注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしを始める人におすすめのロフトベッドのレイアウト

これから一人暮らしを始める人は、狭い部屋でどう快適に過ごすかについて考えるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがロフトベッドです。下のスペースも活用できるので、部屋を広く使うことができます。

しかし、レイアウトを考える場合は注意が必要です。天井の高さや光が入ってくる方向を考えて配置するようにしましょう。

今回は一人暮らしの人のためのロフトベッドのレイアウトについて説明します。メリット、デメリットを理解した上で自分に合ったロフトベッドを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの冷凍庫を整理整頓!メリットやコツ・アイデアを紹介

一人暮らしをしている女性の中には、冷凍庫の中が整理できずに頭を悩ませている人もいるのではないでしょう...

一人暮らしは、お皿はどのくらいの枚数が必要なのか

一人暮らしを始める時は、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電ばかりに目が向きがちですが、ご飯を食べ...

一人暮らしの収納ポイント!狭いキッチンを使いやすくする工夫

一人暮らしのキッチンは狭い場合が多く、収納スペースも限られています。 節約のために自炊をし...

一人暮らしの台所の狭いレイアウトで使える収納のコツ

一人暮らしの狭い台所は、どうすれば快適に使えるのかレイアウトに悩む方も多いと思います。 そこで、狭...

一人暮らしのゴミ箱の置き場所のオススメや快適な暮らしのコツ

一人暮らしの部屋が狭いとゴミ箱の置き場所にも悩む人は多いでしょう。 生活をしているとゴミは必ず出る...

一人暮らしの揚げ物の油の処理方法!保存のポイントや捨てる目安

一人暮らしをしていて揚げ物をしてみたいけど油の処理がわからないから挑戦できないという人もいるのではな...

一人暮らしの朝食を節約したい!手軽にできて嬉しい節約のコツ

一人暮らしで自炊をしていると、かえって食費がかかってしまうこともあります。 できるだけ朝食を節約し...

ユニットバスの収納術!おしゃれで機能的な収納アイデアをご紹介

狭いユニットバスで悩むのが収納方法ですが、できれば見た目もおしゃれに収納したいもの。 そこで、バス...

一人暮らしでベッドか布団かを決めるときの選ぶポイントを紹介

一人暮らしでは例え部屋が狭くても寝るためのスペースを確保しなくてはなりません。 このとき、ベッドに...

一人暮らし用アパートの選び方。女子学生が住む時のポイント

進学を機に娘が一人暮らしをするとなると、アパートの選び方にも力が入ります。 大事な娘ですから、やは...

一人暮らしの人がタオルを洗濯する頻度はどのくらいなのか

一人暮らしの人でよくあるのが、お風呂上がりに使うバスタオルを一度ではなく、乾かして二度使うことです。...

一人暮らしの狭い部屋!洋服の収納はクローゼットを上手に使用

一人暮らしの部屋が狭いとお悩みの方、お部屋にタンスを置くなんて無理ですよね。 そこで沢山ある洋...

一人暮らしの食べ物は栄養バランスを考えて食事を!栄養の知識

一人暮らしをしていると、ついつい自分の好きな食べ物ばかりを食べて、栄養のバランスを考えないこともあり...

夏場も邪魔にならない!一人暮らしにぴったりなテーブルこたつ

一人暮らしのお部屋、冬になるとこたつが欲しくなりませんか?もちろんエアコンがついているから大丈夫!と...

一人暮らしは家具をおしゃれに見せるポイントや配置のコツ

一人暮らしの部屋は自分好みで落ち着ける空間にしたいものです。 これからはじめて一人暮らしを...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋にロフトベッドを置くレイアウトを考える時に注意すること

一人暮らしを始めるにあたり、ベッドを買うことを検討しているあなた。あなたの部屋があまりにも狭いということから、そのベッドをロフトベッドにしようかどうか悩んでいるという人もいるでしょう。

実際、ロフトベッドはどうなのか、快適に過ごすことはできるのか、気になるところだと思います。

もし、ロフトベッドの購入を検討しているのであれば、どこに置くか、レイアウトを悩む前に、まずはあなたの部屋の天井の高さを調べることが先決でしょう。

ハイタイプのロフトベッドに合う部屋

ソファが下に入るような、ベッドの下で生活できるような、ハイタイプのロフトベッドについて考えてみましょう。

あなたの身長は何センチですか?
あなたが日本人の標準的な女性の身長くらいだ考えると、頭をぎりぎりかがめずに使用したいのであれば、ベッド下が160センチ程度のロフトベッドを購入しなければなりません。

このような高さのベッドを購入した場合、確かに、ベッドの下では快適に使用できるかもしれませんが、基本的な標準高の天井だと、ベッドと天井の間にば80センチ程度高さしかなく、座った場合でも頭が天井にぶつかってしまいます。そのため、ベッドの上り下りも困難になってしまいます。

ハイベッドは、天井の高さがある部屋で使用するべき

一般的な天井高でも、床からの高さが100センチ程度のベッドであれば、それほど問題なくベッドを使用することができるでしょう。しかし、下は、生活するには、低すぎる為、荷物置きなどの用途になってしまうかもしれません。

レイアウトも勿論重要

大抵の部屋にはエアコンが付いています。ベッドを使用したとき、できればエアコンの風が直に当たらない場所にロフトベッドを設置しましょう。ベッドがじゃまになり、部屋の空気が巡らなくなってしまう可能性があります。

一人暮らしの部屋向けロフトベッドのおすすめレイアウト【収納】

一人暮らしの部屋であれば、収納が少ないとお悩みの人もいるかもしれません。そんな人にも、このロフトベッドは便利です。

ロフトベッドを収納場所として活用する

ロフトベッドの上り下りが面倒だと思う人が、実際多いのは確かです。

そんなときこそ、ロフトベッドの上部を収納スペースとして使用してみてはどうでしょうか。収納として使うのであれば、天井との距離が近くても、問題はないでしょう。

下逆の発想で、下を寝るスペースとして利用しても構わないのです。

例えば、実家で暮らしていたときの、ロフトベッドをそのまま使用したいけれど、一人暮らしの部屋の天井が実家とは違い狭いからと言って、使用できないなんて考える必要はありません。
収納として使用してしまえば、そのベッドを処分しなければならないなどと考える必要はなくなります。

ロフトベッドの下にソファやデスクをレイアウトする場合の注意点

ソファを置くというのは、一人暮らしの夢という人もいるでしょう。ベッドは置けても、ソファを置くまでのスペースがないという人は、多いと思いますが、両方置けたら、良いですよね。

それを叶えてくれるのが、ロフトベッドでもあります。しかし、かなりのハイタイプのロフトベッドでない限り、ソファを置くと、やはり圧迫感が出てしまうのも現状です。そこで、ロフトベッド選びもそうですが、置くソファも選び方にポイントがあります。

床に座るという感覚で、ソファーをレイアウトする

低めのソファ、できれば足がないようなソファを選ぶことです。ベッド下のソファに座ったときに、天井が近いとそれだけで、窮屈な感じがしますが、天井と距離が離れれば、それだけ、オシャレにベッド下の空間を使うことができますよ。

ロフトベッドの下に大きめのデスクを置きたい場合

このようなハイタイプのロフトベッドには、もともと、デスクがついているというものもあります。ベッドの長さと同じ、幅の2メートル程度のデスクが付いているものであれば。デスクの上にPCなどを置いてたり、様々な物を置くことができるので、非常に便利です。2人程度で一緒にデスクを使うことも可能になるでしょう。

ベッドの下にあるので、ある意味隠れ家的な感じで、集中して、デスクに向かうことができます。

しかし、メリットでもあり、欠点でもあるのが、ベッド下の暗さです。PCを使用するのであれ、問題ありませんが、一般的に机として使用する場合は、照明が必要になるでしょう。

ロフトベッドの下で寝ることで得られるメリットも

ロフトベッドというのは、上がベッドになっている商品です。しかし、先程も述べたように、ベッドへの上り下りが大変なことは確かです。天井が近すぎるので、上手く座ることもできず、それならば上を収納に使ってしまおうという人もいるでしょう。

では、下の空間はどうするかと言えば、逆転の発想で、ロフトベッドの下をベッドとして使ってしまうというのはどうでしょうか。

上下のレイアウトを反対にするというイメージ

確かに、高いところにベッドがあると、夏、暑いというは分かりきっていることです。しかも、地震などが起こった場合、大きく揺れを感じたり、すぐに降りるというのが難しい場合もあるでしょう。

安いロフトベッドの中には、ベッドで寝ると、きしんで寝心地が良くないというものもあります。そんなときこそ、ベッドの下を就寝スペースとして使ってみてはどうでしょうか。

程よい、暗さと狭さが眠るために快適だと感じている人も中にはいます。勿論、上り下りの必要がないので、置きたときにもすぐに移動できます。夏でも快適に過ごすことが出来るでしょう。カバーなどの交換や、布団を干したりするのも、上にベッドがある状態とは違い、非常に楽になります。

一人暮らしの部屋にロフトベッドを置くデメリットも理解した上で購入するようにしましょう

ここまで、ロフトベットの様々な利点をお伝えしてきました。これを読んで、早速ロフトベッドが欲しくなったあなた。ちょっと待ってください。実は、ロフトベッドにも、欠点はあります。

揺れること、きしむことはなんとなく想像できることだと思います。最も忘れがちなのは、今まで普通のベッドを使用していたのであれば、そのベッドの上にあるマットは使えないかもしれないということです。

一般的な厚手のマットは、ロフトベッドでは使用できない

寝心地にこだわっていたという人の中には、今まで、一般的な床置きのベッドでこのような重たい厚手のマットレスを使用していた人もいるかも知れません。

しかし、このようなマットレスが置けないロフトベッドでは、今までのような快適な眠りを得ることが難しくなるのです。眠りを追求するような人には、ロフトベッドは向きません。

部屋を広く使える分、その存在感が大きいのは事実

圧迫感があると感じる人もいるでしょう。

生活する分には問題ないかもしれませんが、見た目的に、部屋が狭く感じてしまう人もいるでしょう。そんなときは、低めのロフトベッドを置くことをオススメします。

また、ロフトベッドは、下と上を分けて使用することができるというものになります。その面積分、掃除する箇所も増えているということになrます。ベッドの高さが高ければ高いほど、ベッドの掃除がしにくくなります。上を収納として使用した時も同様です。布団を干すのも、勿論大変なことは想像がつきます。

ロフトベッドにはメリットもありますが、デメリットもある

部屋の面積の多くを占めるロフトベッド。必要なくなったから、部屋に合わないからと簡単に捨てることもできないのです。大きいので、レイアウト変更もなかなか大変になります。購入してから、失敗したなんてことにならない様に、良く考えてから購入しましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666