注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの暖房はコスパを考えて選ぶ!オススメや節約方法

一人暮らしでは暖房費を節約したいと考える人も多いでしょう。
できれば暖房器具もコスパの高いものを選ぶようにすると節約にもつながります。

そこで、ここでは一人暮らしの暖房費の節約も叶えるコスパの高い暖房器具やその選び方、暖房費の節約方法についてお伝えしていきましょう。

これを読めば、これから一人暮らしをはじめる人でもどんな暖房器具を揃えるべきか参考にもなり、暖房費の節約のコツもわかります。
ぜひ快適に冬を乗り切る準備をはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの冷蔵庫の中身とは?冷蔵庫の活用方法を紹介します

一人暮らしの冷蔵庫はどのような中身であればいいのでしょうか?これから自炊をしようと思っているのなら、...

一人暮らしも魚料理を食べよう!自宅で簡単に魚料理を食べる方法

一人暮らしをしている人の中には、自炊をしてもなかなか魚料理を作れずにいる人もいるのではないでしょうか...

一人暮らしの引っ越しの挨拶と喜ばれる粗品の選び方

アパートやマンションで一人暮らしを始めるという場合には、ご近所への挨拶はどうしたら良いのかと...

一人暮らしを初めてしようと思っているアラサーの人へ

「一人暮らしを始める」と聞くと、大抵の場合は大学生や新社会人などの若い人のイメージがありますよね。 ...

一人暮らしのキッチンの収納棚を有効的に使いたい

一人暮らしの部屋を考える時に、キッチンの収納棚の事も考えなくてはいけません。 備え付けのもので足り...

一人暮らしで必要なお米の量は?一ヶ月に購入するお米の目安

一人暮らしを始める場合には、どれくらいの食費が掛かるのか気になりますよね。中でも主食のお米は...

一人暮らしをするメリット。30代からの一人暮らしの楽しみ方

30代で一人暮らしを始めたいと考える方も多いと思います。しかし、中には30代からの一人暮らし...

一人暮らしの挨拶に手土産が必要なのか基本的なマナーと注意点

一人暮らしをこれからはじめるなら、引越し先に住んでいる近隣の人へ挨拶はした方がいいでしょう。...

一人暮らし先へ荷物を運ぶ時に実家から持っていくべき物

住み慣れた実家を離れての一人暮らし。新しい住まいには家具や家電など色々な物が必要ですが、使える物...

自炊が続くコツは半調理。一人暮らしでも手作りメニューができる

 自炊をしたい!と思ってはいても、仕事が忙しく結局コンビニでお弁当を買って帰る日々を繰り返している…...

一人暮らしの夕飯を外食で済ませたい時のお店選びとポイント

一人暮らしの夕飯を外食でさっさと済ませたい!という気持ちよくわかります。 仕事で疲れて帰っ...

一人暮らし、初めて寂しいと感じた瞬間の気持ちの解消法

進学や就職を機に一人暮らしを始め、初めて寂しいと感じるようになってしまい、一人で居る時間の寂しさに悩...

一人暮らしのベッド選びでセミダブルかシングルかの疑問を解決

これから一人暮らしを始めるという方は、ベッドの購入をお考えではないでしょうか? そこで悩ん...

一人暮らしの部屋がスーパーと遠いからちょっと不便

一人暮らしの部屋を決める基準は人それぞれですが、家賃の安さや部屋の綺麗さなどが優先されて、スーパーの...

一人暮らしで不安を感じる女性に。後悔しない物件選びのポイント

女性が初めて一人暮らしをする時には、やはり不安を感じるものです。怖い思いをしないためには、物...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の暖房費を節約するならコスパの高いものを選びましょう

クーラーの暖房はコスパが良くない?

はじめての一人暮らしで、夏はクーラーで乗り切っても冬の寒さの対策を考えていなかったという人は多いのではないでしょうか。

私の場合、雪国育ちで上京後一人暮らしをしたので、夏の異常な暑さは相当こたえましたが、冬の寒さには慣れているし大丈夫だろうとたかをくくって特に対策をしていませんでした。でも、冬に入り、コートが必須になった頃、そんなことを思っていた自分を後悔する羽目になります。確かに、故郷の寒さと比べると、外の気温はゆるやかなのですが、都会の寒さはじんわりくるのです。

雪国の寒さは気持ちの良いくらい痺れるような寒さなのに対し、都会の寒さは、ゆっくり、でも確実に体の芯から冷やすという寒さ。

特に、住んでいる賃貸物件は、築年数が古く、鉄筋コンクリート製ということもあり、家にいても隙間風でスースーして落ち着かず、あまりの寒さに電気ストーブを買ったほどです。

クーラーに付いている”暖房”の機能を使っても良いのですが、クーラーの暖房は電気代がかかるということを聞いていたので、少しでも節約したかった私が選んだのは電気ストーブでした。

同じ理由で、クーラーの暖房を使っていないという人もいるのではないでしょうか。

クーラーの暖房は、部屋がすぐに温まらないという点も、使うのをためらってしまう理由です。

実家で使っていた石油ファンヒーターは、石油を燃料としているため、電気代自体はそれほどかからず、早く部屋を温めてくれる効率の良い暖房器具ですが、一人暮らしの物件では、火事防止のため、使ってはいけないところもあります。
そのため、使いたくても、石油ファンヒーターは使えないというケースも多いのです。

その点、電気ストーブは、電気代がかかるものの、自分がいる場所をピンポイントで温めてくれ、一人暮らしの人にとっては、冬の強い味方になります。そのほかにも、電気毛布やこたつというのも、電気で温めるという点では電気ストーブと同じように使うことが出来て便利です。

一人暮らしの暖房費の節約は家電のコスパと使用頻度を考えましょう

自分の使い方に合った暖房器具を使うことが節約になる

夏の暑さ対策に使うクーラーは、熱中症予防のため割り切って使うという人も多いでしょう。

でも、冬の暖房費は、予算を取っていないという人もいるのではないでしょうか。

40度近い暑さは、空気を適度に冷やさないと体調のバランスが崩れてしまいますが、寒さは厚着をするなどのちょっとした工夫で乗り切ることが可能だからです。

特に、一人暮らしの人にとっては家で過ごすのは自分一人なので、他の人のことを気遣う必要がなく、自分の好きなように温度管理をすることが出来ます。

暖房器具の中でも、消費電力が大きいのは”エアコン”です。

エアコンは、設定温度と実際の温度の差があるほど、電気をより多く使って作動します。
エアコンの電気は、スイッチを付けた時に多く使われるため、頻繁にスイッチを入り切りしていると、電気代がかかってしまいます。

一人暮らしをしている社会人の人は平日は朝と夜の限られた時間しかいないということも多いですよね。

その短い時間の中で、コスパが良くない暖房器具をしょっちゅう使っていると、電気代が前月よりも飛び抜けているということもあります。

そのため、できるだけコスパの良い暖房器具を使うということが暖房費を節約するためのポイントとなります。

一人暮らしの部屋は暖房のコスパを考えた物件を選ぶのも良し

省エネエアコンが設置されている部屋を選ぶ

エアコンは、家電の中でも電気代がかかるものということは知っているという人も多いでしょう。

一人暮らし向けの物件を選ぶ時、都内近郊ではエアコンが初めから設置されているという部屋がほとんどなので、クーラーを新たに購入するという必要がないのは助かりますよね。

クーラーは、暑い時にも寒い時にも使うことが出来る便利な家電ですが、メーカーやエアコンの種類によっても特徴があるので、同じ時間エアコンを使っても、電気代に差が出ることもあります。

最新型のエアコンでは、”省エネ”を重視したものもあり、古いタイプのエアコンより電気代を抑えられるものもあります。

そのため、エアコンで冬の暖房を乗り切ろうと考えている人の場合、少しでも暖房費を節約するためには、物件に付いているエアコンの種類もチェックしておくと安心です。

体や部屋を効果的に温めるグッズを活用するのもオススメ

電気代を使わない”グッズ”で寒さ対策をする

周りの友達に、自分が北海道出身だと言うと、「じゃあ、寒いのなんて平気でしょ!」などと言われることは、北海道出身者のあるあるではないでしょうか。北海道=冬は寒いというのは紛れもない事実ではありますが、誤解されていることがあります。

それは、北海道の家の中は冬こそ暖房ガンガンで暑いくらいということ。

北海道ではアイスの消費量は夏より冬が多いというのは、ストーブの前で背中をあぶりながらアイスを食べる人が多いということです。

私の知り合いは、家の中では冬でもTシャツと半ズボンで過ごす人も多いです。

そのため、北海道出身者が東京で暮らし始めると、冬の寒さが身に染みて堪えるという人が多いのです。

都会の寒さに慣れている人にとっては、冬を乗り切るために、身に付けるグッズなどで寒さ対策を上手くしていることがほとんどです。

寒さが足元からくるので、モコモコで温かいルームシューズを部屋で履いたり、カーペットの下に温度が一定に保たれる保温シートを敷くなど、簡単なことで、寒さが幾分緩和され、冬でも快適に過ごすことが出来ます。

冬の寒さでも快適に過ごすための一人暮らしの工夫を試してみましょう

断熱機能のカーテンを使って温度を快適に保つ

仕事が終わって夜部屋に帰ると、部屋の中の空気が冷たくなっていることはよくありますよね。

日中誰もいなくなる部屋では、部屋での活動量がゼロなので、日光が射し込んで部屋が温まっても、日が沈んでしまえば寒い部屋に戻ってしまいます。

一人暮らしの部屋が寒くなるというのは、ある意味仕方のないことですが、工夫によって寒さを和らげることは出来ます。

それは、「カーテン」です。

カーテンを購入する時に、柄や長さの他に、”断熱”の機能を持つカーテンもあります。
部屋に入る寒さは、部屋の窓を通って室内に入ります。

そのため、カーテンを断熱機能を持つ厚手の物にすることで、窓から入る冷気をシャットアウトしてくれるのです。

断熱カーテンを使うことで、冬の寒さを部屋に入れないだけでなく、夏の暑い時も外からの強い日差しを遮断してくれるという嬉しい効果もあります。カーテンは、目隠しや、インテリア要素で選ぶのではなく、こうした寒さ暑さ対策にもなる断熱機能のカーテンを選ぶことも、電気代の節約に役立ちます。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666