注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしで味噌が余る問題を解消!オススメ活用や保存方法

一人暮らしで自炊をしていて、味噌汁をよく作るという人も多いのではないでしょうか。しかし、どうしても味噌が余るので困るという話もよく聞きます。
味噌は発酵食品なので時間が経過してしまうと、色や風味が変わってしまうのです。

そこで、ここでは一人暮らしで味噌が余るのを解消する方法について、オススメの活用術や正しい保存方法などお伝えしていきましょう。

これを読めば、味噌を余らすことなく使い切る方法がわかります。
もちろん、あなたの暮らしに合わせた味噌を選ぶことで困りごとも解決する場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らし自炊メニュー!一週間サイクルで食費を節約しよう

一人暮らしを始めると外食が多くなりますよね。しかし外食が毎日続くと、手作りの料理が恋しくなる...

1人暮らしで自炊するならこの簡単レシピをまず実践!自炊のコツ

1人暮らしで自炊を続けるなら、簡単で美味しいレシピが一番です。 毎日の料理は簡単手抜き料理がおすす...

一人暮らしも魚が食べたい!高い魚をなるべく安く購入する方法

一人暮らしで自炊を心がけている人の中には、魚の値段が高いことで、魚を食べたくてもなかなか食べられない...

一人暮らしの食事をバランスよく!献立やメニューの考え方を解説

一人暮らしをしている人の中には、食事をするときに栄養バランスの良いメニューを食べたいと考えて...

一人暮らしの揚げ物をもっと簡単に作る方法。手軽に楽しむために

一人暮らしだと、自分で揚げ物を作るのが面倒に感じることも多いと思います。たくさんの量を揚げるならば良...

一人暮らしの休日は一週間のご飯を作り置き!健康的な節約生活

一人暮らしをしていると、何かと金がかかってしまうものです。そんなときは、食事を自炊することで...

一人暮らしの朝食を和食に変えよう!女性におすすめのメニュー

女性にとって忙しい朝。中でも一人暮らしの人は、朝食はパンとコーヒーで済ませてしまっているのではな...

一人暮らしの節約レシピ!一週間分の買い物や献立作りもご紹介

一人暮らしを始めると、最初のうちは外食が楽しかったり嬉しかったりしますが、それも毎日だと飽きてきてし...

お金がない時の食事節約法。一人暮らしの食費を減らすテクニック

給料日前はいつもお金がなくなってしまい、食事をするのも一苦労という方はいませんか?次の給料日までの食...

自炊で食費を節約!一人暮らしでも自炊を続けられるコツをご紹介

一人暮らしだと、つい自炊が面倒だと感じてしまいますよね。しかし毎日外食では栄養面が心配なだけでは...

一人暮らしの朝食を簡単に済ませる方法!忙しい朝の簡単朝食

一人暮らしをしていると、きちんと朝食を食べようと思っても、なかなかうまく行かないこともありま...

一人暮らしの味噌汁はこうして保存しておくと簡単に作れます

一人暮らしの味噌汁はどのように保存したらいいのでしょうか?お味噌汁の保存方法は、作って冷蔵し...

【一人暮らしの人のための節約レシピ集】簡単に作れるものを厳選

「なんとか食費を抑えたい。」そう思っている一人暮らしの人は多いでしょう。 しかし、節約...

一人暮らしの人のための冷凍できる作り置きおかずと保存のコツ

一人暮らししていると、少しでも食費を節約したいもの。そこでおすすめなのが冷凍保存できる作り置...

一人暮らしのご飯、コスパが良いおすすめの食材と自炊方法

一人暮らしだと、ご飯も自由!好きな時間に好きなものを食べることができます。しかし外食ばかりをしている...

スポンサーリンク

一人暮らしで味噌が余るのが困るなら炒めものに使いましょう

一人暮らしで味噌をなかなか使い切る事が出来ず余る場合には、味噌汁以外の味噌料理を作ってみましょう。

炒め物を味噌味で作ると簡単で、味に変化もあり身体にも良しと、良い事が一杯です。是非作ってみて下さい。
味噌味の肉野菜炒め
材料は冷蔵庫にある野菜や肉で大丈夫です。
野菜は、たまねぎ、にんじん、ピーマン、キャベツ、きのこ類、ナスなど。肉は豚、鶏で細切れでも挽肉でも大丈夫です。

  1. 酒とみりんと味噌を同じ割合でよく混ぜ合わしておきます。
  2. 肉と野菜を3cmくらいの幅で切ります。
  3. フライパンを火にかけて肉を炒めます。フッ素樹脂加工などの新しいフライパンであれば油を引かなくても大丈夫です。鉄のフライパンなどの場合はフライパンが加熱されてから油をたらして全体にのばします。
  4. 肉の表面の色が大体変わったら野菜を入れます。
  5. 野菜がしんなりとしてきたら1の調味料を入れて混ぜて、味がなじんだら出来上がりです。

その他、魚に味噌を塗って焼いたり、鮭のちゃんちゃん炊きも美味しいですよ。
鮭のちゃんちゃん炊き
生の鮭とキャベツ、玉ねぎ、えのきだけ、しめじなど好みの野菜を使用します。

  1. アルミホイルを30cm程度と大きめに切りテーブルに敷きます。
  2. 1の上に軽く塩コショウした生鮭の切り身をのせます。
  3. 生鮭に味噌を塗ります。
  4. 3の上に刻んだ野菜をのせます。
  5. バターを一切れのせます。
  6. 具材を包み込むようにしてアルミホイルをしっかりと閉じて、フライパンに入れて蓋をして弱火で焼きます。焼くときにフライパンに少し水を入れておくと、中の生鮭がアルミホイルに焦げつきづらくなります。

一人暮らしで余る味噌は冷凍保存して簡単に作れる味噌汁に変身

味噌を一回分ずつ味噌汁用に小分けして冷凍しておくと長期間保存する事ができて便利です。

即席味噌汁の素の作り方

  1. ラップを10cm程度切って広げて置きます。
  2. 1に味噌を大さじ一杯のせます。
  3. 顆粒の出しの素をひとつまみ味噌にかけます。
  4. 乾燥わかめをひとつまみ味噌に埋めるように押し込みます。
  5. ラップで空気が入らないように包みます。

これを密閉袋やタッパに入れて冷凍庫で保管します。
使用する時はひとつずつ取り出します。ラップから中身を取り出してお椀に入れ、沸騰したお湯を注いでよく混ぜます。
好みでわかめの他に乾燥ねぎや味噌汁用の小さな荒野豆腐を入れても良いです。

一人暮らしで味噌が余るのを防ぐには使い切れるサイズのものを購入すること

一人暮らしでどうしても味噌が余ってしまう場合は、容量の少ない味噌を購入するのもよいでしょう。

しかし、どうしても割高にはなってしまいます。
味噌は空気に触れたり温度が高いと変色して色が濃くなります。味や風味は変わってしまいますが、食べても大丈夫です。また、上部に透明な液が溜まる場合がありますが、これは味噌のうまみ成分なので混ぜて使用しましょう。
味噌は発酵食品で、材料をかめなどに入れて長期保管して作ります。手作りの場合は発酵させている間に味噌の上部がかびる場合があります。その場合はかびた部分を取り除いて食べることができます。実際に味噌を作ってみた事がありますが、やはり上部は酷くかびて異臭を放っていました。しかし、その部分を取り除くと美味しい味噌ができていました。この事から味噌は色が変わったり、一部がかびてもその部分を取り除けば食べる事ができるほど保存性に優れた食品であることがわかります。

味噌を美味しく長持ちさせるための正しい保存方法

腐って食べる事ができなくなる事はほとんど無い味噌ですが、保存状態が悪いと風味や味が変わってしまいます。味噌の上手な保存方法をご紹介します。
カップに入った味噌の場合は、味噌の表面にラップをして空気に触れないようにして冷蔵庫や冷凍庫に保管します。味噌は冷凍してもかちかちには凍りません。少し硬くなる程度なのですぐに使う事ができます。

また、1kgなど使い切れない量の味噌を購入した場合。すぐに半分程度をラップに包んで密閉袋に入れて冷凍庫に入れておくのも良いでしょう。冷凍しても大丈夫な小さめのタッパに味噌をびっちりと入れて、ラップをしてフタを閉じて冷凍するとタッパのまま使用できるので便利です。

自分のライフスタイルに合わせた味噌を使うのもオススメ

一人暮らしでたまに味噌汁を飲む程度の場合は、即席の味噌汁パックを購入するのも良いでしょう。
味噌とだしにわかめやしじみなどのちょっとした具材が入っています。この味噌汁パックを料理に応用することも出来ます。
また、最近ではパウダータイプや液体の味噌も販売されているので、こういった商品を利用するのも良いでしょう。
私は通常の味噌を小さいタッパに入れて冷蔵庫で保管しています。タッパに移した時点でその味噌の賞味期限はわかりませんし、自分で作った味噌であれば賞味期限は決まってはいません。食材は見て、臭いをかいで、味見して問題がなければ食べられると判断しています。食中毒の菌などそれで判断できない場合もあるのでしょうが、自宅の冷蔵庫で味噌を保管するにあたっては、見た目と臭い味で判断してよいのではないかと考えています。味噌は正しく保管しておけば、賞味期限にとらわる必要はないと思います。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666