注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしで犬を留守番させる時の注意点とおすすめな犬種

一人暮らしでも犬が飼いたいと思うことはあるでしょう。
心配なのが、飼い主が留守にしている間の留守番の時間ですね。

今回は一人暮らしで犬を飼う場合の留守番について紹介します。

一人暮らしの場合は、部屋もそんなに広くはないでしょう。
なので小型犬の方がおすすめです。また留守番の時に吠えてしまう心配もあります。
無駄吠えが少ない性格の犬や、穏やかな性格の犬種が良いでしょう。

おすすめな犬種も紹介します。

留守番をさせるにはトレーニングも行いましょう。留守番トレーニングの様子も紹介します。

また一人暮らしで犬を飼う場合の注意点も併せてご覧ください。
事故やイタズラを防ぐ環境を作ってあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしするなら?木造と鉄筋の違いや選び方を紹介します

一人暮らしの物件を選ぶときに迷ってしまうのが、木造と鉄筋ですよね。それぞれの特徴やメリット、...

一人暮らしの猫はかわいそう?猫は孤独に強く運動出来ればOK

猫が好きという方は、一人暮らしでも猫を飼いたいと思うでしょう。 猫との暮らしは楽しいでしょうが、...

一人暮らしでもできるこたつ布団の洗濯方法はコインランドリー

こたつのシーズンが終わると、こたつ布団を洗濯してから収納するのが基本です。しかし、一人暮らしをして初...

一人暮らしのフライパンの大きさの選び方のポイントと注意点

一人暮らしで使うフライパンは大きさ選びにも悩みます。 フライパンはどんな大きさのものを揃えておけば...

一人暮らしの休日を潰してまで家事をするのはもう卒業!掃除テク

仕事が忙しく帰りも遅い一人暮らしの方だと、休日は家事だけで1日終わってしまう…ということもあるのでは...

自炊は食費を安い値段で抑えられる!簡単に自炊する方法とコツ

食費の節約のために自炊をしようかと考えている人もいるのではないでしょうか。 自炊は、食費を安い...

一人暮らしの栄養を考えて食べる外食とは?食生活について

一人暮らしの偏りやすい栄養は外食しながらでも改善できるのでしょうか?外食をするときにも、ちょ...

一人暮らしでも猫の多頭飼いはできる?多頭飼いについて

一人暮らしで家を空けることが多いから猫の多頭飼いをしたいけれど、どんな準備や心構えが必要なのでしょう...

一人暮らしの子供がもらって嬉しい食べ物!送る時に入れたい食品

お子様が一人暮らしをしていると、きちんと食事をとっているのか心配になりますよね。 不摂氏な生活をし...

一人暮らしに最適な部屋選び。女性におすすめの間取り

これから一人暮らしを始めたいという女性にとって、物件選びは大切です。特に初めての一人暮らしの場合には...

一人暮らしで救急車を呼ぶとき鍵はどうする?呼ぶ前後の対応

一人暮らしで救急車を呼んだ場合、鍵はどうなるのでしょうか?もし身動きが取れなくて鍵をかけている状態だ...

一人暮らし向け簡単DIY!賃貸でもできる楽々diyのアイデア

賃貸の場合にはdiyをしたいと思っても、引っ越しする時のことを考えると簡単に手を加えられませんよね。...

一人暮らしが怖いのは特に夜。出来る防犯対策と注意したい事

一人暮らしは防犯面が心配ですね。 特に怖いのが女性の一人暮らしの夜ではないでしょうか。 ...

一人暮らし、初めて寂しいと感じた瞬間の気持ちの解消法

進学や就職を機に一人暮らしを始め、初めて寂しいと感じるようになってしまい、一人で居る時間の寂しさに悩...

一人暮らしはレンジとトースターを別々にした方が良いのか

一人暮らしの部屋に置く家電で必需品とも言えるもののひとつに電子レンジがあります。 シンプルに温め機...

スポンサーリンク

一人暮らしに向いている犬の特徴を紹介

犬を好きな人なら、一人暮らしをしていても犬を飼えないものかと考えてしまいますよね。犬は私たち人間の家族にもなり親友にもなります。一人で暮らしていても、犬がいるなら寂しさも感じなくなるでしょう。家に帰るのが楽しみにもなり、生活にもハリがでます。
ですが、一人暮らしの部屋はあまり広くはないので、犬にとっては適切な環境ではないと心配になったり、忙しくて外出がちな人なら犬に留守番をさせてしまうことにも後ろめたさがありますよね。犬は犬種によって性質が違い、飼い方にも違いがあります。一人暮らしでも飼うことができる犬種を選ぶことがポイントです。

一人暮らしで部屋が狭いのなら、小型犬を選んでください。

中型犬や大型犬にはそれなりに広いスペースが必要です。室内に置くハウスやトイレも大きいサイズになってしまうため、狭い部屋だと犬に必要な物を揃えただけで動けるスペースが少なくなってしまいます。小型犬なら、狭い部屋でも小さな体には十分スペースがあるはずです。家の中で遊ぶこともできるはずです。

一人暮らしだと犬を一匹でお留守番させることも多いので、大人しい性格の犬種が適しています。無駄吠えが少なく、運動量もそれほど必要のない小型犬が良いでしょう。

留守番が多い一人暮らしにおすすめな犬種

一人暮らしの部屋で飼う犬は犬種選びにポイントがあります。

あまり広くはない部屋を考えて、まずは小型犬であること。中型犬が好きでも、部屋の広さから考えて小型犬を選んでください。犬は小型犬、中型犬、大型犬と犬種によって分けられていますが、体の大きさには個体差があります。

我が家はボーダーコリーで中型犬のはずですが、体重25キロ超えの大型犬サイズになりました。他にもミニ柴のはずが普通の柴犬サイスになったという話も聞きます。小型犬を選んでおくと、体格がよい場合でも中型犬サイズでおさまります。

一人暮らしで買う犬は性格が穏やかでしつけがしやすいことも大切です。

無駄吠えが多いと周り近所に迷惑をかけてしまいますし、やんちゃな性格だと家の中がメチャクチャになってしまいます。好奇心旺盛で活発な犬だと家の中にあるもの全てがオモチャで、高いところでもぴょんとジャンプして上がってしまいます。
しつけやすいこともポイントです。ちゃんと言いつけを理解できる賢さがある犬種を選んでください。

一人暮らしにおすすめの犬種

小型犬と言ったらチワワが思い浮かびますよね。小さな体なので、狭い部屋でも走り回ることができます。運動量もそれほど必要ありません。無駄吠えが多い犬種なので、きちんとしつける必要はあります。

トイプードルは小型犬なので体のサイズが小さく、巻き毛のため抜け毛もそれほど気になりませんが定期的なトリミングは必要です。賢い犬種なのでしつけはしっかりと行ってください。しつけ次第でお留守番もきちんとできるようになります。

マルチーズはしつけがしやすいので、昔から人気のあるペットです。ぬいぐるみのような見た目もかわいく、運動量もそれほど必要ではないため家の周りを少し散歩する程度でも十分です。

一人暮らしで犬を留守番させるなら留守番トレーニング

一人暮らしの場合、あなたが外出してしまうと犬はずっと一匹だけで家に残されてしまいます。誰もいない間も大人しくしていられるようにしなくてはなりません。
家の中に誰もいなくなったことで犬が不安を感じてストレスになることも心配ですが、いたずらを始めるやんちゃな犬もいます。大人しく上手に留守番ができるように、トレーニングをする必要があります。

犬は褒めてしつけるのが基本です。そのため、きちんと出来たときは笑顔で喜んで褒めてあげたり、ご褒美のおやつを与えるのも良い方法です。

一人暮らしで飼う犬のお留守番トレーニングの方法

少しずつ様子を見ながら、お留守番に慣れてもらうようにトレーニングをします。まずは少しだけ家の外に出てください。犬は飼い主がいなくなったことに気がつき、不安に感じ始めます。そこで家に中に入ってください。飼い主が家の外に出ていなくなったけれど、すぐに戻ってくると印象づけます。
今度は先程よりも少し長めに家の外に出ます。そして家の中に入り、大人しくしていたことを褒めてあげてください。これを繰り返して外にいる時間を少しずつ長くしていきます。

吠えるのを待って家の中に入ることはやめてください。吠えると飼い主が戻ってくると考えてしまいます。留守番をしている間ずっと吠えてしまうことになりかねません。

一人暮らしで犬を飼う時の留守番などの注意点

一人暮らしで犬を飼う時に肝心なのが、きちんとお留守番ができることです。

飼い主が一人ということは、あなたがいない時間は犬が一匹で過ごさなければなりません。他に面倒をみる人もいないため、しつけや世話はあなた一人に責任があります。留守中に吠えたりいたずらをするようなら、安心して家を留守にすることができませんよね。お留守番ができるようになるまで、根気よくトレーニングをしてください。

犬は音に敏感で、大きな音が苦手な犬も多いです。

お留守番をしている時にも外から大きな音がしたり、チャイムや電話の音が鳴ることもあります。音に対していちいち敏感に反応し、怖がったり吠えたりすることがないよう、音は怖くないということも教えてあげてください。大きな音が聞こえた時に飼い主が過敏に反応すると、犬も音に対して敏感になり警戒するようになります。大きな音が聞こえても知らないふりをしたり、チャイムやベルに慌てて反応しないようにしてください。犬は常に飼い主の行動を見て学んでいるのです。

留守中の温度管理も大切です。

夏の暑さはもちろん、冬の厳しい寒さも犬の体には良くありません。エアコンやヒーターのタイマーを上手に使って、室内の温度を管理してください。特に暑さがひどい日は室内でも熱中症になってしまいます。エアコンで温度設定をし、水も必ず用意していから出かけてください。

犬を留守番させるときは事故やイタズラを防ごう

犬の留守中で気をつけたいのが、いたずらと事故です。犬の中には好奇心が旺盛で、何でも噛んでボロボロにしたり、家の中を走り回るこもいます。大人しい性質と言われている犬種であっても性格はそれぞれです。おっとりとした性格のこもいれば、活発で常に何かをしているこもいます。家の中をある程度片付けておいても、いたずらできるものを見つけてはいたずらをしてしまいます。

成長して大人になると落ち着いてきますが、また幼いうちはいたずら多くなります。ティッシュや新聞、雑誌、スリッパなど、犬が噛んでしまうような物は必ず犬の届かないところに片付けてください。クッションなどを噛んで穴を開けるだけならまだましで、クッションの中の綿を飲み込んで病院で手術ということもあります。いたずらを防ぐことは事故を防ぐことにも繋がります。

電気のコードも噛んでしまう場合があります。これは危険ですので、コードを片付けるか、カバーなどをして犬が噛めないようにしてください。お留守番をしている間も退屈しないように、おもちゃを用意しておくのも良いでしょう。噛んだりして遊ぶことができる音が出るオモチャやゴム製のオモチャなどもおすすめです。

退屈しないようにとガムを与えて出かける人もいますが、これはやめてください。ガムを喉に詰まらせてしまう可能性があるからです。おやつなどの食べ物によっては、食べている様子を見ていなくてはならないものもあります。
犬が上手にお留守番ができた時はしっかりと褒めてあげてください。犬は飼い主が喜んでいいる様子が大好きです。犬と一緒に楽しく暮らすためには、飼い主もいつも笑顔で穏やかにいることも大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666