注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの味噌汁の作り方の簡単なコツで美味しく栄養も取れる

一人暮らしであまり料理が得意ではない人でも、味噌汁の作り方がわかればそれだけで毎日美味しく自炊ができます。
忙しくて料理をする時間がないという人でも、味噌汁がすぐに食べられる方法があるのです。

そこで、一人暮らしでも簡単にできる味噌汁の作り方について、基本の味噌汁の作り方やすぐに食べられる味噌玉の作り方、知っておきたい美味しいお味噌汁レシピや食材を無駄なく使うコツ、余った味噌汁の正しい保存方法や目安などお伝えしましょう。

これで、料理が苦手な人でも簡単に味噌汁が作れるようになりますし、味噌汁で栄養バランスも保つこともできるでしょう。
ぜひ早速味噌汁ライフをはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニットバスの換気扇はつけっぱなしが良いというのは本当なのか

マンションや新しいお家に設置されるのが当たり前になってきているユニットバスですが、「換気扇はつけっぱ...

【一人暮らしの女性必見】特に怖い夜、お家の防犯対策について

一人暮らしで自由を満喫!好きな時間に家に帰って、食事もお風呂も自分の都合に合わせて。まさに自...

一人暮らしの外食の頻度と上手な食費の節約方法

一人暮らしだとついつい外食が多くなってしまいがちです。仕事で帰りが遅くなった時や、友人に誘わ...

一人暮らしに最適な部屋選び。女性におすすめの間取り

これから一人暮らしを始めたいという女性にとって、物件選びは大切です。特に初めての一人暮らしの場合には...

一人暮らしのラグの色の選び方とは?どんな部屋にしたいかが大切

一人暮らしの部屋のラグはどんな色がおすすめなのでしょうか?これからラグを敷く予定の人はこんなことを意...

一人暮らしが湯船に浸かる頻度は?おすすめの入浴法もご紹介

一人暮らしは湯船に浸かる頻度が少ないのでは?と感じてしまいます。 その理由は、お湯をためると電気代...

一人暮らしが孤独!独身を卒業したい女性が孤独を解消する方法

一人暮らしが長くなってきたとき、独身の一人暮らしをしている自分のことを孤独だと感じることもあります。...

自炊が続くコツは半調理。一人暮らしでも手作りメニューができる

 自炊をしたい!と思ってはいても、仕事が忙しく結局コンビニでお弁当を買って帰る日々を繰り返している…...

一人暮らしの食べ物でストックしておくといいのはコレです

一人暮らしの食べ物はどんなものをストックしておけばいいのでしょうか?買いにいくのが面倒なとき...

一人暮らしの冷蔵庫の中身とは?冷蔵庫の活用方法を紹介します

一人暮らしの冷蔵庫はどのような中身であればいいのでしょうか?これから自炊をしようと思っているのなら、...

一人暮らしは意外と知らないダンボールの捨て方と注意点を解説

一人暮らしを始めた時、引っ越しなどで出たダンボールの捨て方がわからずに困ってしまうことがあります。 ...

一人暮らしの湯船は何日間使える?お風呂のお湯替えについて

一人暮らしの湯船は何日までなら追い焚き可能なのでしょうか?なんとなく、次の日の朝に追い焚きをしていま...

一人暮らしの暖房はコスパを考えて選ぶ!オススメや節約方法

一人暮らしでは暖房費を節約したいと考える人も多いでしょう。 できれば暖房器具もコスパの高いものを選...

一人暮らし先へ荷物を運ぶ時に実家から持っていくべき物

住み慣れた実家を離れての一人暮らし。新しい住まいには家具や家電など色々な物が必要ですが、使える物...

一人暮らしのキッチンの収納棚を有効的に使いたい

一人暮らしの部屋を考える時に、キッチンの収納棚の事も考えなくてはいけません。 備え付けのもので足り...

スポンサーリンク

一人暮らしでも簡単にできる味噌汁の基本的な作り方

味噌汁は、自炊の中でも短時間で簡単に調理ができて、栄養価も高い一品です。
一人暮らしの場合には、小さなフライパンを使うことで、簡単に調理が出来ますので、まずは基本的な味噌汁の作り方を覚えて、自炊の第一歩にしてみましょう。

一人暮らしにおすすめ味噌汁の作り方

用意するもの

  • フライパン
  • 顆粒だし
  • 味噌
  • お好みの具材

作り方

  1. フライパンに水を200ml(またはお椀一杯分)入れます。
  2. 顆粒だし、お好みの具材を1に入れて煮立たせ、具材に火を通しましょう。
  3. 火を止めて、味噌大さじ1を溶いたらできあがりです。

出汁を本格的に取りたい方は、多めに取った出汁をピッチャーに入れて、冷蔵庫で保存しておくと、毎回出汁を取る手間が省けます。
私は、ピッチャーに「だし昆布」「干ししいたけ」「煮干し」と水を入れて冷蔵庫に入れておいた物を出汁に使っています。水に浸しただけで美味しい出汁が出るので、おすすめです。

合わせだしの取り方

用意するもの

  • だし昆布10g
  • 鰹節20g
  • 水1L
  • ガーゼ(コーヒーフイルターも可)

取り方

  1. 鍋に水1Lを入れてだし昆布を浸し、1時間放置します。
  2. 1を加熱し、沸騰直前で火を止めて昆布を取り出し、再度加熱して沸騰させます。
  3. 火を止めたら湯の中に鰹節を入れて3分おき、コーヒーフィルターやガーゼなどをしいて、こします。

ピッチャーに取った出汁は、冷蔵庫で3~5日程度日持ちします。

一人暮らしにオススメな味噌汁をすぐに食べられる味噌玉の作り方

毎日味噌汁を作るのが面倒だと言う方におすすめしたいのが、「味噌玉」です。
味噌玉は、味噌汁1食分に使う味噌を丸めて冷凍しておくので、食べる時にお湯を注ぐだけで完成できるという点で、忙しい一人暮らしの方に大変おすすめの調理方法です。

乾燥わかめや、とろろ昆布など、乾燥した具材を一緒に混ぜて置けば、お湯を注ぐだけで簡易味噌汁が出来上がりますし、鍋で作るときにもいちいち味噌を計る必要がないので、調理の時短にもなります。

味噌玉の作り方
用意するもの(5食分)

  • 味噌大さじ5
  • 顆粒だし少々
  • 乾燥食材(わかめ、とろろ昆布、麩など)
  • ラップ
  • 冷凍保存袋

作り方

  1. 味噌大さじ5杯と顆粒だし少々を混ぜ合わせます。
  2. ラップに1を大さじ1杯取って丸め、周りに乾燥食材を絡めておきましょう。
  3. ラップをねじって止め、冷凍保存袋に入れたら冷凍庫に入れて完了です。

食べる時には、お椀に味噌玉とお湯200mlを注げば出来上がり。
味噌汁の調理時間がなくなった分、他のおかずの調理に時間を使えますね。

味噌汁アレンジの作り方を知っていれば一人暮らしの栄養バランスも保たれる

ご存知の通り、味噌汁にはどんな食材も合います!
肉、魚、野菜、豆腐、生姜、など、何を入れても美味しく食べられる味噌汁は、一品だけでも栄養が取れる、すばらしいメニューです。

簡単な乾燥食材を使った簡易味噌汁も良いですが、野菜たっぷりのボリューム満点味噌汁で、食生活を整えてみてはいかがでしょうか。
  • 豚汁
    豚肉、大根、人参、ごぼう、生姜などの食材を入れれば、おかず味噌汁の完成です。
    ご飯と豚汁だけで、立派な献立になりますね。
  • きのこ汁
    きのこ類は、安く手に入るだけでなく、栄養価が高いことで有名な食材です。
    しいたけ、えのき、しめじ、まいたけ、なめこ等、あらゆるきのこ類をごちゃまぜにしたきのこ汁は、きのこの出汁が出て、とても美味しいですよ。
  • さつまいも汁、かぼちゃ汁
    さつまいもやかぼちゃなどのゴロッとした食べごたえのある食材も、味噌汁にピッタリです。ホクホクした甘さと、味噌の味がたまりませんね。お腹に溜まるので、腹持ちが良いです。節約料理にもピッタリです。
  • 定番野菜の味噌汁
    白菜、キャベツ、などの葉物野菜と揚げ、豆腐などの食材を合わせた定番味噌汁も、ぜひレパートリーに入れておきましょう。
    実家の味噌汁を思い出す、懐かしい味に、心も温まります。

食材は味噌汁にすれば簡単で無駄なく消費されます

一人暮らしの自炊で気になるのが、冷蔵庫に余ってしまう、残り食材。
使おうと思って買ってきても、使いきれずにシナシナになってしまったり、腐ってしまったりすることは、よくありますよね。

そんな時にも、味噌汁を日々の定番メニューにしていれば安心です。

少し元気がなくなってきたな…。今日中には使い切りたいな…。と思う野菜を冷蔵庫の中に見つけたら、迷わず味噌汁を作りましょう。
どんな野菜とも合う味噌汁なので、冷蔵庫の中の余り野菜を傷めてしまう前に、無駄なく使い切ることができます。

意外かもしれませんが、トマトやキュウリ、レタスなどのサラダに使うような野菜も、味噌汁には良く合います。

  • トマトは卵と一緒に
  • キュウリは皮を向いて油揚げと煮込んで
  • レタスは鰹節と一緒に

など、それぞれに合う食材と調理方法が異なりますが、生で食べるものだからと決めつけずに、味噌汁にしてみて下さい。
新しい発見があるはずですよ。

このように、味噌汁を自炊していれば、冷蔵庫の無駄を減らすことも出来て一石二鳥です。冷蔵庫の食材を使い切ることは、食費の節約にもつながりますよね。

余った味噌汁も上手な保存方法で美味しく食べましょう

多めに作って、余った味噌汁は、冷蔵庫で保管ができます。

おすすめの保管方法は、「タッパー」を使う方法です。
小さめのタッパーに味噌汁を一食分ずつ入れて、しっかり蓋をして密閉し、冷蔵庫に入れましょう。
耐熱の容器であれば、そのままレンジで加熱して食べることができます。

保存は冷蔵庫で2~3日。
食べるときには必ず温めてから食してください。

冷凍保存も可能ですが、一度冷凍してしまうと、冷凍庫の奥でそのままになってしまうことが多いので、私は冷蔵保存をおすすめします。
冷凍するときには、冷凍保存容器や冷凍保存袋に入れて冷凍し、冷蔵庫で解凍してからレンジで加熱してから食べるのがおすすめです。
「豆腐」「じゃがいも」「こんにゃく」などの食材は、冷凍すると食感がおかしくなってしまうので、注意してくださいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666