれれば初期費用無しでもオーナーは元が取れます。知らずに損しないように、同等の物件の家賃を比べてみましょう。

他に、敷金礼金が無い分、通常は借主負担で請求されない費用が初期費用代わりに入っていることもあります。

また、落とし穴や罠というわけではありませんが、敷金礼金が無いと言っても0円で借りれるとは思わないでください。

本当に初期費用が掛からない物件はほぼありません。火災保険料やクリーニング代はかかるのが基本です。保険は大切なので、必ず入るようにしましょう。

この物件は大丈夫!敷金礼金無しでも良い部屋を借りる方法

敷金礼金無しの物件はやっぱり怖いのではないかと思ってしまうかもしれませんが、でもやっぱり初期費用が抑えられるのに越したことはないですよね。

賢く初期費用を抑えるためには、敷金礼金無し物件は見逃せません。

無し物件でも好条件の物件かどうかはしっかり判断しましょう。

敷金礼金無しの理由は必ず確認

例えば、エレベーターが無い、駅から遠いなど我慢ポイントが自分にとっては気にならない事なら問題ないでしょうが、長く生活をすることを考えて気になるようなら避けた方が無難です。理由も一つとは限りません。怪しいと思ったら「それ以外の理由はないですか?」と突っ込んで聞いてみましょう。

契約書は隅々までしっかりと読んで、もしも意味が分からない部分があったら確認しましょう。敷金礼金無しの代わりに、退去時の費用請求について書いてあったり、禁止事項や違約金について書いてあります。書いてあれば守るように生活するか、分が悪すぎる場合は契約を見直した方が良いでしょう。逆に何も書いていないような場合は、事前に確認した方が安心です。

敷金が無い分、退去時は修繕費を請求されることが予想されます。荷物の搬入前に必ず細かな傷でもチェックして、撮影日時が分かるようにして写真を撮っておきましょう。そうすることで、もともとあった傷の補修費用を請求されたときに、自分が付けた傷ではないと主張が出来ます。

内見の時点で傷や汚れなど気になる部分があれば、不動産屋さんと一緒に確認して不動産屋さんに記録しておいてくださいとお願いしても良いでしょう。そのうえで、自分でも写真を残しておいて下さい。

敷金礼金無しの物件でなくても費用を下げてもらうことについて

敷金礼金が無い物件にはそれなりの理由があるケースが多く、リスクもあります。
ただ、引っ越しの初期費用が少しでも安くなると誰でも嬉しいものです。

敷金礼金無し物件で優良物件に出会えればラッキーですが、タイミングによってはそれなりの理由がある物件しかない場合もあるでしょう。

そんな時は、敷金礼金無し物件にこだわるより、値下げ交渉の可能性にかけた方が良い場合もあります。

敷金は退去時の修繕費でオーナーのリスク回避もあるため、値下げは厳しいです。綺麗に住んでいれば返金されることがあるので、値下げよりも返金に期待した方が良いでしょう。

礼金は御礼、値下げ交渉に応じてくれるオーナーもいる

値下げ交渉は自分が直接行うのではなく、不動産屋さんがしてくれるので不動産屋さんの腕次第ですが、1ヶ月分を無しにしてくれたり半額にしてくれることもあります。

家賃も1000円~3000円程度なら安くなる可能性もある

ダメもとで「家賃をもう少し下げられませんか?」と聞いてみると、意外と「大家さんに交渉してみます!」と言ってくれることもあります。結果、交渉失敗や、大幅に値下げしたばかりだから無理と聞いてくれないこともありますが、値下げに成功する場合もあります。

ちなみに、仲介手数料はオーナーではなく不動産屋さんに支払うものなので、仲介手数料も交渉次第で少しだけ安くしてくれることがあります。いろいろな交渉役もやってくれますし、不動産屋さんとは出来るだけ良好な関係を築いておくのも大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666