注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

1ヶ月に必要な生活費の目安。大学生に必要な生活費の内訳

これからお子様が大学生になり、お子様がもうすぐ初めての一人暮らしを始めるという方も多いと思います。
そんな時に気になるのが、一人暮らしで1ヶ月にどれくらいの生活費が必要になるのか、ということではないでしょうか?
仕送りの金額も、どれくらいの金額にすれば良いのかお悩みの方も多いと思います。そこで、大学生の1ヶ月に必要な生活費の内訳についてご紹介します。

ご両親にとっては、一人暮らしできちんとお金の管理ができるのかというのは、不安の一つでもあると思います。できれば、実際に一人暮らしを始める前にお子様と一緒にシミュレーションしてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしで手取り15万の場合、貯金は可能?お金の残し方

一人暮らしで手取り15万だと貯金をするのは難しいのでは?しかし実際に貯金をしている人はいます。 ...

一人暮らしの水道使用量の平均を理解して、節水生活を始めよう

一人暮らしをしている人は、少しでも水道使用量を減らして水道料金を安くしたいと考えるのではないでしょう...

一人暮らしは貯金なしでもスタートできる?最低限必要なもの

貯金なしの一人暮らしは可能なのでしょうか。 このような疑問で一人暮らしをなかなかスタートさ...

一人暮らしで不安なお金のやりくり方法!節約・管理方法を解説

一人暮らしを始めようと思っている人の中には、自分のお給料できちんと生活をすることができるのか、不安を...

一人暮らしでも湯船に浸かりたい!水道代の平均と節約方法を解説

一人暮らしをしている女性の中には、お風呂に入る際に湯船にゆっくりと浸かることが至福のひとときだと...

1ヶ月の生活費は?実家暮らしの大学生のお金事情、内訳を調査

大学進学を機に一人暮らしを始める大学生もいれば、実家から通う大学生もいます。 そこで親として気にな...

一人暮らしは献立で節約できる!選び方やアレンジと購入のコツ

一人暮らしで食費をできるだけ節約したいと考える人も多いです。 献立を考えるときでも節約できるように...

一人暮らしのお金を平均より安く!生活費の節約方法と賢い貯金術

一人暮らしをしている人の中には、なかなかお金を貯めることができずに悩んでいる人もいるのではないでしょ...

一人暮らしで飲み物代は節約できる費用。コスパ重視の節約法

一人暮らしで食費を節約したいという時には、いろいろな方法がありますが、忘れがちなのが飲み物代です...

貧乏学生でも満足できる食事をしよう!工夫やアイデアをご紹介

自分でアルバイトをしながら一人暮らしをしている貧乏学生の中には、もっと満足できる食事をしたい・食生活...

一人暮らしでお金が不安な人必見!生活費を節約するコツをご紹介

初めての一人暮らし。限られたお金の中で、上手く生活できるのか不安になってしまうのではないでしょう...

一人暮らしの貯金の目安と貯金を成功させる秘訣・節約方法を解説

一人暮らしをしている人の中には、貯金をしようと思ってもなかなか思うように貯金ができなことに、頭を抱え...

生活費を節約する裏技!節約効果抜群の裏技を一挙ご紹介

生活費を節約する裏技を知りたくありませんか? もっと早くに知りたかった、誰でも簡単にできる裏技をご...

貧困女子を卒業するための一人暮らし女子向け賢い節約術

自分は貧困女子だと感じている女性も少なくないようです。毎日仕事に行っているのに、なかなか貯金が貯まら...

一人暮らしの女性必見!毎月かかる費用を平均以下に抑えるコツ

一人暮らしを始める女性にとって、毎月どのくらいの費用がかかるのか一番気になるのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

大学生の生活費は1ヶ月にどれくらい必要なのか

大学や専門学校への進学に伴って子供が一人暮らしを始めることになると親としては心配で溜まりませんよね。
「お金は足りるだろうか」「ご飯はちゃんと食べられるだろうか」など不安は常に抱えることになるでしょう。

そこでまずは大学生が一人暮らしをする上で必要になる生活費について知っていきましょう。
生活費の目安を知ることができればそれに見合った額の仕送りをすることができますから「お金の面」で心配は軽減されるはずですよ。

大学生家賃の平均額

生活費の中でも特に大きな割合を占めるのが「家賃」です。
大学生であればそんなに広い部屋は必要ありませんので、家賃の目安は5万~5万5千円と見ておきましょう。
もちろん安いに越したことはありませんが、大切なお子さんが一人暮らしをするお家になりますので、最低限の設備やセキュリティ面は気にするようにしてあげましょう。

大学生光熱費の平均額

光熱費の平均額は1万~1万5千円程度と見ておきましょう。
また光熱費の中に含まれているガス代は都市ガスかプロパンガスかでも金額が変わってきます。

大学生食費の平均額

食費の平均額は一概には言えませんが目安としては3万円~程度です。
男性であれば自炊に慣れないことも考えられますので、少し多めにみておいた方が良いかもしれません。

1ヶ月の生活費で必要なものは他にも

一方で1ヶ月で必要になる生活費の中には家賃や光熱費、食費以外にも「通信費」や「交際費」などもあります。

通信費はwi-fiの契約有無で大きく変わる

スマホのみであれば~1万円程度が平均額ですが、別に回線を契約する場合には別途数千円程度の予算を見ておきましょう。
また、電話のし過ぎやデータのチャージをするなど使い方によっては携帯代が嵩むことになりますので、注意が必要です。

交際費の平均額は1ヶ月に1万円~程度

こちらも人よって異なると思いますが友達との交流が多かったり、彼女がいるような場合には交際費も高くなることになるでしょう。
ですが、交際費は基本的に自分の工夫次第でどうにかなる費用でもありますので、考えて使うように親御さんから伝えてあげると良いでしょう。

1ヶ月に必要な生活費、大学生の平均仕送り額は?

では、実際に一人暮らしをしているお子さんに仕送りをする場合にはどのくらいの金額が良いのか?ですが、一般的には3~5万円程度が良いとされています。

なぜ3~5万円という仕送り額が良いのか?

その理由は「アルバイト」にあります。
学生の多くは学業と合わせてアルバイトを始めるようになり、そこである程度の収入は得ることができるようになります。
そのため親が高額な仕送りをする必要はなく3~5万円程度の仕送りでも十分なのです。

大学生がするアルバイトの職種

居酒屋

居酒屋のアルバイトは大学生がするアルバイトの中でも特に人気の職種で、人気の理由は時給の良さと賄いがついているためと言われています。
確かにどうせ同じ時間働くのであれば、時給は高いに越したことがありませんし、賄いがあれば食費を抑えることにも繋がりますよね。

コンビニ店員

コンビニは基本的に24時間営業しているため、時間帯に捉われることなく掛け持ちのひとつとしても働くことができます。
また深夜だと日中に比べても時給が高い傾向にありますので、お金を稼ぐという面でも人気がある理由のひとつと言えます。

家庭教師

家庭教師は学生の中でも大学生だからこそできるアルバイトでもあります。
そんな家庭教師の時給は居酒屋かコンビニ店員と同様に高い傾向にあるため、人気が高くなっているようです。

生活費を抑えたいなら食費の節約方法を覚えておく

一人暮らしでは何かとお金がかかってしまいます。
ですので、大学生であるお子さんが一人暮らしをする際には無駄遣いはしないように伝え、節約できるところは節約するように話をすることが大切です。

生活費の節約に直結するのは「食費」

食費は外食と自炊では掛かってくる金額が大きく変わります。
自炊が面倒だからと毎日外食をすれば生活費はいくらあっても足りませんので、基本的には自炊を心がけるように伝えましょう。

初めての一人暮らしでは自炊に慣れずに苦戦することが考えられます。特に男性であれば尚更大変な思いをすることになるでしょう。

自炊を続けるための「コツ」も併せて伝える

毎日料理を作っている親御さんであればお分かりかと思いますが、自炊を続けるコツは「保存食を作っておくこと」です。
すぐに解凍して食べられるように休日に料理をまとめて作っておけばアルバイト等で疲れて帰ってきた日も簡単に食事を取ることができるでしょう。

大学生におすすめの物件探しのポイント

実際にお子さんが住む物件はどのようなポイントを抑えて選べば良いのか「物件探しのポイント」をご紹介します。

一人暮らしの物件を選ぶポイントは部屋の間取り、交通の便、周辺環境の3つ

部屋の間取り

大学生が一人で住む上では広すぎる部屋は必要ありません。
逆に広すぎると初めて一人暮らしをする学生さんにとっては寂しさの原因となってしまう場合もあるため、基本的には1R程度の間取りがオススメです。
また、間取りが小さければ比例して家賃も低い傾向があり、生活費を抑えることにも繋がります。

交通の便

基本的には交通の便に優れていることに越したことはありません。
家賃と相談にはなりますが可能な限りで大学に近い物件にするのが良いでしょう。
また、お子さんが大学に近い物件を嫌がる場合には、駅やバス停から近い物件など大学に通う上で不便にならない位置で考えてあげるようにしましょう。

周辺環境

周辺の環境は一人暮らしをする上でも特に重要です。
スーパーやコンビニは近いか、夜間でも安心して帰宅できるような環境か(街灯や飲食店の数)などを確認するようにしましょう。
またお子さんが女性の場合には物件により配慮する必要があります。防犯面を重視してより安心で安全に暮らせるような物件を選んであげることが大切です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666