注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの部屋をすっきりとおしゃれに見せる方法【女子向け】

これから一人暮らしを始めるという時には、お部屋にどんな家具を置こうかいろいろとイメージが膨らみます。一人暮らしのお部屋は、あまり大きなスペースではありませんが、その狭いスペースでもおしゃれに快適にお部屋を作りたいものです。
そこで、一人暮らしの女子向け、おしゃれなお部屋の作り方のアドバイスをご紹介します。
お部屋をすっきりとおしゃれに見せる方法や、狭いスペースを広く見せる方法など、お部屋作りのルールをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしで悩む家具の配置。1Kの家具の配置のポイント

一人暮らしで1Kタイプの部屋の場合、家具の配置で悩んでしまうことがあります。 それは、リビング兼寝...

一人暮らしの空間にデスクは必要?あると便利な理由と選び方

一人暮らしの生活にデスクは必要なのか?という疑問はあると思います。 部屋が狭くなるのであまり物...

一人暮らしをするなら、おしゃれな家具で揃えよう

一人暮らしを始めようと思った時に、とりあえず安くて使いやすいものを選びがちです。 しかし、...

一人暮らしの内装をおしゃれにするコツやポイントを紹介

一人暮らしの内装をおしゃれにするにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか? おしゃれに見せた...

一人暮らしでもカーペットは必要!その理由と賢い選び方

一人暮らしを始める人にとって、狭いワンルームにカーペットは必要なのかどうか悩む人は多いでしょ...

一人暮らしの狭い間取りを広く見せるためのレイアウトのルール

これから一人暮らしをするという時には、どんな家具を置こうか、どんなお部屋のイメージにしようとかと楽し...

一人暮らしでもセミダブルを選ぶ女性が急増中?ベットの選び方

女性一人暮らしの部屋にセミダブルのベットは大きいのでは?と感じる方が多いと思います。 実際...

一人暮らしの本の収納術。狭い部屋でもおしゃれに収納するコツ

本好きな一人暮らしの方が悩むのが、本の収納スペース。 ジャンル問わず本が好きな人は、日々増...

一人暮らしの狭いワンルームに置くインテリアの選び方と配置方法

一人暮らしの狭いワンルームには、置ける家具も限られてしまい、どうしたら部屋を広く見せられるかというお...

木造は音が響きがち、自分に出来る対策は何か

木造のアパートは家賃も安く手軽に住めるという利点がある反面、自分や他の部屋の人が出した音が響きや...

一人暮らしで布団派ならすのこベッドがおすすめ。使い方とコツ

布団で寝たい一人暮らしの方におすすめしたいのが、すのこベッドです。 すのこベッドにも色々種類があ...

一人暮らしの部屋をおしゃれにしたい女子におすすめのインテリア

「一人暮らしの部屋を少しでもおしゃれにしたい。」そう思っても何から始めたらいいのかわからない女性も多...

一人暮らしにドレッサーは必要なし!メイクする場所の条件や配置

一人暮らしの女性は忙しい出勤前に毎朝化粧をする人がほとんどでしょう。 では、化粧をするとき...

一人暮らしの大学生男子におすすめなインテリア術とレイアウト

一人暮らしの大学生男子のインテリアはなにかと黒で統一しがちですよね。物が溢れているわけではないのにな...

木造のアパートは音が響く?物件の防音性と騒音対策について

アパート探しをしていると木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなど建物の造りが表記されています。 ...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋をおしゃれな女子らしい部屋にテイストをイメージ

一人暮らしの部屋は自分の好みに作りたいものです。自分の好きなものに囲まれた部屋なら、とても気分よく過ごすことができますよね。ですが、自分の好きなものだけを適当に買っていては、部屋の中がバラバラになってしまいかねません。素敵な部屋に仕上げるためには、部屋のテイストをひとつに決め、同じテイストで揃えることが大切です。

一人暮らしの女子の部屋におすすめのテイストとは

まずは人気の北欧テイストです。

やさしい木製の家具とシンプルでモダンな柄のファブリックや小物で囲まれたスッキリとした部屋です。ベッドやソファー、テーブルといった大きめの家具は木製のシンプルなものを使い、カーテンやクッション、ベッドカバーといったファブリックや照明、置物などを北欧風のものにするだけで、北欧テイストの部屋が出来上がります。北欧らしいデザインを取り入れてみてください。

やさしい雰囲気が好きな人ならナチュラルスタイルもおすすめです。

木製の家具に白や生成りの布を使ったお部屋なら女子力も感じられますよね。木目の家具も良いですし、白くペイントされた家具ならよりスッキリと可愛く仕上がります。シンプルでありながら可愛さのある部屋です。

シックなオシャレが好きな人なら、部屋もスタイリッシュに仕上げるのも良いでしょう。

部屋全体の色味を抑え、家具なども少なくしてシンプルにします。物が少ないと家具や置物ひとつひとつに存在感が感じられますので、ちょっと凝ったデザインの家具などを選んでも良いでしょう。

部屋のテイストはいろいろありますが、自分の好みのテイストを一つに絞って仕上げていくのが、おしゃれな部屋づくりのコツになります。

一人暮らしでシンプルな女子部屋を目指すならカラーは淡い色がおすすめ

女子力の高い部屋よりもシンプルな部屋の方が落ち着くという人もいるでしょう。

一人暮らしの部屋の中をすっきり見せたいのなら、できるだけ色を抑えることがポイントです。

たくさんの色を使った部屋はまとまりのない部屋に見えてしまいます。部屋がきちんと片付いていても、様々な色が目にうるさく飛び込んできてしまうと部屋全体が乱雑な印象になってしまいます。部屋の中に使う色は2~3色までに抑えるようにすると部屋がすっきりと見えます。木目の家具が多いのなら木の色を1色と考え、あともう1~2色で揃えるようにしてみてください。家具のテイストだけでなく、部屋に使う色も統一することも同じテイストで揃えるポイントになります。

シンプルな部屋にしたいのなら、白や生成りのような淡い色がオススメです。

赤や青のような鮮やかな色だと部屋の中が派手に見えてしまい、ナチュラル感やシンプルさがありません。黒もすてきですが、重たい印象になりがちで、男性っぽくなってしまいます。

白や生成り、茶系の色を選ぶと、優しく落ち着いた印象になり、シンプルさも感じられます。シンプルな部屋はグリーンやちょっとした小物を飾ると映えるので、お気に入りのアイテムを飾ってみてください。

女子の狭い一人暮らしの部屋でも広く見せるコツ

部屋が広くないと家具を置いただけでもより狭く感じてしまいますよね。狭い部屋を少しでも広く見せるための工夫も必要です。

家具を選ぶときは、背が高い家具ではなく低めの家具を選んでください。背が高い家具は圧迫感を与えてしまい、部屋全体をより狭く見せてしまいます。できるだけコンパクトな家具を選ぶのもコツです。収納力が高いからと大きな家具を選んでしまうと、当然部屋の中はより狭くなってしまいます。部屋の中に壁と床の面を多くすることが狭く見せないコツになります。部屋の中を家具で埋め尽くさないで、動くことができるスペースをできるだけ広めに作るようにしてください。

黒や濃い茶のようなダークカラーの家具よりは淡い家具の方が部屋が明るく見えて、狭さも気にならなくできます。ダークカラーが多いと部屋が暗くなりがちで、その分、部屋を小さく狭く見せてしまいます。特にタンスやベッドのような大きめの家具は明るい色のものを選ぶようにしてください。カーテンや掛け布団カバーのような布も部屋の印象を大きく左右します。ダークカラーではなく淡い色を選ぶことで、部屋全体を明るく見せることができます。

部屋に仕切りを作って空間を分ける方法

一人暮らしの部屋はワンルームの場合も多いです。食事をとったり友人を招いたりするリビング的な部分と、ベッドやタンスがあるプライベートな部分とで分けたいと思いますよね。ワンルームで部屋を使い分けることができない場合は、家具を使って仕切りをすると良いです。

例えば、キッチンの近くにソファーやテーブルを置いたら、そこからできるだけ遠くにベッドを配置します。リビング的な部分とベッドとの間にカップボードや本棚のような家具を置くことで、ワンルームを2つの空間に仕切ることができます。仕切りに使う家具は背の高い大きい家具ではなく、小さいチェストやシェエルフのような低めの家具を使ってください。大きい家具だと部屋を狭くしてしまい、窓の位置によっては部屋を暗くしてしまいます。

家具で仕切ることができないような狭い部屋の場合はカーテンを使っても良いでしょう。天井にカーテンを取り付けられると良いのですが、無理な場合は壁の高いところに突っ張り棒を設置するとカーテンをつけることができます。
または突っ張り式のパーティションもおすすめです。ワンルームを完全に2部屋にするのではなく、部分的に仕切りを作って目隠しするだけで、プライベートな空間を作ることができます。

洋服の収納はスペースをとことん使い倒す

一人暮らしで一番の悩みは収納の少なさではないでしょうか。特に女子の場合は洋服やバッグなどの持ち物も多いので、全てをすっきり収納できなくて困っている場合もあるでしょう。

洋服や服飾小物の収納にも工夫が必要です。クローゼットに洋服を掛けて収納したら、下の部分に空きスペースができていることと思います。そこも無駄にしないで収納に使いましょう。空きスペースに高さがあるのなら引き出し式のラックを置いて、靴下などの小物を収納できますし、それほどスペースがない場合でも帽子やバッグなら収納することができるでしょう。
備え付けの収納や押し入れには衣装ケースを使ってみてください。衣装ケースはサイズが豊富なので、収納スペースに合わせて必要な分だけを購入することができます。
衣装ケースなら高さギリギリまで積み重ねることができるので、収納力もたっぷりになります。

ベッドやソファーなどの家具を買うときも、収納付きを選ぶと良いです。ベッドは下の部分が空きスペースになります。引き出し収納がついているベッドを選んだり、ソファーなら座面の下に収納できるタイプもありますので、上手に選んでみてください。

自分好みの部屋を作り上げたら、素敵な部屋を維持することも大切です。掃除も習慣にして、居心地の良い部屋を保ってくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666