注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしでゴミ箱は何個必要か。ゴミの分別を考えた個数を準備

一人暮らしをされている皆さん、部屋の中にゴミ箱は何個おいてありますか?

ゴミ箱が少ないとゴミ箱の場所まで毎回捨てにいくのは面倒ですし、多いと場所をとってしまったり、見た目も良く無いですね。

そこで今回は一人暮らしの生活に必要なゴミ箱について考えていきたいと思います。

まずは部屋の数や大きさにもよりますが、居間やキッチンなど基本的に必要な数を紹介します。

キッチンにもゴミ箱を置いた方が良いですが、ここはフタ付きのタイプがおすすめです。キッチンは生ゴミも多く出やすいので、臭いには気をつけましょう。

住んでいる地域によってゴミの分別方法は違いますが、ペットボトルや缶など分別が必要ですね。
おすすめなゴミ箱も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの物件探しのコツ!失敗しないためのポイントと注意点

はじめて一人暮らしの物件探しをするときは、何もわからずになんとなく住みたい部屋を選んでしまう...

一人暮らしに不安を感じている大学生のために解消法を教えます

親から離れて大学生から一人暮らしを始めるとなると、誰でも少なからず不安を抱えているでしょう。...

一人暮らしの暖房はコスパを考えて選ぶ!オススメや節約方法

一人暮らしでは暖房費を節約したいと考える人も多いでしょう。 できれば暖房器具もコスパの高いものを選...

一人暮らしに必要な食器の数と選び方。2セット買いがおすすめ

一人暮らしをする時、食器はどのくらいの数が必要か悩んでしまう時があります。 特に大学生の場合は、一...

一人暮らしだとタオルは何枚必要?自分に必要な枚数について

一人暮らしを始めると、消耗品のストックはどれほどあれば良いのか?考えてしまいます。「備えあれば憂いな...

一人暮らしの夕飯を外食で済ませたい時のお店選びとポイント

一人暮らしの夕飯を外食でさっさと済ませたい!という気持ちよくわかります。 仕事で疲れて帰っ...

一人暮らしで水道代が固定された物件を選ぶメリットとデメリット

一人暮らし用アパートの中には、水道代が固定されている物件があります。 一見するとメリットが大きいよ...

一人暮らしで最初に購入したい食材・調味料!食材購入のポイント

一人暮らしを始めたばかりの人は、最初にどのような食材を購入すれば良いのかわからないものです。...

一人暮らしのトイレットペーパーをおしゃれに収納するコツを解説

一人暮らしの狭いトイレ。トイレットペーパーはどこに収納すればいいのか悩む女性も多いでしょう。 ...

自炊は食費を安い値段で抑えられる!簡単に自炊する方法とコツ

食費の節約のために自炊をしようかと考えている人もいるのではないでしょうか。 自炊は、食費を安い...

一人暮らしの子供に喜ばれる食材は?送るときにおすすめの食材

今まで一緒に暮らしていた子供が一人暮らしを始めたら、きちんと食事はできているか、健康的な生活をしてい...

一人暮らしの部屋で花を育てるなら何が必要か

一人暮らしの楽しみと言えば、ゆったりとした時間を過ごすことです。 しかし、だからと何もしな...

一人暮らしに最適な部屋選び。女性におすすめの間取り

これから一人暮らしを始めたいという女性にとって、物件選びは大切です。特に初めての一人暮らしの場合には...

一人暮らしには布団とベッドどちらが良い?寝具の選び方について

一人暮らしを始めると一番先に購入を考えるのが寝具ではないでしょうか。布団にするかベッドにするか、迷っ...

一人暮らしの暇つぶしに最適な方法は?社会人の暇つぶし方法

忙しく働いて休日をやっと迎えたのに、いざ休みになるとやることがない!一人暮らしで家にいてもつ...

スポンサーリンク

一人暮らし必要なゴミ箱は何個?大きさや数にもよる

一人暮らしの準備にあたり、何個必要か、どんなタイプが良いのか、悩んでしまうことは人それぞれあるでしょう。
その中でゴミ箱について悩む人もいるとおもいます。

一人暮らしなのでゴミ箱は1~2個で十分だろうと考える人もいると思います。
しかし、ゴミ箱の位置が遠いといちいち捨てに立ち上がることが面倒で結局テーブルやフローリングの上に置きっぱなし、なんていう結末も想像することができます。

一人暮らしなのでゴミ箱の大きさ的にはそこまで大きい物は必要ありません。
キッチンにおく分別用のゴミ箱を除くと、リビング、寝室、女性ならトイレや洗面所にもおくと便利ですね。
トイレや洗面所に置くゴミ箱はリビングや寝室に置くほどのゴミ箱の大きさは必要ではないですし、リビングや寝室に置くゴミ箱もキッチンほど大きいものではなくて良いですね。

必ずしも各部屋になければいけないと言うことでもありませんが、あればすぐに捨てられるので便利かもしれません。

しかし、各部屋にゴミ箱を何個か置くことにより、見栄えが少々悪くなってしまうことや、掃除の際に掃除機をかける時にずらす手間、そしてゴミを集める手間がかかる、このよなデメリットがあります。

もしゴミ箱の数を減らすなら、一個のゴミ箱の大きさを大きいものにすると良いでしょう。ゴミ箱の数や大きさは結局はあなたの好みや考え方次第なのかもしれません。

一人暮らしのゴミ箱は何個あると良いのか。分別を考えると

一人暮らしゴミ箱は一体何個あればいいの?

この疑問を解決するためのアドバイスがあります。

トイレ用のゴミ箱のサイズはある程度決められたものですし、リビングや寝室、洗面所にそれぞれゴミ箱を置くならゴミ箱はそれほど大きいものは必要ないですね。

ゴミ箱の数をなるべく減らしたいというなら1つ大きいものを用意すると良いでしょう。

リビング、寝室、トイレ、洗面所のゴミ箱は好みや考え方によって1つまたはそれぞれに置くなら4つは必要です。
前述したゴミ箱を書く場所に置くデメリットもあります。
各部屋に置くことを理想とする人はデメリットにもある掃除を考え、間をとって2つなどゴミ箱の数を検討してみましょう。
問題はキッチンのゴミ箱です。
住む地域によってゴミの分別は異なりますが、燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチックは必ず分別します。
分別を考えると最低3つのゴミ箱は必要ですし、その他、紙類、缶ビン類など細かな指定がある地域も少なくありません。

キッチンに置くゴミ箱に限っては地域のゴミルールに従ってゴミ箱の数、そして一人暮らしの家のスペースを考慮した大きさのゴミ箱を用意すると間違いはないでしょう。

大きすぎてもスペースをとってしまうし、小さすぎてもゴミが溢れてしまいますので、そこのさじ加減が難しいところでもあります。

一人暮らしのキッチンのゴミ箱はフタ付きがおすすめ

ゴミ箱には蓋付きとそうでないものがあります。
一人暮らしのキッチンに置くゴミ箱に関しては蓋付きのものをオススメします。

なぜならキッチンは生ゴミが多くてる場所です。
生ゴミを袋に入れてきっちり縛ったり、袋を二重にしたりなどなんらかの対策をとっている人は多いですが、特に夏場はどんな対策でも生ゴミの異臭が発生してしまいます。

また、多くの地域ではその他のゴミで汚れている場合は容器を軽く洗い汚れを落としてから捨てるようにと指示があるでしょう。
お肉や魚、缶、ビンの容器を軽く洗い流す程度だけでは、どうしても臭いが発生してしまうこともあります。
だったらきっちり洗えばいいのでは?と思うのですがどうせ捨てるゴミなのできっちり洗うのもなんだか…となってしまうんです。

そんな際の対策として蓋付きのゴミ箱が大活躍です。
蓋付きのゴミ箱は異臭効果、コバエ効果、また生ゴミが直接目に入らない事で見栄えも良くなる効果があります。

蓋付きゴミ箱でも大中小と大きさや、様々な形やデザイン、素材が豊富にあります。
デザイン性に凝ったもの、機能性に優れたもの、お好みのゴミ箱を探してみましょう。

一人暮らしのゴミ箱は何個?目的にあった選び方

ゴミ箱を置く場所と、何個ゴミ箱を置くか決まったらゴミ箱を探しにいきましょう。

ゴミ箱を探しにいくとそれぞれにあった特徴があることに気がつくと思います。

例えば、キッチンに置くゴミ箱なら、スペースと取らないスリムな縦長、そして分別出来るように2段または3段になって仕切りがあるものがあります。
家具と家具の間やデットスペースと呼ばれる微妙なスペースなどに収納しやすく、一人暮らしのゴミの量を考えても、キッチンに置くゴミ箱のタイプでオススメです。

一人暮らしで自炊や家にいる機会が少なくあまりゴミが出ないというなら、フックに袋をかけて分別できる簡易的なものもあります。

またリビングに置くゴミ箱はデザイン性を意識してリビングの雰囲気を壊さないようなものを選ぶと気分も良いでしょう。
温かい雰囲気のある木目調で合わせたリビングには木製のゴミ箱を選ぶと良いですし、シックにモノトーンでまとめているなら、白や黒のシンプルなものが合うでしょう。

それぞれの場所や、目的にあった、ゴミ箱を選びましょう。
そうするとゴミ箱を無駄にすることがなく、更に選ぶものによってはゴミ箱1つで家のインテリアとして楽しむこともできるでしょう。

一人暮らしでゴミを減量化する方法

大きいもの小さいものに限らず生活する上でゴミはほぼ毎日でると言っても過言ではないでしょう。
一人暮らしといえど気にせず暮らしていると、ゴミがゴミ箱から溢れかえってしまうということもあります。
このような対策にはゴミの減量化を意識してみましょう。

ゴミを減量化するための方法

  • マイカゴ、マイバックを持参する
    買い物に行く際は有料ゴミ袋を買うのではなくマイバック、マイカゴを持参しましょう。
  • リユースボックスを利用する
    お肉や魚のプラのパッケージなどはプラゴミに出さずにリユースボックスに入れましょう。
    リサイクルボックスはスーパーの出入り口においてあることが多いです。
  • マイボトルを持ち歩く
    行きつけのコーヒー屋さんにいくならマイボトルを持ってテイクアウトしたコーヒーのゴミを出さないようにマイボトル持参しましょう。
  • 詰替え用を購入
    ゴミは小さく済ませるためにも洗剤類は詰替え用を購入しましょう。
ゴミを減量化することにより家計の節約にもなります。
ゴミをすっきりまとめて、節約して、快適な一人暮らしを送りましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666