注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしにおすすめ参考レイアウト【1LDKの部屋作り】

1LDKでの一人暮らしは、スペース的にも余裕があり、レイアウトをどのようにしたら良いのか考えるのも楽しいものです。
そこで、一人暮らしの1LDKに多いおすすめのレイアウトや、お部屋作りのポイントなどをご紹介します。
狭いワンルームはもう卒業。ゆとりのある1LDKで、快適なリラックスできる空間を作りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしに机は不要?勉強と食事を兼ねて机を選ぶのもあり

学生が一人暮らしをする時に悩むのが「机」です。勉強が仕事の学生ですから、やはり机は必要なので...

一人暮らしの部屋を模様替えしたいけど、ワンルームでも可能か

一人暮らしをしている人の中で、ふと思い立つことがあるのが、「模様替えしたい」という思いです。...

一人暮らしのリビングを素敵でおしゃれにする方法

一人暮らしの中でもワンルームや1Kと違い、1LDKは寝室と別のリビングがありますので、お客さ...

一人暮らしの部屋を雑貨でおしゃれにしたい

一人暮らしの部屋は自分ひとりのものですので、その部屋をおしゃれに飾るかシンプルにまとめるかは、自分の...

一人暮らしでもセミダブルを選ぶ女性が急増中?ベットの選び方

女性一人暮らしの部屋にセミダブルのベットは大きいのでは?と感じる方が多いと思います。 実際...

木造は音が響きがち、自分に出来る対策は何か

木造のアパートは家賃も安く手軽に住めるという利点がある反面、自分や他の部屋の人が出した音が響きや...

一人暮らしの部屋を女子力がアップするおしゃれな部屋にする方法

大学進学を機に始めた一人暮らし生活。 せっかく始めた一人暮らしなのですから、女子力が高い部屋にして...

一人暮らしの狭い部屋をレイアウトで快適な空間にする方法

一人暮らしの部屋が狭いと、家具家電をどうレイアウトしたらいいのか悩んでしまいます。レイアウトが悪いと...

一人暮らしにドレッサーは必要なし!メイクする場所の条件や配置

一人暮らしの女性は忙しい出勤前に毎朝化粧をする人がほとんどでしょう。 では、化粧をするとき...

一人暮らしで布団派ならすのこベッドがおすすめ。使い方とコツ

布団で寝たい一人暮らしの方におすすめしたいのが、すのこベッドです。 すのこベッドにも色々種類があ...

一人暮らしの食器の収納場所!スペースの活用で見た目もスッキリ

一人暮らしの部屋のキッチンというと狭くて収納スペースがあまりないことが多いです。そうなると困...

一人暮らしの狭いワンルームに置くインテリアの選び方と配置方法

一人暮らしの狭いワンルームには、置ける家具も限られてしまい、どうしたら部屋を広く見せられるかというお...

一人暮らしの部屋がぬいぐるみだらけなら置き場をつくるろう

一人暮らしで困ることといえば、寂しさを感じることです。 その寂しさを埋める方法の一つにぬいぐるみの...

一人暮らしでも広く見せるレイアウト。女子のすっきりインテリア

一人暮らしをする場合には、ワンルームなどのコンパクトなお部屋を選ぶ方が多いですよね。そこで悩...

一人暮らしのインテリア選び。1LDKを快適に使うための配置法

一人暮らしを始める時には、どんな家具を置こうか、どう配置したら良いのかといろいろと悩みます。部屋の広...

スポンサーリンク

1LDKの一人暮らしはレイアウトも自由度が高い

一人暮らしの部屋はワンルームの場合が多いなか、1ldkだと広さに余裕があるのでレイアウトにも凝ることができます。

狭い部屋をなんとか少しでも広くしたいという努力も必要ありません。リビングと寝室、キッチンをそれぞれを自分の好みにレイアウトでき、使いやすくて快適に過ごすことができるようになります。

1ldkはリビングの他に食事をとるためのスペース、寝室や仕事部屋などといったプライベートな部屋をつくることができます。友人を招いたりお客さんが来てもプライベートを守ることができます。
また、部屋が広い分、家具を増やしたりスペースを広くしてゆったりとしたレイアウトにしたりと、自分好みに楽しむことができますよね。

スペースに余裕ができても家具をむやみに増やしてしまうと、せっかく広くなった部屋を狭くしてしまいます。家具は本当に必要な分だけにして、できるだけスペースを残すことをおすすめします。新しい家具を増やすよりは、より機能的であったりデザイン性の高い家具に買い換えるなどしてみてください。家具を新しく増やさなくても気分を変えることができます。

この機会におしゃれな部屋を作りたとも思いますよね。センスの良いインテリアを作るコツは、たくさんの色を使いすぎないことです。同系色で統一したり、2色か多くても3色までにすると部屋全体がまとまってきます。

いろいろな色やデザインをものを混在させてしまうと、部屋全体がうるさい印象が出て生活感あふれる部屋になってしまいます。

1LDKでも間取りとレイアウトによって快適度は違う

これから1ldkの部屋に引っ越そうと考えている人は、部屋全体の広さだけにとらわれず、間取りもよく見てから新しい部屋を選んでください。自分がどのような生活をしたいのかを考えておき、リビングダイニングの広さや部屋の配置を見て実際に生活している状態を想像してみると良いでしょう。広くて快適そうな部屋でも自分にとっては使いにくい部屋かもしれません。

また、窓やドアの位置なども大切です。窓が多いと明るい部屋に見えますが、使っている家具を置くことができない場合もあります。私も以前、寝室にしようと考えている部屋のドアが内開きのためベッドを中央に置くと通りにくくなり、窓と収納があるので壁につけて置くことも難しくて困った経験があります。間取りを見て問題なく家具を配置できるかどうか、その部屋が使いやすいかどうかを想像してみてください。

収納の数も大切です。部屋によっては収納が少ない、まったくないという場合もあります。収納がないため、タンスやクローゼットのような大きな家具を購入して配置すると、せっかくの1ldkでもワンルームより狭く感じてしまう可能性もあります。家具を買い足すのも余計な出費でしょう。収納が充実しているかどうかもしっかりと確かめてください。

1LDKの一人暮らしで多いレイアウトはダイニングあり

1ldkの部屋で便利と感じることの一つがダイニングではないでしょうか。

リビングの部分と食事をとる部分を分けて使うことができるのも魅力です。ダイニングにテーブルを置くのが憧れだった人もいると思います。ダイニングテーブルがあると食事をとるだけでなく、机代わりに使えてちょっとした作業をしたいときにも便利です。一人暮らしだとそれほど広いダイニングではないにしても、テーブルと椅子があるだけで便利です。

ダイニングがあるとリビングはくつろぐための場所として使うことができます。

食事を取る必要がなくなったのでリビングのテーブルをコンパクトなものにしたり、ソファーを大きいサイズにするのも良いでしょう。

ダイニングスペースをリビングの延長として使う手もあります。

リビングが広いとたくさんの人を招いてホームパーティを開いたりすることもできますよね。広々としたスペースがあると、何かと楽しむことも増えるはずです。

広いリビングだと、リビングの一角にパソコンコーナーを作ることもできます。

デスクと本棚を置いてちょっとした書斎コーナーを作ったり、アクアリウムが好きな人なら大きな水槽で楽しむこともできますよね。
ダイニングスペースは必ずしも大きなダイニングテーブルを置く必要はありません。リビングを広くしたいのなら、スペースを必要としないカウンターテーブルを置くのもおすすめです。

一人暮らしの広い1LDKなら空間を区切るレイアウトも

リビングが広い1ldkの部屋なら、家具を壁側に配置すると中央に広い空間ができてしまいます。ただの広いスペースはなんとなく落ち着かなかったり、レイアウトにセンスがないと感じることもあるでしょう。
広いスペースは家具を使って仕切ると良いです。

例えば広いリビングの一角に仕事ができるスペースを作りたいのなら、本棚で置いて仕切ることでリビングを2部屋に分けて使うことができます。仕切りに使う家具は本棚やシェルフ、カップボードのような家具がオススメです。背が低いものを選んでください。背が高い大きな家具だと完全に仕切ってしまうことになります。どちらかの部屋が暗くなったり、せっかくの広い部屋を狭くしてしまうことになります。目線を遮らない程度の高さにすることで、部屋の広さを保ったまま2部屋として使うことができます。

家具ではなくて、パーティションを使っても上手に仕切ることができます。

パーティションだと天井から床まで覆うものが多いので、部屋全体を仕切らないようにするのがコツです。幅が狭いタイプのパーティションを選んだり、または上下がオープンになったものを選ぶと圧迫感もありません。

パソコン用のデスクを壁側に寄せずに、部屋の中央に向かって座るように配置するのも良いでしょう。ホテルのちょっと良い部屋をイメージしてみてください。部屋が広いからこそ、家具をゆったりと配置してみてください。

イメージに合わせたお部屋作りのポイント

新しい部屋に引っ越すときは、どのようなイメージの部屋にしたいのかを考えてから家具の配置を考え、必要なものを購入するようにしてください。

明るい部屋にしたいのなら、窓を遮ることがないように家具を配置します。大きめの背が高い家具は壁に沿って配置し、中央には背が低い家具、小さめの家具を配置します。リビングの中央にはソファーやテーブルを置くことが多いですが、ソファーは背もたれが高いものよりは低いタイプの方が室内が広く明るくなります。
食器棚のような大きめの家具はできるだけ壁の方に配置してください。

明るい部屋にしたい場合はインテリアに使う色も大切です。黒や濃紺、こげ茶のようなダークカラーは部屋全体を暗く重たいイメージにしてしまいます。家具が濃い色の場合は、カーテンやラグなどに淡い色を選んでください。白っぽい色の割合を増やすことで部屋を明るいイメージにすることができます。

大人っぽい落ち着いた雰囲気にしたいのなら、ダークなカラーがおすすめです。家具などをダークカラーばかりで統一すると重くなりすぎるので、程々の割合が重要です。
淡い色ばかり使って全体的にぼやけた感じがする場合も、黒などのダークカラーをアクセントに使うと良いです。クッションやテーブルカバーなどにアクセントカラーを取り入れてみてください。

1ldkだと部屋が広いのでインテリアにもこだわりたくなりますよね。快適な部屋にするためにはレイアウトが大切です。自分が生活することをイメージしてレイアウトを考え、テイストを統一することで落ち着いたおしゃれな部屋を作ることができます。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666