注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしでフライパンの数やサイズに悩んだときのオススメとは

一人暮らしをはじめるときは自炊を頑張ろうと意気込む人も多いでしょう。
そんなときに悩むのがフライパンの必要な数やサイズです。張り切ってフライパンの種類を揃えたところで、実際使うフライパンは使いやすいものに限られてしまうかもしれません。はじめから数を揃えると収納にも困ってしまうでしょう。

そこで、一人暮らしで必要なフライパンの数やサイズについて、必要最低限なフライパンの数やキッチンの広さで選ぶこと、コンロ数によって決めるオススメやフライパンの揃え過ぎの注意、フライパンや鍋を購入するときに気をつけたいことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、これから一人暮らしをはじめるときでも必要なフライパンの数やサイズがわかるので、スムーズに準備することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らし先へ荷物を運ぶ時に実家から持っていくべき物

住み慣れた実家を離れての一人暮らし。新しい住まいには家具や家電など色々な物が必要ですが、使える物...

一人暮らしが怖いと感じる瞬間と怖い気持ちを克服する方法

一人暮らしを始めたばかりの人の中には、一人暮らしをしていることを怖いと感じてしまうことに頭を...

一人暮らしの引っ越しの挨拶・男が挨拶をする際のマナーと注意点

一人暮らしをするときは、近所の方に引っ越しの挨拶をするのがマナーです。ですが、男の一人暮らし...

一人暮らしでも猫の多頭飼いはできる?多頭飼いについて

一人暮らしで家を空けることが多いから猫の多頭飼いをしたいけれど、どんな準備や心構えが必要なのでしょう...

一人暮らしの休日が寂しい女性のためのおすすめの過ごし方

平日は仕事が忙しくてあっという間に過ぎていっても、休日になると寂しいと感じる一人暮らしの女性...

【一人暮らし】女性が部屋を選ぶときのポイントと注意点を解説

これから一人暮らしをしようと考えてる女性の中には、防犯面を考えてどんな部屋を選べばいいのか頭を悩ませ...

一人暮らしで犬を留守番させる時の注意点とおすすめな犬種

一人暮らしでも犬が飼いたいと思うことはあるでしょう。 心配なのが、飼い主が留守にしている間の留守番...

一人暮らしの部屋がスーパーと遠いからちょっと不便

一人暮らしの部屋を決める基準は人それぞれですが、家賃の安さや部屋の綺麗さなどが優先されて、スーパーの...

一人暮らしを初めてしようと思っているアラサーの人へ

「一人暮らしを始める」と聞くと、大抵の場合は大学生や新社会人などの若い人のイメージがありますよね。 ...

ユニットバスのメリット・デメリット!使い方に工夫で快適生活

これから一人暮らしをしようと思っている人の中には、できるだけ家賃を安く抑えたいと考えている人もいるの...

一人暮らしの大学生が寂しいと感じる時とその対処法を紹介

希望の大学に進学出来た喜びもつかの間、実家から離れ一人暮らしが寂しいと感じていませんか? ...

一人暮らしのガスコンロは、一口で良いのか、二口にすべきか

一人暮らしをしようと思った場合、ただ値段や立地条件だけを見れば良いわけではありません。 キ...

一人暮らしだとタオルは何枚必要?自分に必要な枚数について

一人暮らしを始めると、消耗品のストックはどれほどあれば良いのか?考えてしまいます。「備えあれば憂いな...

一人暮らしでハムスターを飼う時は、夏の暑さ対策を考えよう

一人暮らしでハムスターを飼うなら、夏の暑さ対策のことをしっかり考えておかなくてはなりません。 「こ...

ユニットバスをおしゃれに!100均グッズを活用したリメイク術

ユニットバスは100均グッズでおしゃれに変身させることは可能です。 バス・トイレが一緒で狭い浴室内...

スポンサーリンク

一人暮らしで調理をするときに必要最低限なフライパンの数

一人暮らしで自炊を始めるのなら、調理道具や食器などのキッチン用品も用意しなくてはなりません。

自炊をする時に一番活躍しそうなのがフライパンです。フライパンには大きさや深さが様々で、最初はどのような物を選んだらいいのか迷いますよね。

最初からいろいろなフライパンを買い揃えておくと便利かもしれませんが、フライパンは調理道具の中でも大きめなので、収納場所に困る場合が多いでしょう。

一人暮らしで初めてフライパンを用意するのなら、サイズは24センチで深さのあるものがおすすめです。

一人だからそれほど大きなフライパンは必要ないと考えて、小さいものを選んでしまうと失敗です。一人暮らしだからこそ作り置きが便利です。どうせ料理をするのなら、毎回一人分を作るよりは、少し多めに作っておくことをおすすめします。忙しいときは重宝しますし、飽きたのならその料理をアレンジすることもできます。なのでフライパンも一人用のサイズで選ばずに、少し大きめのサイズを選ぶようにしてください。

深さがあることもポイントです。フライパンは焼いたり炒めたりするときに使いますが、深さがあると煮物を作ることもできます。野菜を茹でるときにも使うことができますし、揚げ物もできます。

フライパンを選んだらフタも一緒に購入してください。蓋付きのフライパンもありますが、フタがない場合はフタだけを別に購入する必要があります。フタはフライパンのサイズごとにありますので、フライパンを選んだら、そのサイズに合ったフタも選んでください。フタは透明のものの方が中が見えて便利です。

フライパンは使いやすいサイズのものを1つ用意し、実際に料理を始めてみて、不便だと感じたら増やすと良いです。

一人暮らしのフライパンの数やサイズはキッチンの広さで選ぶ

フライパンを選ぶとき、大は小を兼ねると考えてあまりにも大きいサイズを選ぶのはよくありません。大きいサイズだと確かにたっぷり作ることができるので作りおきにも便利ですが、収納するときに不便さを感じたりするでしょう。一人暮らしの部屋のキッチンはそれほど広くはない場合が多いので、収納できるスペースも限らてしまいます。フライパンには長い取っ手がついているので収納するとなるとそれなりのスペースが必要です。狭いところになんとか収納したり、積み重ねて収納すると取り出すときに不便になります。

また、大きなフライパンだと洗うときも大変です。キッチンのシンクのサイズも考慮してください。シンクが小さいと大きな鍋やフライパンを洗うのも一苦労です。フライパンの大きさはキッチンの大きさや広さを考えて選ぶことがポイントです。

大きなフライパンは予熱にも時間がかかります。節約の面からみてもあまり大きすぎないフライパンを選んでください。24センチ位がおすすめのサイズです。

一人暮らしのフライパンの数はコンロ数によって決めると便利

一人暮らしでフライパンをいくつか用意しておきたいのなら、コンロの数を見て判断すると良いでしょう。

フライパンを購入する前に、キッチンのコンロの数を見ておいてください。コンロが少ないのにたくさんのフライパンや鍋を用意することはありません。コンロが2つあるなら、フライパンは2つまでがちょうど良いです。3つあっても同時に使うことはないので無駄になってしまいます。作った料理を皿や保存容器に移し替え、洗ってから使うと良いのです。コンロが3つあるのならフライパンは3つまで増やしても良いでしょう。

フライパンの他に鍋もありますので、フライパンは2つでも十分です。コンロが1つしかないのなら、フライパンは1つで十分です。他に鍋も使うことを考えると、フライパンをいくつも持っていても使うことは少ないでしょう。

自炊の意気込みでフライパンを揃え過ぎないようにしましょう

一人暮らしを始めて、自炊をしようと思っていたら、ついつい意気込んでフライパンや鍋などを買いすぎてしまうことがあります。色々なサイズや形の鍋やフライパンを見るとどれも必要に思えてしまうものです。最初は絶対に使うと思って、全て買い揃えようと思うかもしれません。

一人暮らしの部屋のキッチンはそれほど広くはなく、収納スペースも限られてしまいます。あまりにたくさんの鍋やフライパンを用意しても、収納できる場所がないのでは問題です。特にフライパンは取っ手があるだけ収納スペースも広く必要になってきます。

お金に余裕があってフライパンをたくさん買うことができるのなら別ですが、一人暮らしを始めた当初はあれもこれも用意しなくてはならず、費用がかさんでしまうものです。フライパンは自炊に必要なものですが、まずは使いやすいものを1つだけ購入し、1つだけでは不便だと感じたら買い足すようにしましょう。最初からたくさん用意しても結局使わないという場合もあります。実際に料理を始めてみると、どんなサイズのフライパンを買い足したら良いのかもわかってきます。その方が無駄がなく、上手な買い物ができます。

フライパンや鍋を購入するときの注意点

鍋やフライパンを購入するときは、最初は必要最低限の数を用意するようにしてください。あまりたくさんの数を用意しても全てを使うということは少なく、結局は一番使いやすいものばかりを使うという場合が多いです。鍋なら小さいものを1つと大きめのものを1つ、フライパンは24センチくらいの大きさの深さがあるものとフタをひとつずつで十分でしょう。小さめの鍋は野菜を茹でたり味噌汁に活躍しますし、大きめの鍋なら麺を茹でるときに必要です。フライパンも深さがあると煮物を作ったり野菜を茹でることもできます。揚げ物にも使うことができます。

キッチンの収納スペースを見て、鍋やフライパン、ボウルやザルといった全ての調理道具を収納できることも考えてください。一人暮らしのキッチンはあまり広くないので、鍋などを出しっぱなしにしておくと、余計に狭くなって不便に感じます。部屋の中もごちゃごちゃと片付いていないように見えてしまいます。

キッチンがIHの場合では使うことができる鍋やフライパンも限られてしまいますので気をつけてください。IHで使用できるかどうかを必ず確かめてから購入するようにしてください。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666