注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの暖房設定温度と温度を上げずに冬を乗り切る方法

節約をしたい一人暮らしの方が悩むのが、エアコン暖房の設定温度。
エアコンの暖房費は冷房費よりもかなり高くなるので、温度を極力上げたくないと思う一方で、今日は寒いから…とつい温度を上げてしまい、後で請求書を見て驚いてしまうという事態にも陥りやすいのです。
そこで、一人暮らしの暖房設定温度、温度を上げずに冬を乗り切る方法についてご紹介します。
首や足首など「くび」がつく部分を温めるだけでも体感温度が違います。
エアコンの暖房の温度を上げずに温まる方法はおすすめです。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの栄養を考えて食べる外食とは?食生活について

一人暮らしの偏りやすい栄養は外食しながらでも改善できるのでしょうか?外食をするときにも、ちょ...

一人暮らしのタイミングはいつ?社会人なら3年という節目

今回は社会人が一人暮らしを始めるタイミングについて紹介します。 あなたは今実家暮らしですか? ...

一人暮らしの部屋にマットレスを直置きするのは良いことなのか

一人暮らしの人の中には、寝床の費用を安く済ませようとして、ベッドフレームを買わず、マットレスを床に直...

一人暮らしが孤独!独身を卒業したい女性が孤独を解消する方法

一人暮らしが長くなってきたとき、独身の一人暮らしをしている自分のことを孤独だと感じることもあります。...

一人暮らしの引っ越しの挨拶・男が挨拶をする際のマナーと注意点

一人暮らしをするときは、近所の方に引っ越しの挨拶をするのがマナーです。ですが、男の一人暮らし...

一人暮らしの味噌汁の作り方の簡単なコツで美味しく栄養も取れる

一人暮らしであまり料理が得意ではない人でも、味噌汁の作り方がわかればそれだけで毎日美味しく自...

ユニットバスの換気扇はつけっぱなしが良いというのは本当なのか

マンションや新しいお家に設置されるのが当たり前になってきているユニットバスですが、「換気扇はつけっぱ...

一人暮らしが不安でも30歳なら一人暮らしをした方がメリット大

「30歳から一人暮らしなんて不安…」という女性の方も多いのではないでしょうか。 ただ一人暮らしの不...

一人暮らしの賃貸マンションの選び方!ポイントと注意点

一人暮らしの最初の難題となるのがマンション探し!なかなか自分の希望にピッタリの部屋を探すことは難しい...

一人暮らしの子供がもらって嬉しい食べ物!送る時に入れたい食品

お子様が一人暮らしをしていると、きちんと食事をとっているのか心配になりますよね。 不摂氏な生活をし...

一人暮らしのお風呂は寒い…暖かくする方法を紹介します

一人暮らしをしているとお風呂場が寒かったり、上がった後も寒いことがありますよね。 この寒いのはどう...

一人暮らしに最適な部屋選び。女性におすすめの間取り

これから一人暮らしを始めたいという女性にとって、物件選びは大切です。特に初めての一人暮らしの場合には...

一人暮らしの学生にも飼育しやすいペット!注意点と心構え

一人暮らしの部屋に帰ると、シーンと静まり返った部屋は寂しく感じます。特に今まで親元で過ごして...

一人暮らしの子供に喜ばれる食材は?送るときにおすすめの食材

今まで一緒に暮らしていた子供が一人暮らしを始めたら、きちんと食事はできているか、健康的な生活をしてい...

一人暮らしで和室か洋室か悩んだら。和室をおすすめするワケ

一人暮らしを始めようと部屋を探した時に色々な物件がありますが、和室か洋室かで悩むこともあるでしょう。...

スポンサーリンク

一人暮らしのエアコンの設定温度、最も節電になる暖房の設定温度

環境省ではエアコンの設定温度は次のように推奨しています。
・ 夏期 28度
・ 冬期 20度

エアコンの設定温度は1度変わると10パーセント程電気料金が変わるといわれています。実際にこの温度設定にすると夏は暑く、冬は寒い場合があります。そんな場合は温度以外の要素を上手に使うようにしましょう。

人は温度以外の要素で実際に感じる温度が違ってきます。湿度が高いと余計に暑く感じてしまうのです。そのためにエアコンで冷房運転をすると除湿も同時に行うモードがあります。また、風も関係します。同じ温度でも風が吹いていると寒く感じるものです。エアコンを28度で運転してまだ暑い場合は、扇風機を使いましょう。扇風機はファンを回して風を送るだけなので消費電力は格段に少ないです。
反対に冬はエアコンだけで寒いと感じた場合は加湿器を併用して室内の湿度を上げます。エアコンで暖房を使用すると空気が乾燥するので肌の乾燥や風邪の予防にもなります。人の快適な湿度は50パーセント前後です。

熱い空気は部屋の上部に、冷たい空気は部屋の下部にたまります。サーキュレーターを利用して室内の空気を動かすと温度が均一になります。空気清浄機の風量を強くして使用するのも良いでしょう。

一人暮らしでエアコン暖房の設定温度を上げたいのであれば、他の光熱費を節約して乗り切るのも考え方の一つ

エアコンの暖房でかさむ電気代を、他の家電で節約する事によって補うのも一つの手です。

一人暮らしの電気代を節約する方法をあげてみます。

冷蔵庫の設定温度は弱にする。

冷蔵庫の温度設定を下げると食品が傷みやすくなるのでは…と思われる方もいるかもしれません。しかし、メーカーが設定しているものなので、弱くしても極度に食品の劣化が早まることはありません。特に冬は室内の気温が低くなるので、冷蔵庫の設定は夏よりも弱くした方が適した温度になるでしょう。

テレビは節電モードにする。

最近は多くのテレビに節電モードが搭載されています。テレビの設定は節電モードにしておきましょう。画面の明るさが抑えられると、節電のほか目にも優しくなります。

お風呂ではなくシャワーにする。

一人暮らしの場合は、お風呂よりもシャワーの方が光熱費が安くなります。しかし、寒い冬にはやっぱりお風呂で温まりたい…という方は多いでしょう。その場合は、お湯の温度を38~40度と低めにします。ぬるいお湯にじっくりと浸かると身体を芯から温めることができるので、寒い冬には一石二鳥です。

パソコンも節電モードで使用する。

テレビと同じようにパソコンも節電モードで使用しましょう。パソコンは起動する時に電量を多く使用するので、スリープモードを活用しましょう。

節約思考の一人暮らしの方におすすめ、暖房の温度を上げずに冬の時期を乗り越える方法

一人暮らしを長くするのであれば、エアコン以外の暖房器具を購入する事を検討してみましょう。

エアコンの暖房費よりも、ホットカーペットやこたつの方が電気代が安くなります。また、エアコンの暖房は上方から温風を吹き出して暖めるので空気が乾燥してしまいます。乾燥はお肌や喉に良くなく、ウィルスが飛んで風邪を引きやすくしてしまいます。ホットカーペットは冷える足元部分から暖めることができるので、身体に優しい暖房方法と言えるでしょう。こたつも同様で、足が冷える方は素早く身体を暖めることができます。

エアコンの暖房が冷房よりも費用が高くなる理由

夏の外気温と設定温度の差よりも冬の外気温と設定温度の差の方がおおきくなります。必然的にエアコンを運転するのにより多くのエネルギーを必要とします。エネルギーを多くしようするということは電気の使用量にも反映されてくるのです。
エアコンよりも消費電力が少なくて効率のよい暖房を利用すると電気料金を節約する事ができます。

エアコンの暖房をつけた時は自動運転、サーキュレーターで空気を循環させるのもおすすめ

エアコンを暖房として使用する場合に、できるだけ効率よく部屋を暖めて節電する方法をご紹介します。

エアコンを自動運転モードに設定する。

エアコンを自動運転モードに設定しておくと、室内を必要以上に暖めたりすることがなくなります。風向きもその都度適した方向に設定されるので、効率よく暖めることができます。

在宅中はエアコンをつけたままにしておく。

エアコンで部屋を暖める時に多くの電力を必要とするので、エアコンを頻繁に点けたり消したりしない方が電気代がかかりません。家に居る間はエアコンは点けたままにしておくとよいでしょう。但し、就寝中もつけっ放しにすると空気が乾燥して喉や肌に良くありません。また、睡眠中は体温が下がるので、外気温も低い方が熟睡することができます。そのため、就寝中はエアコンは消したほうが良いのです。寒い場合は布団を増やしたり湯たんぽを使用すると良いでしょう。

エアコンは外出する30分前に止める。

外出すると分かっている場合は、その30分前くらいにエアコンを止めます。30分ではなくともその時期の温度によって、エアコンを止めても耐えられるであろう時間を調節して早めに止めます。家を出る直前まで運転しているのは勿体無いです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666