注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの狭い部屋をレイアウトで快適な空間にする方法

一人暮らしの部屋が狭いと、家具家電をどうレイアウトしたらいいのか悩んでしまいます。レイアウトが悪いと居心地が悪くなり、部屋にいること自体がストレスなってしまうので、よく考えてレイアウトすることが大切です。
そこで、ワンルームタイプの部屋をメインに、レイアウトパターンについてご説明したいと思います。
特に注意したいのがベッド。
ベッドは家具の中でも大きいので、大きさや配置に注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしでもカーペットは必要!その理由と賢い選び方

一人暮らしを始める人にとって、狭いワンルームにカーペットは必要なのかどうか悩む人は多いでしょ...

一人暮らしをするなら、おしゃれな家具で揃えよう

一人暮らしを始めようと思った時に、とりあえず安くて使いやすいものを選びがちです。 しかし、...

一人暮らしの和室の使い方。和室をおしゃれ空間にする方法

一人暮らしの部屋が和室だと、使い方に困ってしまうことがあります。 日本人に馴染みのある畳ですが、そ...

一人暮らしのカーペットの色の選び!色の印象を知って素敵な部屋に

これから一人暮らしをしようと考えている人の中には、部屋に敷くカーペットの色を何色にすればよい...

一人暮らしのオシャレな部屋・男が理想の女の部屋と部屋の作り方

一人暮らしをしようと思っている女性の中には、オシャレな部屋で生活をして、素敵な彼氏をゲットしたいと考...

一人暮らしの部屋がぬいぐるみだらけなら置き場をつくるろう

一人暮らしで困ることといえば、寂しさを感じることです。 その寂しさを埋める方法の一つにぬいぐるみの...

一人暮らしの食器の収納場所!スペースの活用で見た目もスッキリ

一人暮らしの部屋のキッチンというと狭くて収納スペースがあまりないことが多いです。そうなると困...

一人暮らしの部屋を模様替えしたいけど、ワンルームでも可能か

一人暮らしをしている人の中で、ふと思い立つことがあるのが、「模様替えしたい」という思いです。...

一人暮らしでもセミダブルを選ぶ女性が急増中?ベットの選び方

女性一人暮らしの部屋にセミダブルのベットは大きいのでは?と感じる方が多いと思います。 実際...

一人暮らしに机は不要?勉強と食事を兼ねて机を選ぶのもあり

学生が一人暮らしをする時に悩むのが「机」です。勉強が仕事の学生ですから、やはり机は必要なので...

一人暮らしの狭いワンルームに置くインテリアの選び方と配置方法

一人暮らしの狭いワンルームには、置ける家具も限られてしまい、どうしたら部屋を広く見せられるかというお...

一人暮らしの部屋を良い風水にしたいなら、ベッドが重要なポイント

一人暮らしをする時は、すべて自分の力でなんとかしていかなくてはいけません。 ですので、出来...

一人暮らしで悩む家具の配置。1Kの家具の配置のポイント

一人暮らしで1Kタイプの部屋の場合、家具の配置で悩んでしまうことがあります。 それは、リビング兼寝...

木造のアパートは音が響く?物件の防音性と騒音対策について

アパート探しをしていると木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなど建物の造りが表記されています。 ...

一人暮らしの内装をおしゃれにするコツやポイントを紹介

一人暮らしの内装をおしゃれにするにはどんなコツやポイントがあるのでしょうか? おしゃれに見せた...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋のレイアウト、ポイントになるのが窓

一人暮らしの悩みと言えば部屋が狭いことですよね。
生活に必要なもの全てを、狭い部屋にレイアウトしなくてはいけません。

一人暮らしの部屋を上手にレイアウトするためのポイントは「窓」です。

一人暮らしの場合にはワンルームであることも多いですよね。
すると、大抵の場合は玄関から入って一番奥に大きな窓があります。
そして、左右は壁であることがほとんどです。

レイアウトは部屋の奥の中央を陣取る窓に対して、部屋を左右に分けてレイアウトする方法か、窓側と玄関側に分けてレイアウトするかのどちらかになるでしょう。

部屋を左右に分ける場合には、左右のどちらかの壁に面するようにベッドを配置して、向かい側にはテレビやソファーなどを置くことになるでしょう。

窓側と玄関側に分けるレイアウトは、窓側を寝室、玄関側をリビングのように使う方法です。
ベッドは寝室となる窓側に設置して、ベッドより玄関側の左右の壁にテレビやソファーなどを配置することになります。

どちらが良いということはありませんが、部屋の幅が狭く奥行きがあるタイプなら、窓側と玄関側に分けるレイアウトの方が部屋を広く使うことが出来るでしょう。

一人暮らし部屋のレイアウトを左右するベッドは大きさに注意

一人暮らしでは狭い部屋に必要な家具をレイアウトしなくてはいけません。

そのため、大きな家具には注意が必要です。

実家ではダブルベッドを使っていても、狭いワンルームではセミシングルベッド程度が限界でしょう。
部屋を広く使いたいなら、シングルベッドの方が望ましいです。

大きな家具には、ソファーやダイニングなどもありますよね。
あると快適に過ごせる家具ですが、ワンルームの場合にはスペースをとる家具をたくさん置くことはおすすめできません。
ベッドをソファー代わりに使うことも出来ますし、ダイニングよりもちゃぶ台の方が高さが低く部屋を広く見せてくれます。

一人暮らしの場合には、他にも冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの大きな家電を置くことになりますよね。

大は小を兼ねるとはよく言いますが、部屋の広さに見合わない家具や家電を揃えると、生活スペースを圧迫することになりますから、注意して選ぶようにしましょう。

一人暮らしの部屋にベッドを置く場合のレイアウトパターン

一人暮らしの部屋のレイアウトで重要になるのは、大きな家具であるベッドです。

部屋の間取りや形によってベッドの置き場所は変わってきます。

もっとも小さいワンルームで考えるとしましょう。
部屋はたいてい長方形ですから、距離の短い壁に配置するか、距離の長い壁に面するように配置するかの2パターンです。

距離の短い壁にベッドを配置した場合、ベッド側に窓があれば寝室とリビングに分けるレイアウトとなり、距離の長い壁に窓があるなら、部屋を左右に分けるレイアウトとなります。

反対に距離の長い壁に窓があり、ベッドを短い壁側によせると左右に分けるレイアウトになります。
ベッドを窓側に寄せると、寝室とリビングに分けるというよりは、実家の自分の部屋のレイアウトに近い形になるでしょう。

レイアウトを選ぶ時には、生活スタイルも考慮するのがおすすめです。
洗濯物をベランダに干したい人なら、窓の前には何も置かず出入り出来るレイアウトにするとスムーズに動くことが出来ます。
横になりながらテレビをみたいなら、ベッドの向かい側にテレビを設置することになりますし、デスクも置きたい場合には、実家の自分の部屋のようなレイアウトが向いているかも知れません。
自分のライフスタイルにあわせて、どのように自分が動くのか動線を考慮すると、ストレスの少ないレイアウトを選ぶことが出来ますよ。

都心の一人暮らし部屋に多い6畳ワンルームのレイアウト例とおすすめインテリア

私が今まで一人暮らしをしてきた6畳ワンルームの部屋は、玄関から真っ直ぐ突き当たりに窓があることが多かったです。
狭いワンルームでは定番の間取りですよね。

トイレやバスルームなどの配置によってリビング部分が縦長だったり、横長だったりするはずです。

リビング部分が縦長の場合には、寝室とリビングに分けるレイアウトがおすすめです。
ベッドを窓際に置いて、頭側を壁に寄せます。
足元側の壁にテレビを置くと、寝ながら見ることが出来ますよ。

6畳の場合にはソファを置くほどのスペースは無いでしょうから、昔ながらのちゃぶ台スタイルがおすすめです。
最近のちゃぶ台はとてもおしゃれなので、侮れません。
ちゃぶ台をしまえば広いスペースを確保できるようになりますよ。

ベッドのすぐ脇に棚やパーテーションを設置すると、ベッドの部分が隔離され生活感が少し緩和するのでおすすめです。

左右に分けるレイアウトも可能ですが、そうするとちゃぶ台を置くスペースが無く、食事する場所が無くなってしまうので、あまりおすすめできません。

リビングが横長の場合には、配置を90度反転させてレイアウトしましょう。
最も奥になる壁にベッドを配置して寝室部分、手前側をリビングとして使うのがおすすめです。

人気のロフト付きワンルームのおすすめレイアウトもご紹介

一人暮らしで借りる部屋を探していると、ロフト付きの物件をおすすめされることもあります。

6畳ワンルームより家賃は高くなりますが、それだけの価値はあります。

一番のメリットは、生活感を感じさせない部屋にすることが出来ることです。
一人暮らしなら、「おしゃれな部屋」に憧れますよね。

ワンルームではどうしてもベッドが見える位置にあるので生活感が出てしまいますが、ロフト物件なら寝る場所をロフトにすれば、生活感をかなり排除することが出来ます。
来客から見える部分は全てリビングとして使えるのでスタイリッシュなリビングにすることが可能になりますよ。

また、部屋も広く使うことが出来る点もメリットです。
ワンルームでは難しいソファーも、置くことが出来ますよね。

向かいにはテレビを配置すれば、完全にリビングとして使うことが出来ます。
スペースによってはダイニングテーブルなどを置くことも出来るので、より快適に生活出来るはずです。

また、急な来客の場合にも、ベッドを整える手間が省けます。
大抵の人は「ベッドルーム」だと言われれば、無断で入ったりはしないはずです。

おしゃれな部屋にしたいと言う人には、ロフトはとても向いている部屋です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666