注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしでハムスターを飼う時は、夏の暑さ対策を考えよう

一人暮らしでハムスターを飼うなら、夏の暑さ対策のことをしっかり考えておかなくてはなりません。
「この程度の暑さなら大丈夫だろう」と安易に考えるのは大変危険です。
電気代がかかるからエアコン無しで乗り切りたい、扇風機で十分では?という方も多いですが、それについてもお答えしますので参考にしてください。
ハムスターを飼う前に、本当にお世話ができるのかを今一度考えてから迎え入れましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが孤独!独身を卒業したい女性が孤独を解消する方法

一人暮らしが長くなってきたとき、独身の一人暮らしをしている自分のことを孤独だと感じることもあります。...

一人暮らしで荷物が多い人へ。引っ越し前に覚えておきたいこと

これから一人暮らしを始めるという方は、荷造りをしてその荷物の量に驚く方も多いと思います。特に女性の場...

一人暮らしで不安を感じる女性に。後悔しない物件選びのポイント

女性が初めて一人暮らしをする時には、やはり不安を感じるものです。怖い思いをしないためには、物...

一人暮らしで玄関の防犯に役立つものと物件探しチェックポイント

これから一人暮らしを始めてみたいという女性にとって、防犯は最も気になることではないでしょうか。物件を...

一人暮らしの大学生が寂しいと感じる時とその対処法を紹介

希望の大学に進学出来た喜びもつかの間、実家から離れ一人暮らしが寂しいと感じていませんか? ...

【一人暮らしに最適な間取り】40代女性のための部屋の選び方

40代女性が初めて一人暮らしをしようと考えた場合、一番悩むのは間取りについてではないでしょうか。 ...

一人暮らしの休日が寂しい女性のためのおすすめの過ごし方

平日は仕事が忙しくてあっという間に過ぎていっても、休日になると寂しいと感じる一人暮らしの女性...

一人暮らしの賃貸物件の選び方。女性は利便性+防犯面をチェック

女性が一人暮らしをする時、どんな賃貸物件がいいか選び方がわからなくなってしまうことがあります。 バ...

一人暮らしの老後が不安!老後の人生を明るく生きる暮らし方

一人暮らしをしている女性の中には、子供もいないことで老後の人生に不安を感じている人もいるのではないで...

ユニットバスとトイレが一体!水の飛び散りが気になる床の対処法

ユニットバスとトイレ、洗面台が一緒になっている3点ユニットバス。賃貸の場合は家賃がセパレートタイプよ...

初めての一人暮らしで、不安を抱えたまま社会人になる人へ

一人暮らしといえば、うるさい親もいませんし、自分の好きな生活リズムや環境で過ごすことが出来ま...

ユニットバスをおしゃれに!100均グッズを活用したリメイク術

ユニットバスは100均グッズでおしゃれに変身させることは可能です。 バス・トイレが一緒で狭い浴室内...

自炊は食費を安い値段で抑えられる!簡単に自炊する方法とコツ

食費の節約のために自炊をしようかと考えている人もいるのではないでしょうか。 自炊は、食費を安い...

一人暮らしで猫を飼う時の費用と猫を飼う前にチェックしたいこと

散歩の必要がない猫は、一人暮らしにぴったりなペット。 ただ、一人暮らしで節約をしながら生活...

一人暮らしが試したいクローゼット収納術と収納ポイント

ワンルームといった一人暮らし部屋の場合はクローゼットが狭いため、収納術を知りたいという方も多いのでは...

スポンサーリンク

一人暮らしでハムスターを飼う場合は、夏の暑さ対策を考えることが大切

ハムスターは、もともと砂漠地帯の暑い日には40度近くになる地域で暮らしていた動物です。そのため、暑さには強いのではないかと考えられてしまいますが、砂漠地帯には砂があるので、ハムスターは砂を掘って体を隠し、そこで猛暑をしのぎ、涼しく生活をすることができます。

しかし、自宅で飼われているハムスターはどうでしょう。
砂浴び用の砂はあったとしても、ハムスターが自然界と同じような状況で生活をするのは難しいですよね。しかも、ペットとして飼われ続けているハムスターは、野性味が落ち、生活スタイルも変化しています。

そのため、夏の暑い時期の室温管理は大切です。
あまりにも室温が高くなりすぎると、ハムスターが熱中症になってしまうことがあるので、注意しましょう。
ハムスターが快適に生活できる室温は、18度から26度程度です。
夏の閉め切られた部屋の中では、この気温は簡単に越えてしまうことが想定されますので、ハムスターの暑さ対策を考えていかなければいけません。

一人暮らしでハムスターを飼う時に注意したい夏の時期。エアコンを使用する場合の温度と湿度

真夏の室温管理に欠かせないのがエアコンです。
保冷剤や、扇風機、窓を開けるなどで対策できるようにも思われますが、これらは暑さ対策としては万全ではないので、おすすめできません。

ハムスターの夏の室温管理

エアコンであれば一定の室温を長時間保つことができるので、留守の間でも安心してハムスターの安全を確保することができますね。

先程もお伝えしたとおり、ハムスターが快適に活動できるのは18度から26度の温度です。28度を越えてしまうと熱中症にかかるリスクが高くなってしまうので、エアコンの温度設定は必ず28度以下に設定するようにしましょう。

温度に合わせて大切なのが、湿度です。
夏は天候によって、暑いだけでなくジメジメとした湿度になることも多いです。

ハムスターが住んでいた地域は砂漠ですので、湿度が低い地域ということになります。
そのため、湿度が60パーセントを越えると、ハムスターは体調不良を起こす可能性があります。
湿度が高い日には、除湿機能を併せて使い、適切な温度と湿度を保てるようにするのがベストです。

真夏にエアコン無しはダメ。一人暮らしでハムスターを飼っているなら、留守にする時は必ずエアコンを付けて出かけるのがベスト

ハムスターを飼育する際には、真夏の室温と湿度対策が必須であることはわかっていただけたと思います。
しかし、つい抜けてしまうのは外出時の対応です。

大家族の家庭で飼育されているハムスターであれば、日中も誰かが家にいることが多いでしょうから、ハムスターが危険にさらされることは少ないかもしれません。
しかし多くの場合、ハムスターを飼育しているのは小さな子どもがいる核家族の家庭や、一人暮らしの家であることが多く、そのような場合、窓を締め切って外出をすることになりますね。

毎日の仕事、休日の外出など、家を空ける時間がある真夏日の日には、やはりエアコンが必要です。
ほんの半日だから、出かける直前までエアコンを運転していたから、では危険です。

夏は人間が留守にする間も、ハムスターのことを考えて、エアコンは自動運転にしたままで出かけましょう。

エアコンのつけっぱなしで気になる電気代も、常時一定温度で自動運転にしておけば省エネにもなります。他の部屋を閉めきってハムスターがいる部屋だけエアコンが当たるようにする等すれば、更に電気代を押さえることもできますね。

真夏日には、ちょっとの時間であっても室温が急激に変化します。
自宅にハムスターがいることを、忘れないようにしましょう。

旅行など、夏に長期間留守にしなくてはならない時の対処法

2日以上家を留守にする場合には、自宅にハムスターを留守番させるのではなく、預けるなどの対策をとった方が良い場合もあります。

基本的には毎日の水換え、エサやり、ケージの掃除がハムスターのお世話として必要ですね。
2日3日とハムスターが放置されてしまうと、ケージの汚れがひどくなるだけでなく、餌が腐ったり、水がなくなったりする可能性もなくはなく、帰宅したらひどい状態になっていたということも考えられます。

近くに友人がいるのであれば、留守の間のハムスターの世話をお願いすれば良いでしょうし、友人を頼れない時には、ペットホテルを利用することもできます。

ハムスターを飼っている以上、ハムスターのお世話は疎かには出来ません。
飼った責任もありますから、ハムスターが元気に暮らせるように、外出時のハムスターの居場所をしっかり用意してあげて下さいね。

しかし、環境の変化に弱いハムスターは、預け先でストレスを抱えてしまうこともあります。日中ゆっくり休めないような騒音のあるペットホテルや、ハムスターに慣れていない友人宅では逆効果になることもあります。

ハムスターのことを考えれば、長期間留守にするようなことは避けるか、留守にすることが多いのであれば、始めからハムスターを飼わないなどの配慮が必要なように思います。

一人暮らしでハムスターを飼う前に、事前に真夏の部屋の温度やライフスタイルを見直すことは必要

ハムスターを含む、生き物を自宅で飼育するということは、飼い主としての責任が問われます。

生き物を飼う前に、もう一度自分がハムスターをしっかり育てることが出来るのかどうかを考え直してみて下さい。

これまで紹介したように、ハムスターを飼うのであれば、夏場にはエアコンで温度と湿度管理をすることは必須ですし、長期間の旅行や外出なども我慢しなければいけないこともあります。
今回は夏の事を中心にお話しましたが、冬場は、暖房器具を使ってケージを温めたり、18度以下にならないように室温を保たなければいけません。

ハムスターを飼育するのには、多少の電気代の出費が必要になりますし、自分たちのライフスタイルを見直さなければいけないと言うことです。

飼ってしまったら、あとは飼い主の責任です。
自宅に迎えた大切な家族の生活を、飼い主のあなたが、しっかりと守っていってくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666