注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

一人暮らしの男性でも簡単に作れるおすすめ料理をご紹介

一人暮らしを始めると、仕事や学校から帰って料理を作るのが面倒だと感じますよね。

しかし外食ばかりをしていると、なぜか飽きてしまいます。そこで考えるのが自炊です。男性でも自分で料理をしてみようかな?と、思う方は少なくはないのではありませんか。

自炊をする際に必要なことは、料理を難しく考えすぎないこと、シンプルな料理から始めること、そして面倒なことにはあえて挑戦しないことです。これらの要素を踏まえた料理の作り方、またポイントについて紹介をいたします。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしのメリットは男性の方が多い!迷っている人は始めよう

「一人暮らしはお金がかかるばかりでメリットは少ない。」実家暮らしの男性はそう思っている人の方...

【一人暮らしのインテリア】おしゃれな男性の部屋にするために

テレビなどでかっこいいインテリアの男性の部屋を見ると、自分もやってみたいと考える人も多いでし...

一人暮らしの差し入れに喜ばれる食べ物は?息子に送る差し入れ

子供が一人暮らしを始めると、1番に気になるのが食生活!ちゃんと食べているのか?食事の栄養バラ...

一人暮らしの男性のための鍋の選び方と節約メニューを教えます

一人暮らしの男性は、食費を節約したくても自炊ができないので諦めてしまっている人も多いのではな...

一人暮らし部屋をオシャレにする方法メンズ編!女子ウケ抜群です

一人暮らしをしているメンズの部屋がオシャレかどうか。 女性は事細かく見ているものなので、「...

一人暮らしでアイロンを使用する時、男でも上手く出来るのか

一人暮らしをしている人はすべてが自由である反面、何から何まで自分でしなくてはいけません。 ...

一人暮らしの息子に冷凍おかずを送る方法!子供に手料理を送ろう

一人暮らしをしている社会人の息子の食生活を心配しているお母さんには、手料理を冷凍して送る方法がおすす...

一人暮らしの男性でも簡単に作れる食事と自炊を長続きさせるコツ

男性の一人暮らしは、どうしても外食が多くなったり、コンビニやスーパーのお弁当で済ませるという...

一人暮らしのインテリア、男の部屋を演出するコーディネート

一人暮らしをする男性の部屋の数はワンルームが多いでしょうか。 また部屋の大きさは6畳から8畳・9畳...

自炊を簡単に!男の一人暮らしで自炊を続けるコツを解説

一人暮らしで自炊をしている男性の中には、思うように自炊をすることができず、頭を悩ませている人...

スポンサーリンク

一人暮らしの男性に必要な料理技術とは

男性は「料理」というだけで敬遠しがちですが、理科の実験とさほどかわりません。
アウトドアが好きな人なら、キャンプ飯くらいの気分で挑戦するのもおすすめですよ。

一人暮らしの男性が、とりあえず日々のご飯を作るために必要な料理スキルは、切ることと食材に火を通すこと。

調理法はいくつかありますが、始めのうちは「焼く」できれば十分でしょう。
肉や魚なら、焼くだけでメイン料理が完成します。

次に覚えたいのは「煮る」です。
煮ることも出来ると料理の幅がかなり広がるので、毎日飽きずにご飯を食べることが出来るようになりますよ。

あとは、炊飯器と電子レンジが使えれば完璧です。

余裕が出来てきたら、「揚げる」や「蒸す」にも挑戦していきましょう。

一人暮らしの男性が料理を面倒だと感じる理由

一人暮らしの男性が料理を敬遠してしまうのは、「面倒くさそう」というのが理由の一つではありませんか?

確かに、一汁三菜を目指すなら、ご飯を炊いて、味噌汁を作り、副菜を2品と、メイン料理が必要になります。
ですが、一人暮らしなのですから品数をたくさん用意するよりも、楽して必要な栄養素を摂取出来るご飯を目指しましょう。

一番始めに手を抜くのは、炊飯です。
たとえ炊飯器を使うとしても、毎日の米とぎは面倒ですよね。
ですから、炊飯器で炊ける最大量を一気に炊いて、一食分ずつ冷凍しておきましょう。

冷凍保存には、容器を使うよりもラップがおすすめですよ。
洗い物を減らすことが出来ます。
食べる時には電子レンジで2分程度温めてくださいね。

鮭などの魚も焼いてから冷凍しておけば、レンジで温めるだけで食べられるので朝食に便利ですよ。

味噌汁は、お湯を注ぐだけにするのがおすすめです。
お椀に大さじ1の味噌と和風だし少々、乾燥わかめを入れてお湯を注いで溶かします。
お麩やとろろ昆布、ネギなどの乾物を揃えておくと、毎日違った即席味噌汁を楽しむことが出来ますよ。

料理はきちんと作るとかなり時間がかかりますが、楽することも実は可能です。
こういったスボラ知識はネットなどにたくさん紹介されていますから、時間の有る時に収集しておくのがおすすめです。

一人暮らしの男性におすすめの野菜たっぷり鍋料理

一人暮らしの男性が料理をすると、ついつい肉が多くなってしまって、野菜不足になりがちですよね。

野菜をたくさん食べられる簡単料理は、「鍋」です。
鍋と言うと「一人ではちょっと…。」と言う方もいらっしゃるかも知れませんね。
そういう方は、具だくさんの汁物と捉えると良いでしょう。

冷蔵庫に余っている野菜を使い切るのにも便利な料理ですよ。
キャベツの残りや、人参、玉ねぎ、きのこなど、半端だったり少し萎れてしまった野菜でも、気にせず一口大に切ってお鍋に入れましょう。
肉や魚も入れると、一気にボリュームが増しますし、タンパク質も一品で摂取できるのでおすすめです。

味噌で味付けすれば完成です。
味噌に飽きたら、市販の鍋つゆを使って見るものおすすめですよ。
最近では一食分から使える小分けパウチタイプも売られています。

私がおすすめする調味料は、鶏ガラスープの素です。
これを入れるだけで中華風スープになりますし、醤油をプラスすると和風の鍋も手軽に作ることが出来ます。
他の料理にも使いまわししやすい調味料なので、一つ持っているととても便利ですよ。

男の料理は簡単に炒めるだけ、焼くだけでも十分です

男性の一人暮らしなら、料理はとにかく手軽なものが良い

手軽な調理の代表は「焼く」です。
冒頭ご紹介しましたが、「焼く」ができれば自炊はスタートできます。

「焼く」に必要なものはフライパンです。
他にも、グリルやトースターなどがあるとさらにいろいろな料理が可能になりますよ。

肉はとりあえず、塩コショウしてフライパンで焼けば食べることが出来ます。
塩コショウだけでも、鶏肉、豚肉、牛肉と肉の種類の分だけバリエーションがあります。
また、鶏肉と一口にいっても、もも肉、胸肉、ささみ、手羽先、手羽元、砂肝、ハツ、セセリ、ボンポチなどスーパーでよく売られているだけでも、これくらいの種類があります。

こういったお肉と一緒に野菜も焼けば、立派な炒めものになりますよ。
市販の中華用合わせ調味料などを使うと、青椒肉絲や回鍋肉なども手軽に楽しむことが出来ます。

フライパンで焼くことができれば、使う調味料で様々な料理を楽しむことが出来ますから、まずは「焼く」からはじめてみてくださいね。

一人暮らし、料理初心者がレシピを使用する場合の注意点

一人暮らしで料理をする時には、とにかく「簡単」なレシピを選ぶことがコツです。

男性が料理を始めるとやりがちなのが、「凝る」ことです。
凝った料理が悪いわけではありません。
ですが、毎日の食事という点からはおすすめできません。

凝った料理にはたくさんの食材も時間も手間もかかります。
仕事で疲れて帰ってきた時に、その様な凝った料理を続けるのは無理がありますよね。
作るのが辛くなると、自炊自体が嫌になってしまいます。

また、たくさんの食材が必要ということは、それだけ食費がかさむということです。
食費はできれば節約したい部分ではありませんか?

ですから、一人ぐらしの料理は「使い回しの効く定番食材で、短時間で簡単に作れるもの」がおすすめです。

みんなが大好きなカレーなどは、簡単に作れてアレンジレシピもたくさんネットで紹介されていますから、一人暮らしメニューとしてとてもおすすめですよ。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666