注目キーワード
  1. 料理
  2. 節約
  3. インテリア
  4. 間取り
  5. 掃除

【一人暮らしに最適な間取り】40代女性のための部屋の選び方

40代女性が初めて一人暮らしをしようと考えた場合、一番悩むのは間取りについてではないでしょうか。

しかし、女性の一人暮らしには広すぎる部屋は必要ありません。シンプルな生活を送ることをおすすめします。

今回は一人暮らしを始める40代女性のための部屋の選び方について説明します。間取りだけではなく、防犯性や初期費用について理解してから部屋探しをするようにしましょう。
また、一人暮らしを始めると、生活費もかなりかかります。費用の目安についてもしっかりと頭に入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしが不安でも30歳なら一人暮らしをした方がメリット大

「30歳から一人暮らしなんて不安…」という女性の方も多いのではないでしょうか。 ただ一人暮らしの不...

ユニットバスをおしゃれに!100均グッズを活用したリメイク術

ユニットバスは100均グッズでおしゃれに変身させることは可能です。 バス・トイレが一緒で狭い浴室内...

ユニットバスのカーテンの洗い方!カビを落として防ぐコツ

一人暮らしの浴槽がユニットバスの場合、シャワーカーテンが付いています。 このシャワーカーテンの洗い...

ユニットバスの使い方で迷うカーテンの基本的な使い方と考え方

ユニットバスの使い方で意外と悩むのがカーテンです。 ユニットバスに入る時に、カーテンを内側にすべき...

一人暮らしで犬を留守番させる時の注意点とおすすめな犬種

一人暮らしでも犬が飼いたいと思うことはあるでしょう。 心配なのが、飼い主が留守にしている間の留守番...

一人暮らしの部屋がスーパーと遠いからちょっと不便

一人暮らしの部屋を決める基準は人それぞれですが、家賃の安さや部屋の綺麗さなどが優先されて、スーパーの...

一人暮らしで不安を感じる女性に。後悔しない物件選びのポイント

女性が初めて一人暮らしをする時には、やはり不安を感じるものです。怖い思いをしないためには、物...

一人暮らしの冷凍庫は大きいタイプで決まり!自炊を楽にする方法

一人暮らしの冷蔵庫は比較的コンパクトなタイプを選ぶ方が多いと思いますが、実は冷凍庫は大きいタ...

一人暮らしにタンスが必要なときの選び方のポイントや収納術

一人暮らしの悩みといえば収納。一人暮らしにタンスは必要ないという意見も多いですが、洋服が好きなオシャ...

ユニットバスのシャワーカーテンの長さに注意。選び方のポイント

お住まいのお風呂がユニットバスの方は、シャワーカーテンが欠かせないでしょう。 シャワーカーテンがな...

一人暮らしの賃貸マンションの選び方!ポイントと注意点

一人暮らしの最初の難題となるのがマンション探し!なかなか自分の希望にピッタリの部屋を探すことは難しい...

一人暮らしのお風呂は寒い…暖かくする方法を紹介します

一人暮らしをしているとお風呂場が寒かったり、上がった後も寒いことがありますよね。 この寒いのはどう...

一人暮らしの高齢者の入院準備!子供がやっておきたい準備を解説

高齢の親が自分と離れた地域で一人暮らしをしていたら、親の体調にもしものことがあってもすぐに駆けつける...

一人暮らしのベッド選びでセミダブルかシングルかの疑問を解決

これから一人暮らしを始めるという方は、ベッドの購入をお考えではないでしょうか? そこで悩ん...

一人暮らし先へ荷物を運ぶ時に実家から持っていくべき物

住み慣れた実家を離れての一人暮らし。新しい住まいには家具や家電など色々な物が必要ですが、使える物...

スポンサーリンク

一人暮らしを始める40代女性に最適な間取りについて

一人暮らしの部屋が広すぎても良いことはない

初めての一人暮らしは、自分の好きなように時間が使えるという楽しみもある一方、一人でちゃんと生活できるかという不安も持っている人が多いのではないでしょうか。若い時よりも経済的余裕があることが多い40代の人にとっては、支払える家賃にも余裕ができるため、間取りが広い部屋を選択肢として考える人もいるでしょう。

一人暮らしに必要な間取りは、年代で違いはありません。

人が1人生活していくのに、必要な部屋の広さというのは、年齢と共に比例して大きくなる訳ではなく、”最適な広さ”は決まっているからです。

一人暮らしの物件を探す時、毎月支払う家賃を基準に他の条件を合わせて探しますが、部屋が広い部屋というのは、その分家賃も高くなるということ。

部屋が広い部屋に住んだとしても、人の生活エリアというのは限られますので、使わない部屋が出てきたり、もったいないからと物を詰め込んだ”物置き場”と化してしまうということもよくあります。

部屋が広いということはそれだけ部屋の掃除も大変になります。

食事を摂る、リラックスする、寝る、という家で行うこの3大行為を満たす部屋の広さが使いやすい部屋の広さということ。

間取りとしては1DKが個人的におすすめです。

ダイニングとキッチンがあることで、食事する部屋とリラックスする空間が分かれていて部屋をスッキリと使うことが出来ます。部屋全体の広さとしては、30平米(18畳)もあれば、6畳のダイニングに5~6畳の間取りを選ぶことが出来、一人暮らしには十分な広さになります。

一人暮らしを考える40代女性が、間取り以外に考えるべきこと

賃貸物件を契約する時には初期費用がかかる

一人暮らしには、自分が好きなように過ごせる時間が待っていますが、その時間はタダで得られるものではありません。

賃貸物件は、毎月決まった家賃を払うことで、その部屋で暮らす権利を買うようなものですが、入居する際には家賃以外にもかかる金額があります。

賃貸物件によっても変わりますが、「敷金・礼金」や前家賃が必要になる場合があります。引越し費用などを含めると、家賃の6ヶ月分を見ておいた方が良いでしょう。

家賃が6万円なら、36万円ほどがかかるという計算です。

この大きな金額を、これからかかる家賃や生活費とは別に用意する必要があります。

さらに、希望通りの部屋であっても、部屋を借りようとしている人の収入が少なかったり、毎月の収入に変動があって安定しないという場合、審査に通らず、部屋を借りたくても借りられないということもあるので、注意が必要です。

一般的には、毎月もらう給料のうち、手取り収入の3割が理想的な家賃です。1人暮らしを楽しいものにするためにも、無理なく払える家賃の中で、希望する部屋を見つけましょう。

間取りは1R!40代一人暮らしでミニマムライフを楽しみましょう

40代の一人暮らしなら1Rでミニマムライフを送る

家賃や、立地など希望する条件で部屋を探す時、”間取り”も気になる条件のひとつですよね。

服や小物など、持っている物が全体的に多いという人には、物を収納するために、部屋にも余裕がほしいという人もいるでしょう。

でも、一人暮らしを心機一転始めるという機会に、”物が少ないシンプルな暮らし”をするということもおすすめです。

特に40代ともなれば、年齢的にも経済的にも落ち着いた方が多いでしょう。

必要最低限の物しか持たないシンプルな暮らしも、注目されているライフスタイルです

物に囲まれた生活というのは、余計なストレスを溜め込んでしまう原因になります。

必要な物しか持たない生活によって、本当に必要な物が鮮明になり、丁寧な暮らしが出来るようになるのです。

このようなミニマムライフを実践する場合、部屋の間取りは1R(ワンルーム)でも十分です。1Rは1Kと違い、キッチンも1部屋の中に組み込まれている作りになっているので、1部屋に必要な物が全て揃っているという作りです。部屋に仕切りがない分、1Kと比べると家賃も抑えられるため、おすすめです。

40代女性が一人暮らしを始める場合に必要な生活費について

一人暮らしで必ずかかる固定費以外にもかかる物

一人暮らしを始める時、家賃のことは頭にあっても、生活費のことまでは細かく考えていないという人もいるかもしれません。

一人暮らしということは、当然暮らしていくためにかかる生活費も自分で考えながら使う必要があります。

毎月の手取り収入が20万円という方の場合、月々に必ずかかる固定費用は家賃、光熱費、食費、通信費が一般的です。

40代女性の平均的な金額は、家賃が6万円、光熱費が1万円、通信費(スマホ)1万円、食費が3万円なので、固定費の総額は11万円となり、残り9万円となります。

意外に余裕で生活出来そうと思ってしまいますが、一人暮らしという自由さで友人と遊んだり、外でご飯を食べたりして数万円使ってしまうということもあるかもしれません。

または服やアクセサリー、化粧品などの買い物もあります。

すべてを切り詰めた生活は、生活にハリが無く面白みに欠けますよね。

固定費以外に使う費用にも予算を設定して、計画的に使い、残った金額を貯蓄に回すということも賢い一人暮らしの暮らし方と言えます。

女性が一人暮らしを始める場合に注意すべきこと

女性の一人暮らしは年齢にかかわらず注意が必要

40代ともなれば、人生の中間地点ですから、社会経験を通して様々な経験をして自信や対応力も身に付いている人が多いでしょう。

それでも、犯罪は突然巻き込まれるケースが多いので、注意が必要です。

さらに言うと、女性の一人暮らしは空き巣が狙う格好の条件です。

なぜなら、家を空ける時間は数日観察している程度で大体分かってしまうものだからです。

1人暮らしの人が家を空けるということは、当然家の中は無人の状態なので、私も、30代の頃一人暮らしをしていた部屋に空き巣が入られた経験があります。物を盗られたということ以上に、家に泥棒が侵入したことがショックで、しばらく立ち直れませんでした。

空き巣だけではなく、女性の場合、ストーカーに付けられたり、部屋に押し入られるなども考えられるため、自分だけは大丈夫とは思わず、防犯対策はしっかり行いましょう。

鍵を2重にしたり、夜遅く帰宅する時には防犯ブザーを持つなど、自分でできる対策もありますが、物件を選ぶ時にも防犯対策がしっかりした部屋を選ぶとなお良いでしょう。

防犯カメラが付いていたり、オートロック付きのドアだったり、防犯対策に一役買ってくれる条件の部屋を選ぶことで、自分の身を守り、毎日を安心して過ごせることに繋がります。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/single-life-tips.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666