注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの部屋にカーペットを敷いておしゃれな部屋にするコツ

一人暮らしの部屋にカーペットを敷いておしゃれな部屋にしたい時、どんなカーペットを選ぶべきかで悩んでしまいます。
カーペットはラグよりも大きく与える印象が強いため、おしゃれな部屋にしたい場合はカラー選びに注意が必要です。
よりおしゃれな部屋にしたいのであれば、カーペットではなくラグを選ぶのもおすすめです。
ラグの選び方、カーペットにしようかラグにしようか悩んだ時の判断基準も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの収納術でキッチンを狭くてもスッキリ見せるコツ

一人暮らしの部屋ではキッチンが狭くうまく物を収納できずに悩むことがあります。そんなときにキッチンをス...

一人暮らし用アパートの選び方。女子学生が住む時のポイント

進学を機に娘が一人暮らしをするとなると、アパートの選び方にも力が入ります。 大事な娘ですから、やは...

一人暮らしの台所が狭い問題こうしたら使いやすくなります

一人暮らしの狭い台所を使い勝手よくするにはどうしたらいいのでしょうか?物を置きすぎないことが一番です...

一人暮らしをする時に準備しておきたい必需品、社会人ならコレ

社会人となって一人暮らしをする時、生活をする上で準備しておきたい必需品はいくつかあります。 ...

一人暮らしの野菜の買い方!適量を知って上手に買い物をしよう

一人暮らしをしている人の中には、野菜を購入しても使い切ることができずに野菜を腐らせてしまう人...

一人暮らしをするときの準備や不動産屋さんに聞くこと

一人暮らしの物件を決めるときに不動産屋さんに聞くことを予め決めておくと、後で聞いておけばよか...

一人暮らしでインフルエンザにかかってしまった時の食事について

一人暮らしのときにインフルエンザにかかってしまったときには食事はどうしたらいいのでしょうか? ...

自炊を安い値段で抑えたい!おすすめのメニューとアイデアを紹介

一人暮らしをしている人の中には、食費を安い値段で抑えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そ...

一人暮らしの通販の受け取り方!生活スタイルにあった受け取り方

一人暮らしの通販の受け取り困っていませんか?時間を指定しても、いつもならいるのに、たまたま出...

一人暮らしは何かとお金がかかるから、ご飯代を節約したい

一人暮らしの人は、お金を稼ぐのも使うのも自分一人ですから、なんでも自由に使うのが当たり前です。 し...

一人暮らしの部屋にこたつとホットカーペットのどちらを置くか

一人暮らしの部屋が寒いと感じた時に役に立つのがこたつやホットカーペットですよね。 しかし、それぞれ...

一人暮らしに最適なゴミ袋のサイズと地域のゴミ事情についてご紹介

一人暮らしは初めての事だらけ!ゴミ捨てだって、まずはゴミ袋のサイズに迷ってしまうのではないでしょうか...

一人暮らしの女子におすすめの部屋着と選び方について解説します

一人暮らしを始めたばかりの女子は、どんな部屋着にしようか迷う人も多いのではないでしょうか。 ...

ユニットバスの収納術!おしゃれで機能的な収納アイデアをご紹介

狭いユニットバスで悩むのが収納方法ですが、できれば見た目もおしゃれに収納したいもの。 そこで、バス...

一人暮らしはスーパーの惣菜を活用!ストレスフリーな食費節約術

一人暮らしをしている人の中には、仕事が忙しくてなかなか時間が取れず、いつも外食やコンビニ・スーパーの...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋をおしゃれにしたいなら、カーペットはできるだけカラーを抑えたシンプルなものがベスト

一人暮らしを始めるときは新しく家具などを買い揃える場合が多いので、自分好みの部屋に仕上げようと力が入りますよね。どんな部屋にしようかと考えて、自分の好きなデザインの家具や小物を選ぶのは楽しくもありますが、床に敷くカーペットについては悩むことも多いのではないでしょうか。

カーペットの選び方

好みの家具に合わなかったり、部屋のテイストを崩してしまうかもしれないと思うと慎重になってしまいます。

カーペットは床全体に敷き詰めるものなので、部屋の印象に大きく影響を与えてしまうもの

カーペットの色や柄次第で部屋が暗く見えたり、汚れが目立ちやすくなってしまいます。

カーペットにも様々な色があり、柄が入ったものもあります。

床の全体を覆うカーペットは主張のない無難な色を選ぶ

おすすめはベージュや明るめの茶色

部屋のテイストによっては薄いグレーなども良いでしょう。
明るめの色のカーペットだと汚れが目立ちやすいのではないかと不安に思うかもしれませんが、ちゃんと掃除をすると汚れは気になりません。ジュースなどをこぼしたシミはどんな色のカーペットでもシミとして残ってしまいます。薄めの色の方が汚れに気がつきやすいので、すぐにシミにも気づいて落とすことができます。

床が明るめの色だと部屋全体も明るくなり、広く見える効果もある

派手な色や個性的なカーペットを選んでしまうと、部屋全体のイメージがカーペットで決まってしまいます。茶系やグレーといった色なら部屋のテイストを邪魔することもないでしょう。

個性的でおしゃれな部屋にしたいなら、タイルカーペットもおすすめ

部屋を個性的にしたい場合ならタイルカーペットがおすすめです。

タイルカーペットとは?
カットされた四角い形のカーペットを床の広さに合わせて何枚も敷き詰めていくタイプのものです。

通常のカーペットなら床のかなり大きいため敷くのも大変な作業ですが、タイルカーペットはカットされたものを敷き詰めていくんだけなので、とても簡単です。タイルカーペットは色も豊富なので、単色でも良いですし、2色を組み合わせてみたり、何色かを使ってカラフルにすることもできます。

タイルカーペットは色の組み合わせ次第で個性を出すことができる

同系色の2色を使ってチェッカーフラッグ柄にするのも良いでしょう。薄めの色なら個性的になりすぎず、単色使いよりも退屈な印象にもなりません。

タイルカーペットの良さは、汚れた部分だけ外して水洗いをしたり交換することができるところ

拭いただけでは落とすことができないシミをつけてしまった場合はその1枚だけを交換すれば良いのです。
タイルカーペットを敷くときは、必ず部屋の端まで敷き詰めるようにしましょう。きちんを敷き詰めていないと、歩いたり掃除機をかけているうちに動いて崩れてしまうこともあります。

部屋の端の中途半端な部分は、タイルカーペットをはさみでカットしてぴったりのサイズにすると床全体にきれいに敷くことができます。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするのは、カーペットよりも断然ラグ

カーペットは床全体に敷き詰めるので、家具もカーペットの上に置きます。部屋に床が出ている部分がないため、部屋のどこに行ってもカーペットの上を歩くかたちになり、足元が冷えることもありません。また、上階の部屋ならカーペットを敷いているほうが足音などが響きにくくもなります。

カーペットは保温や防音の面からみてもとても便利

部屋をオシャレにしたいのならラグがおすすめ

ラグは床全体を覆うのではなく部分的に敷くものなので、部屋の中には床の部分もあるかたちになります。
ラグを敷くときは、壁に配置した家具の部分には敷かず、部屋の中央にだけ敷くようにします。6畳の部屋なら2~3畳くらいのラグを、部屋の中でよく過ごす中央に敷くと良いでしょう。

ラグはデザインが豊富で、個性的なものも多い

部屋に入ったときにすぐに目に入ってくるものなので、地味な部屋に個性を出したいときにも便利です。ラグの色柄で部屋の印象も大きく変わってきます。大きな家具の下には敷かないことで、気軽に取り替えることもできますので、季節によって変えてみるのも良いでしょう。

模様替えの時には違うデザインのラグにするだけで部屋のイメージを変えることができます。汚れが気になってクリーニングに出したいときも簡単です。

一人暮らしの部屋をおしゃれに演出するラグの選び方

ラグはカーペットと違って床全体を覆うものではありません。部屋の中でもよく過ごす場所に敷き、部屋のアクセントにもなるものです。ラグひとつで部屋の印象を変わるので、ラグを選ぶときは部屋のテイストを崩さないものを選ぶようにしましょう。

ラグのサイズは部屋の大きさと余白のスペースに合わせて選ぶ

ラグの大きさは家具を置いた後にどれくらいのスペースができるかによっても変わってきますが、8畳の部屋で2畳位の大きさを目安にすると良いでしょう。8畳よりも広い部屋ならラグももう少し大きいサイズ、6畳部屋なら1.5畳のサイズを目安にしてください。

ラグは形によっても使いやすさや印象が変わる

部屋の形や余白スペースに合わせてラグの形も選ぶと良いでしょう。一般的に長方形のラグが部屋に合わせやすく、人気もあります。部屋をオシャレに見せたいときは円形や楕円形のラグを選んでみてください。

色や柄が大人しめのデザインのラグでも、形を円形するだけで部屋に個性が出てアクセントとなります。

ラグは足元を暖かくするだけでなく、防音の効果や家具によって床に傷をつけるのを防ぐ効果もある

ダイニングやデスクのチェアは座る度に動かすので、その時に傷がつきやすくなります。チェアの脚の下にラグを敷くことで床へのダメージや階下に響く音を防ぐことができます。ソファーの脚をラグの上に乗せると、座ったり寄りかかったときにソファーがずれなくなります。家具の滑り止めにもなります。

ラグを選ぶときは部屋のテイストに合わせた色や柄のものを選び、オシャレに見せたいときは形で個性を出したり、毛足の長いラグを選んでください。特に床の上に座ることの多い生活スタイルの人は毛足の長いラグがおすすめです。ふかふかとして気持ちが良いだけでなく、床からの冷えが伝わりにくくもなります。ダイニングテーブルやデスクの下に敷くのなら毛足の短いラグが良いでしょう。毛足が短いと掃除や洗濯がしやすくなるので、食事を取るなど汚しやすい場所にはおすすめです。

一人暮らしの部屋、カーペットにしようかラグにしようか悩んだ時の判断基準

一人暮らしの部屋ならそれほど広くもないため、カーペットもそれほど大きなサイズが必要ないので気軽に敷くこともできるでしょう。床全体にカーペットを敷き詰めた方が部屋に温かみがでて、どこにいても足元が冷えるようなこともありません。

冷え性の人ならカーペットがオススメ

また、2階以上の部屋の場合なら防音効果のあるカーペットを選ぶと、生活から出る音を抑えることもできます。

いつも部屋の中央に置いたテーブルの前で過ごすことが多い人ならラグの方が良い

厚みのあるふっくらとしたラグを選ぶと、ラグの上に座って気持ち良く過ごすことができます。友人を招くことが多い場合も、ラグだと座布団がなくても長く座っていることができます。
また、部屋をオシャレにしたい、部屋の模様替えが好きな人もラグがおすすめです。ラグは取り替えるのも簡単です。

カーペットもラグも部屋を印象の大きく左右するものなので、ぜひ、部屋のテイストに合ったものを上手に選んでくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666